« それでもキライなことに変わり無い | トップページ | どこからこんな暑さが… »

2018/07/02

とても疲れた広島遠征



広島二連戦を終え、昨晩2時頃帰宅しました。


今朝目覚めると、その暑さに驚きました…

更に日中には気温は35度を超え、疲れた上寝不足な僕の身体にはあまりにも過酷な環境でした。

そんな今日は事務所のジムスペースに逃げ込み、軽い室内トレーニングで汗を流しました。

まだ夏は始まったばかりだというのに、前半から飛ばしすぎですよ…











2日連続で森林公園コースを走らなくて済むと思っていたが、今回の新設されたコースもこれまたとんでもなくシンドイコースでして。

加えて暑さもあり、厳しいレースとなりました。

予選システムが撤廃され、出走人数の制限が設けられたことにより、1チーム5人での出走。

レースはスタートからハイスピードで、コースの特徴からなかなか逃げが決まらない厳しい展開に。

中盤に雨澤さんが2日連続の意地の逃げを決めてくれたので、残った4人で集団前方の位置取りに集中。

ストップアンドゴーの繰り返しと、繰り返し起こる落車により集団の人数は徐々に減っていく。


最終盤では各チームの当たり合いが激化し、集団内はとても危険な状況に。

龍さんが連れてってやると言ってくれたので、龍さんの後ろを外さないようについて行く。

最終コーナー手前、龍さんとは一緒に入れたが、他の2人とは微妙にはぐれてしまっていた。

なんとか2人でもスプリントへ持っていこうとしたが、僕が後ろから行け!と叫んだ瞬間にはもう遅く、集団反対側のラインで窪木さんがもがき始めるのが確認できた。

僕らのラインは完全に埋もれていて、そのままもがけずにゴール。


煮え切らない結果に終わってしまった。


最後のゴール前に人数を残していただけに、全てを連携させられなかったのが悔やまれる。


ゴール前の直線が長いスプリントだったので、思い切った決断をした方が好転したかもしれない。


色々と考えさせられますが、これも経験。

次のレースに活かすまでです。






レース後は10時間超えの長距離移動。

ハイエースに乗ったのは田村メカと龍さんと僕の3人。


前半は軽く喋りながら過ごし、一度目の休憩を終えてからそれ以降は
「自転車関連用語縛りしりとり大会」
を3人でしながら、なんと栃木まで帰ってきてしまった。

その時間、なんと8時間。

こんなに長い時間しりとりをやり続けたのは人生初でした。

ドライバーの田村メカの眠気も抑えられたし、頭の体操にもなりました。

ただ、ラスト1時間はもう眠くて眠くて頭が回らなくなり、加えて自転車関連用語のネタが尽き気味ということもあり、かなり過酷なしりとり大会でした。


ちなみに最後は龍さんの寝落ちで終わりました。笑







長距離、長時間遠征はとても疲れるが、そんな中で少しばかり楽しみを見つけられた遠征でした。



でもやっぱり広島のコースは嫌いです。




それではまた。

|

« それでもキライなことに変わり無い | トップページ | どこからこんな暑さが… »

コメント

クライマーならぬクレイマーの玲君、前半から飛ばし過ぎです…って気温にまで😆(笑)
雨嫌い暑いの嫌い…でも土砂降りの中の森林公園3位、人数が半分に削られた酷暑のクリテでも
ゴールスプリントに絡んでた❣️だからどんだけボヤいてもやってくれるって知ってる😉
クボッキーを止めるのは君だ‼️信じてルカラ👊

投稿: あばぁば | 2018/07/03 06:33

自転車関連用語限定でしりとりを8時間!! なななな…
あなたたちは最高だ!最高すぎる!!(^O^)
http://nousagimario.m.blog.jp/

投稿: 萩原のうさぎ水音マリオ | 2018/07/03 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/66894600

この記事へのトラックバック一覧です: とても疲れた広島遠征:

« それでもキライなことに変わり無い | トップページ | どこからこんな暑さが… »