« シンドイんじゃ… | トップページ | オノデライダーは砕けない »

2018/09/14

幼い頃の思い出の場所



僕はてっきり、山口県、そして秋吉台に来るのは初めてだと思っていた。


しかし、祖母からのLINEで幼い頃に訪れていたことが分かった。



あ、念のため言っておくが奥のサングラスをかけているのは祖父であり、手前のちっこいのが僕だ。
当時の祖父は僕と似たような好みだったのかかけるサングラスの好みも似ているようだ。


祖母から送られてきたのは僕がまだ幼い頃の写真。

年はいくつだろうか…

そしてこれは秋吉台で祖父と乗馬した時の写真だという。







広島、山口と旅行に訪れた際に立ち寄ったのだそうだ。

2枚目は有名な錦帯橋だろうか。


そういえば、なんとなくだが、この橋をスケッチしたような記憶がある。

そして乗馬した記憶も。



まだ幼い頃の当時の僕は、まさか数十年後に同じ地にレースをしに来るとは想像もしなかったろう。

なんてったってこの頃の夢は

「コックピットになりたい」

だったからなぁ。








というわけでまさか幼少期の自分の聖地巡礼となった今回の遠征だが。


どうやらコースは僕を殺しにかかっているようだ。

今日の試走でわかった。

ここは僕じゃあ無い。



となれば当たって砕けろ精神でチームの力になるしか無いかな。

今見てるアニメのタイトルには「ダイアモンドは砕けない」とか入ってるが。

僕はこういうコースだと砕け散るのだよ。



こんなこと言ってても、レースは何があるか分からない。

もしかしたら僕が勝つかもしれない。



とりあえず一昨日山で引きずられた後遺症が残っているようなので、ドクターエアの通称"ブルブル"で脚をほぐしてやるのさ。



ようやく最近ジョジョを見初めて4部まで来たが、僕が一番好きなのはジョナサン・ジョースターかな。

僕もツェペリのおっさんに波紋を教わりたかったなと…。






明日は雨の中でのレースかな。





やれやれだぜ。



ジョナサンが好きと言っておきながら承太郎のセリフが頭から離れない。

もはや口癖レベルになってしまった。



…やれやれだぜ。






それではまた。

|

« シンドイんじゃ… | トップページ | オノデライダーは砕けない »

コメント

今日のは妙にテンションが高いですね。レース前なので自らを鼓舞しているのね。それにしても「コックピット」そのものになりたいとは、やはり幼いころから飛び抜けたものがあったんですね(そらどういう意味やねん)。

投稿: のうさぎさん | 2018/09/14 23:45

お祖母様、時々レース会場でお見かけしますが変わらないですね〜☺️
さて、明日。玲君ではない?チームのために玉砕?ならば仕事人小野寺右衛門殿
エベレストのシェルパよろしく、仲間の荷を背負い山頂への道を切り拓いて下さい⛰
何かが起きて1番で山頂を極めちゃった時は、ゆってもいいよ『やれやれだぜ』って(笑)

投稿: あばぁば | 2018/09/14 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/67168748

この記事へのトラックバック一覧です: 幼い頃の思い出の場所:

« シンドイんじゃ… | トップページ | オノデライダーは砕けない »