« 初勝利 | トップページ | ベテランと成長 »

2017/07/26

情報配信速度とメディア露出

ロードレースチームの話題ではなくなるが、先日、シクロクロスチーム小坂光選手のインタビューを読む機会があった。

詳細は[こちら

その中で、広報スタッフとして帯同する自分に対しての記述もあった。

確かに自分は、レース現場でのチーム広報を担当するオフィシャルメディアスタッフとして、「速度」に拘った情報配信を意識している。

チームの地元である栃木県・宇都宮市から遠く現地で応援しにくい場所でのレースや、ストリーミングなどのリアルタイム中継がないようなレースでは特に、ファン・サポーターが入手できる情報量が圧倒的に少ない。

そのため、レース後できるだけ早くレースレポートや監督コメント、優勝した際は勝者コメントを作成してライブレポートに反映させ、選手たちの頑張りがファン・サポーターに届くように努めている。

だが、「速度」に拘るのは、そのためだけではない。

自分としては「メディア露出」を意識するからこそ、「速度」に拘っている面もあるのだ。

チームを運営していく上で、メディア露出はスポンサー継続や新規獲得の生命線だ。

週末のレース結果が、週明け月曜日の新聞紙上(場合によっては当日夕方~夜のテレビニュース)に掲載になれば、ロードレースやシクロクロスという競技を知らない大多数の一般読者(視聴者)に対して格好のPRになる。

だが残念なことに、ロードレースもシクロクロスも媒体社の記者さんが常に張り付いて取材をしてくれるほどの市民権は、栃木県であってもまだ得ていない。

こちら側(チーム)からレースレポート・監督コメント・写真など必要な素材を一式揃え、媒体各社に配信して初めて、掲載してもらえるかどうかの土俵に上がれるのが現状だ。

ただ、素材を一式送ったからといって、必ず掲載されるとは限らない。そこから、さらなるセレクションがあるのだ。

まず最初に、チームの成績が良くなければ情報的に掲載する価値がないと判断されることがある。

もっともこの点に関しては、今の宇都宮ブリッツェンは常に着に絡むレースができているので、さほど問題になることはないと感じている。

今、それよりも重要なのは、配信した素材一式が「いつ」媒体社の担当に届くかということだ。

ご存知の通り、新聞であれ雑誌であれ電波であれ、媒体には必ず「締め切り」というものがある。自分も媒体社に勤務していた時は、この締め切りと常に格闘してきた。

特に、毎日締め切りが訪れる新聞や電波ニュースなどの現場は戦場だろうなと思うのだ。

その中でも中央紙と呼ばれる新聞社の支局に関しては、原稿を作成し、デスクのチェックを受け、本社に原稿を送り、組版をし、入稿するという行程を考慮すると、支局での原稿締め切りが地方紙に比べ圧倒的に早い。

自分の中では、各支局の地方面の掲載枠決めに間に合い、記者さんが心に余裕を持って素材を受け取って記事を書けるリミットは「18:00」が妥当なところだろうと判断している。

余裕がない時に素材をもらっても、よほどのこと(優勝などの好成績)がない限り触手が伸びない現実を、こちらも媒体社での勤務系経験上、承知しているからだ。

少しでも余裕を持って素材を受け取ってもらい、チームの活躍を掲載してもらってメディア露出を獲得したいからこそ、情報配信の「速度」に拘る。

そして、情報は広く一般に知れ渡ってこそ、初めて価値が生まれる。

そんなことを常に考えながら、オフィシャルメディアスタッフが業務に取り組んでいることを知ってもらえれば幸いだと思っている。

|

« 初勝利 | トップページ | ベテランと成長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/65582931

この記事へのトラックバック一覧です: 情報配信速度とメディア露出:

« 初勝利 | トップページ | ベテランと成長 »