« JPT残り4戦の先にある未来を示すこと | トップページ

2017/10/18

アクション

マトリックスパワータグが1位から4位までを独占する形で終了した、Jプロツアー第21戦「おおいたサイクルロードレース」。

マトリックスパワータグが圧勝したため、どうしてもそちらにばかり目が奪われがちだが、このレースで主役だったのは、間違いなくこの夏に世界との差を思い知らされたU23の選手たちだったと感じている。

宇都宮ブリッツェンの雨澤毅明、小野寺玲、岡篤志。そして主催者推薦枠での出場となったJAPANナショナルチームの山本大喜、石上優大の5人は、U23版のツール・ド・フランスと言われる「ツール・ド・ラヴニール」に日本代表として出場。また、石上を除く4人はその後の世界選手権にも出場し、同年代の世界トップクラスの選手たちと自分たちとのレベルの違いを目の当たりにしてきた。

そんな彼らが、今後再び世界のトップレベルで走ろうと思うのであれば、今よりもさらに強くなって、現チームよりも上のカテゴリーのチームにステップアップの移籍を果たす以外に道はない。そして、そのために残された時間は、我々が思うよりも、遥かに短い。

U23日本代表でエースを務めた雨澤が、Jプロツアー第19戦「輪島ロードレース」で優勝した後に語った言葉が、全員の気持ちを代弁しているだろう。

「日本国内で緩いレースをしていたらいつまで経っても世界との差は埋まらないし、せっかく欧州遠征で強くなって帰ってきたのに弱くなってしまう。そうならないためにも、自分からレースを厳しくしていきました」

そんな中で迎えたJプロツアー第21戦「おおいたサイクルロードレース」。

U23の5人は、積極果敢にアタックを仕掛けて逃げに入れば率先して集団をけん引し、メイン集団からは追撃のアタックを仕掛け続けた。

再び世界の舞台に立つために、自ら「アクション」を起こし続けたのだ。

Ht0_0848
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

Ht0_1352
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


一方のマトリックスパワータグは、言わば「リアクション」の戦い方だった。

逃げ集団に入った佐野淳哉とアイラン・フェルナンデスは積極的にローテーションに加わらず、のちにメイン集団から先頭に合流したホセビセンテ・トリビオと土井雪広もレース終盤まで待ちの姿勢を貫いた。

その事情は、痛いほど分かる。トリビオとフェルナンデスは「助っ人外国人選手」だ。目に見える結果を残さなければ自身の契約が危うくなる。世界の舞台を経験し既に目標を果たしたとも言える佐野と土井も、名より実をとるのは自然の流れだと思うのだ。

Ht0_1177
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht0_1233
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

結局、今回のアクションvsリアクションの争いは、リアクションが完全勝利した。

アクションを起こし続けたU23の5人が、リアクションを跳ね除けるだけの強さがなかっただけのこと、と言ってしまえばきっとそうだ。

だが、この日のレースは7人の逃げができた段階で、雨澤や山本が集団を抑え込む動きをしてしまえば、その段階で勝負は逃げメンバーに絞られて終了のレースだった可能性が高い。

さらに強くなって再び世界を目指そうとするU23の選手たちにとって、そんな展開のレースから得るものが果たしてあるだろうか? さらに強くなることができるのだろうか?

彼らはきっと、「NO」と考えた。

だからきっと、「アクション」を起こし続けたのだ。

Ht0_1153
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« JPT残り4戦の先にある未来を示すこと | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/65931999

この記事へのトラックバック一覧です: アクション:

« JPT残り4戦の先にある未来を示すこと | トップページ