« 小野寺右衛門です。 | トップページ | とても疲れた広島遠征 »

2018/06/30

それでもキライなことに変わり無い



久々のJプロツアーは僕の3大苦手コース(嫌いコース)の一つである広島森林公園周回コースでのレース。


全日本が終わって1週間も経たずに迎えたレースは皆んなどこか疲れた表情を浮かべていました。

もちろん僕も。


でも、それでも勝ちを狙いにいかないレースなどありませんし、シンドイコース走るだけじゃただキツイだけですから。



今日のプランはフリー。

体調のばらつきも考慮しての指示だったのだろう。


レースはスタートと同時に雨が強く降り出し、区間によっては前方視界がとても悪いところもあった。

そんな中での序盤のアタック合戦で雨澤さん含む3名が飛び出し、それが決まると集団は逃げていないチームの牽引で落ち着く。


僕らは雨による危険回避のためにも集団前方をしっかり固めて走る。

このコースでこの天候で後ろにいたら危ないしキツイ…

やはりこのコースのアップダウンは足にくるし、コース後半の上り区間は僕の大っ嫌いな要素だ。

疲れもあったし、後半にかけてコースによるダメージで脚は消耗していく。


ラスト3周くらいまでは1分前後のタイム差を保ちながら展開。

いよいよラスト2周になる頃には集団にも動きが出始め、上りのたびに脱落者が出てくる。

僕も1度遅れをとったが、同時に遅れた龍さんと共に下りを利用して復帰し、ラスト1周を迎えました。

タイム差はいよいよ捕まるところまで迫っており、次の動きを注意しなければならなかった。


雨澤さんを含むの逃げが捕まったのはちょうど上りの手前。

つまりはこの次の上りで必ず動きがある。

こりゃ確実に死亡フラグだと悟った僕だったが、その時その場にいたチームメイトもかなり疲弊した様子で、人数的にもすでに不利な状況であった為、できる限り残ろうと必死で食らいついた。


最後の長い上りの最中に前方で動きが。
そのアタック反応できたチームメイトがいないことを確認した僕は、これはマズイ!と、なんとか我慢してもがき、前方グループに入ることができた。


そのままそのグループで最終局面へ。


僕はこのコースでゴールスプリントをした試しが無く、かけどころなど全く分からなかった。
なので確実に着を狙いにいく形で臨み、相手と残り距離を見ながらスプリントへ。


先制を打ったのはやはり窪木選手。

それと同時にもがき始めたが、5番手あたりからの追い上げだったので届く訳もなく。

なんとか滑り込んで3位となった。



最近勝ちが無く、勝ちが欲しいところでしたが、「まさかの俺!?」的展開でいい結果を残せませんでした。

もっと勝負勘を磨かねば…。


でも、自身としては久々の表彰台に上がることができたし、ニガテで大嫌いなコースで勝負に絡めたことは少し自信に繋がりました。


だからといってこのコースを好きになどなるわけがありません。

今までと変わらず大嫌いです。



今日は雨の中応援ありがとうございました!







明日は初となる広島でのクリテリウム。

かなり短いコースをグルグル回るコースなのでかなりキツそうです。

でも2日連続で森林公園コースを走らなくて済むというだけで気が楽です。



明日も勝ちを狙って頑張ります!




それではまた。



はぁ。カヌレ食べたい。

|

« 小野寺右衛門です。 | トップページ | とても疲れた広島遠征 »

コメント

宇都宮で、音声のみの配信で応援してました✋
スプリントに誰が絡んでいるか、まったく分からない状況でしたが、玲君は必ず絡んでいると信じてました👊
やっとリザルトが発表されたときに、玲君の名前が💕
苦手なコースで表彰台は凄い❗またまた感動をありがとうございます🙌🎉🎶明日また全力で応援します👊😄👊
ガンバレ✊‼玲君❕❕❕

投稿: いがさん | 2018/07/01 03:16

玲君のスプリント、強かったですよ👍グイグイ上がって来たもん。
もうちょっと距離があれば、もうちょっとかけ時が違っていたらと感じました。
窪木選手はやっぱり強いですが、それでも届かない相手ではないと信じています。
色々クリアして←いつか追い抜いて下さい。

投稿: あばぁば | 2018/06/30 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/66886974

この記事へのトラックバック一覧です: それでもキライなことに変わり無い:

« 小野寺右衛門です。 | トップページ | とても疲れた広島遠征 »