« 決戦は明日 | トップページ | 辛いよな、この時期 »

2018/06/25

出すもの出した全日本


スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフル疲れていた今日は何もできずに一日が終わりそうです。

なんとかこのブログだけ、アップします。






全日本TTで悔しい思いをしてから1週間後に迎えた全日本ロード。

こんな上るコースで僕がエースになることはまず無いが、何かしらしてやろうという気持ちで臨みました。








行きも帰りも飛行機の座席は窓側席。
予約した監督が気を使ってくださったのでしょうか…



日差しが暑いフライトを終えて島根県入り。

島根県には初上陸でした。



到着した木曜日にコースの試走。

「ユルイヨ!」
「メッチャキツイヨ!」

と、走ったことのある複数の人から両極端なレビューを聞いていたので、走ってみないと分からない状態でした。


その日走って分かったことは、

普通にキツイ

ということ。


誰だよ緩いとか言ってたの!!

と怒りながらみんなと走りました。


それからレースまでの2日は宿泊していた浜田市周辺を走って調整。

TTの練習を主にしていたせいで、ロードの200km超えのトレーニングができていなかった為少し不安もあったが、レース前日で頑張ったところでそのレースに良い影響は無いと開き直って、アニメを見漁りながらレース当日を迎えました。




レース当日は見事な晴れ。

朝から暑く感じました。


僕にできることがあるとしたら前半戦。
最初の動きを見逃さないように集中した。


213kmのレースが始まり1周目。
早速アタック合戦が始まると、動く選手と動かない選手がはっきりしているように見えた。

主力選手が後半に備え、アシスト選手が前半動くという鉄板スタイルだ。


しかしそんなことをしているとゴッソリ大人数での逃げが決まる。

当初その逃げにはブリッツェンから龍さんと篤志とアベタカさんの3人が乗っていました。

更に他にも主要チーム全ての選手が複数乗るという決まって当然のメンツだった。


落ち着きかけた集団からジャンプの動きがあったので僕はそれに飛びついた。

3人の追走グループで、2周回目の最初の上りで合流に成功した。



30名超の大きな逃げ集団が形成され、メインとのタイム差がぐんぐん広がっていく。

逃げに乗った僕らは適度にローテーションに加わりながら次の動きに向けて集中していた。

この状態が残り5周まで続いた。

僕は繰り返される上り坂と暑さにみるみる消耗していました。
補給もしっかり意識していましたが、単純にコースの強度に僕の体力は削られていました。

逃げ集団内で龍さんから調子どう?と聞かれるシーンもありましたが、かなりキツくなってきたとしか言えませんでした。


メイン集団に追いつかれることなくいよいよ終盤戦…というところで徐々に動きが出てきました。

下りからの平坦区間で一時篤志と1選手の2名が飛び出すシーンもあったがこれは吸収。

次の上りでいよいよ決定的な動きがありました。

右京の小石選手が上りの麓からアタックをかけ、チームから誰も反応できる様子では無かった為、僕が反応。

なんとか追いついて2人で飛び出した状態になったが、この長い上りで前を行く小石選手のペースに僕が耐えきれず付きちぎれ。

後ろからバラバラと追ってきた数名の選手と合流して先行した2人を追いかける形に。


しかしこの時点で僕は既に超絶キツイ状態に差し掛かっていたのだが、チームメイトが後ろに取り残されている以上、ここで弱るわけにはいかなかった。


4人の追走グループで前の2人を追う。


この内1人は先行している選手と同チームの為ローテーションには加わらず、3人で追う形になる。

僕も相当きつかったので、なんとか前とのタイム差を広げない程度の走りが精一杯だった。

ラスト3周手前だったか、その周上り区間で3人から遅れてしまい単独に。

平坦区間で追ってみたが届かず。


いよいよ身体のあらゆるところが痛み始め、軽いめまいと震えが僕を襲う。

後半に入ってから余裕が無く補給が充分で無かったのかもしれない。


前に届かないが、次に後ろから来るグループに龍さんがいるとのことなので、なんとかそこへの合流を試みる。


が、


もう既に僕の脚は踏む力を残していない様子で、そのグループにも置いて行かれてしまい、チームは龍さん1人しか勝負できる位置に残していないことになってしまった。

これは遅れてはいけないところだったが、もうそれ以上、身体が動きませんでした。




遅れていくと監督から、今は休んで後ろの集団の雨澤を最後の平坦で引いてくれとの指示。

こんなコースで走りながら休めるわけもなく、その仕事をこなせるか不安だったが頷いて後退。


しかし後ろから来たグループには雨澤さんの姿がなかった。

それはメインから飛び出した追走グループであって、そこに乗れなかったようだった。

僕はそのグループにも千切られて1人走っていたが、もうこの辺りの記憶が曖昧だ。


そのまま結局後ろと合流することなくいつのまにかレースは終わっていた。








序盤の動きを逃さなかったのは間違いでは無かったが、そこから先の動きに対応する脚を持っていなかった。

アタックに反応したのについていけなかったというのが何より悔しい。

重要な場面で遅れたことによりチームを不利にしてしまったのでアシストどころではありません。



200km超えの日本一決定戦は甘くない。








またすぐ今週末がレースだと思うと気が滅入りそうだが、頑張らなければならない。





最近ハマっている魚の缶詰を島根で買って帰ったのでそれを食べて回復に努めるとしよう。






全日本選手権、沢山の応援ありがとうございました。

意識が飛びそうな僕がゴールできたのは沢山の声援のおかげでした。


今年もチームから勝者を出すことができなくて悔しいです。

また、リベンジに燃えます。







帰りの飛行機は夕焼けが綺麗でした。




それではまた。

|

« 決戦は明日 | トップページ | 辛いよな、この時期 »

コメント

出すもの出した…ってレース前のトイレの話かと💩(笑)
現地入りしてた友人が玲君の爽やかな笑顔を語っていたから、トコトン出し切ったんですね☺️
もちろん、トイレの話ではありません😆ずうっと先頭集団で頑張ってたもんね。
あと一歩です、玲君。その一歩を早いトコ埋めて下さい。玲君なら出来る‼️ファイト👊‼️

投稿: あばぁば | 2018/06/26 00:08

ああよかった、レイチャンはあんまり気にしてないようで(心中穏やかではないでしょうが)。そこがレイチャンのいいところ! 岡チャンはコメント欄閉じちゃったもんね。まぁ200kmオーバーの激戦は苦しかったでしょうが、これも一つの過程と思えば納得がいくよね!(←お前は監督かよ!)
やっぱ世界で闘うなら、200km以上でのバトルになるってことでつね!
夜炉死駆!(おいおい)

投稿: はだかでぶあほうさぎ | 2018/06/25 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/66869691

この記事へのトラックバック一覧です: 出すもの出した全日本:

« 決戦は明日 | トップページ | 辛いよな、この時期 »