« 全日本選手権 | トップページ | 初勝利 »

2017/07/05

シビアな世界の入口で

どんなスポーツであってもプロの世界に入ってくる選手というのは、そこに至るまでに何回もふるいにかけられ、その度に生き残ってきたある種のエリートだ。

しかし、そんなエリートであっても、容赦なく優劣がつけられる。

プロとは、そんな世界でもある。

結果が出なければ、翌年の契約を失うのは当然。

プロスポーツの世界は、本当にシビアだ。

エリートたちが集まったプロスポーツの世界で、なぜ優劣がつくのか?

そもそも持っているフィジカル的資質が大きく違う、ということはもちろんあるだろう。

日々のトレーニングで埋められる差と埋められない差は間違いなくあり、それが決定的な優劣につながる。

フィジカル的資質は残念ながら、誰もに平等に与えられているものではない。

同時に、肉体的資質は十分なのに、なかなか結果を出せずにいる選手も多い。

あくまで個人的な感覚ではあるが、そういった選手たちには共通している点があると感じている。

それは「向上心」「探究心」「柔軟性」「好奇心」などの言葉で置き換えられるのだと思うが、とにかくメンタル的な資質の部分。この部分が明らかに劣っていると感じることが多いのだ。

この資質もまた、誰もに平等に与えられているものではない。しかし、フィジカル的資質と異なる点は、差を埋められる余地が多分に残されているということではないだろうか。

かなり前置きが長くなったが、それには理由がある。

今回取り上げる選手、馬渡伸弥は宇都宮ブリッツェンに加入後、まさにこのメンタル的資質の部分で壁にぶつかったと感じたからだ。

高校時代から頭角を現してその年代の日本代表にも選出。進学した大学は強豪校の鹿屋体育大学と、バリバリのエリート街道を進んできた馬渡は、フィジカル的資質という部分で見れば幾多もの「ふるい」をくぐり抜けてきたと言える。

だが同時に、これまでエリート街道を歩んできたことが、彼のメンタル的資質で言うところの「柔軟性」を鈍らせたのではないだろうか。

宇都宮ブリッツェン加入後、馬渡はチームトレーニング以外では一人で練習することが多かったという。これまで行い、結果を残してきたやり方を続けていればプロの世界でもやっていける。そんな考えがあったのではないかと思う。

加えて、馬渡の真面目な性格も災いした。

“誰からも憧れられるプロ選手になった以上、何でも自分で考え、行動し、結果を出していかなければいけない”

“まずは、チームのためにきっちり仕事をする”

そういった馬渡の思考も、次第に「柔軟性」を鈍らせる要因になったのではないかと感じている。

そんな馬渡に突きつけられた結果は、残酷だった。

限られた人数での出場となり、各々が自身の持ち味を出すことが最優先となったツール・ド・熊野、さらにその後のJプロツアー那須2連戦でもDNF。

「柔軟性」を欠いたメンタル的資質に引きずられるように、フィジカル的資質の輝きも見られなくなってきていた。

“このままだとマズい。プロとしてシビアな判断を下されるかもしれない”。自分でさえ、そんなことが思わず浮かんでしまう状況とも言えた。

しかし、このままではマズいと感じていたのは自分だけではなかったようだ。

手を差し伸べたのは、自身も奇跡の復活を目指す鈴木真理キャプテン。Jプロツアー那須2連戦の直後から、馬渡と一緒に積極的にトレーンングを行うようになったのだ。

日本、そしてアジアの頂点を極め、今もなお現役選手として復活を期す鈴木真理の、長年に渡るプロ生活を支えてきたメンタル的資質、そして豊富な経験に裏付けられたトレーニングによって、馬渡の鈍り始めていた「柔軟性」を含めたメンタル的資質は次第に冴えを取り戻し、引きずられていたフィジカル的資質も輝きを取り戻し始めた。

その後の結果は、皆さんもご存知の通り。

年に一度のビッグレース、全日本選手権では残り2周回でDNFとなってしまったものの、これまで見せていた走りとは大きく異なる走りで変化の片鱗を見せた。

そして、迎えたJプロツアー第8戦「西日本ロードクラシックDay-2」。

馬渡は序盤から積極的に逃げ集団に入り、そのまま逃げ切り。最後のスプリントはかけ出しの番手の悪さが響いてしまったものの、3位とプロ初の表彰台を獲得した。

これまでいくつものプロスポーツを取材してきて、夢半ばで華やかな舞台から去っていかざるを得なかった数多くの選手たちを見てきた。

そんな選手たちと相通じるものを、少し前の馬渡は感じさせていた。

しかし、今はそう感じることも少なくなった。

もちろん、まだ「完全に」とは言えない。あくまで少なくなった程度、きっかけをつかんだに過ぎない。

そのきっかけを完全に自分のものにすることができるかどうか。

馬渡伸弥が本当の意味で「プロ」になれるかどうかが楽しみだ。

Jpt8_24_2
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« 全日本選手権 | トップページ | 初勝利 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/65496545

この記事へのトラックバック一覧です: シビアな世界の入口で:

« 全日本選手権 | トップページ | 初勝利 »