« シビアな世界の入口で | トップページ | 情報配信速度とメディア露出 »

2017/07/20

初勝利

「自分としてはやっと勝てたなぁという感じですし、大きな驚きもなければすごくうれしいという感情もないです」

Jプロツアー第9戦JBCF石川サイクルロードレースでプロ初勝利を収めた雨澤毅明が、レース後にコメントを求めた際に語った言葉。

そう、まさに「やっと勝てた」というのが正直なところだろう。

かねてから実力は申し分なかったし、勝つチャンスというのはこれまでもあった。

しかし、なかなか勝利を収めることはできず、勝つことの難しさを嫌というほど味わってきた。

そんな中でやっとつかんだプロ初勝利は、誰もが一番厳しい局面で攻撃を仕掛けて飛び出し、独走に持ち込むというロードレースで最も美しいとされる勝ち方だった。

そしてこの勝ち方は、病気療養中の絶対的エース増田成幸が得意とする勝ち方でもある。

Ht0_4126
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

多くのファン・サポーターの間でも話題になったフィニッシュのガッツポーズについて尋ねると、雨澤は「増田さんへのリスペクトです」と冗談ぽく語ったが、強ち冗談でもないだろうと感じている。

自身が勝つことの難しさと格闘している時期に、多くの勝利を収めてチームを牽引してきた増田。

そんな彼がチームを離脱せざるを得なくなり、その穴を埋めることを期待される中で、ますます勝つことの難しさ、そして宇都宮ブリッツェンで勝つことの大切さを痛感していたのではないかと思うのだ。

あのガッツポーズは、だからこそ出たものだったのではないかと感じている。

冒頭のコメントに続いて「やっと勝てて、選手として最低限のことができたという気持ちの方が強い」と語った雨澤。

2勝目は、果たしてどんなガッツポーズでフィニッシュラインを駆け抜けてくれるだろうか?

イメージトレーニングは完璧にできているようだ。
Ht1_4438
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
@那須高原ロングライド2017

|

« シビアな世界の入口で | トップページ | 情報配信速度とメディア露出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/65557606

この記事へのトラックバック一覧です: 初勝利:

« シビアな世界の入口で | トップページ | 情報配信速度とメディア露出 »