« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017/10/31

今日はいい天気



ブログ上では報告がまだでした!

突然ですが、先日作ったカヌレです!



ぱっと見も悪くないし、味も悪くない。

自分で言うのもなんですが。


実際、家族に食べてもらったりして、割と好評だったりするので悪くはないのであろう。




でも!

それでも!

僕の求めているカヌレの仕上がりでは無いんですよね…

焼き色のムラだったり、食感だったり。



やはり焼きはオーブンで決まってきそうです。

というわけで、次回はカヌレ用にオーブンを新調して焼いてみようと思います。



カヌレ・ド・オノデラ への挑戦は続く……











さてさて。

話は変わり、今日は久々によく晴れた天気の中、「いきいき健康自転車教室」が開催されました!

今回は篤志と一緒に。


僕は今回2度目の参加でしたが、前回は雨だったので室内でのエクササイズのみでした。


今日は気持ちのいい天気になったので、まず室内で軽い運動を指導させていただいた後、ロマンチック村〜大谷観音のサイクリングに出かけました!


いや〜僕もゆっくり自転車を走らせてのんびり走るのは久々だったもので、参加者の皆さんと話しながら、楽しく気持ちよく走れましたよ♪






折り返し地点の大谷観音では、ロマンチック村の美味しい肉まんが振る舞われ、ポカポカ陽気の中美味しく頂きました♪

写真はピントが観音様の方へ行ってしまってよくわからないですね…



本日参加された皆様、お疲れ様でした!

いい天気の日には自転車で出かけてみてくださいね〜♪




それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/29

気まぐれパティシエ



JPT最終戦を終えた小野寺玲は、次のレースまで少し空くこのタイミングで、気まぐれにパティシエになったのであった…






ボンソワール!

レース翌日の今日は冷たい雨が降り続いた1日。
体もキツくて今日はオフの日にしました。


昨晩から久々に着手したカヌレ作り。

久々になったのでよーくレシピを確認して作っているところです。

毎回、基本となるレシピに独自のアレンジを組み込んでみるのが楽しみ。

僕の目指す最高のカヌレ、「カヌレ・ド・オノデラ」の研究はまだ続きます!


今日は昨晩に引き続き、生地の仕込み。



カヌレの味を決定する工程なので、ある意味で最も重要な段階。

まだレシピが完成していないので、自分の経験と勘で作っていきます。


あまり極端にベースから逸れることなく、上品に、より美味しい方向へと持っていきます。

しかし全ては明日、焼いてみないと分からないドキドキ感。


そして明日の「焼き」工程こそが最も難関作業。

所詮は家庭用のオーブンであり、本格的なオーブン調理にはあまり向かない機材での焼きになるので、その制限の中でどれだけ本場の仕上げに近づけられるかが勝負。


明日はまた新しい焼き工程を試してみることにします。


(5つ星)パティシエ、レイの「カヌレ・ド・オノデラ」お楽しみに!











と、まぁ
昨日からなりきりパティシエをやっております。
見飽きてしまうかもしれませんが、明日の焼き上がりまでどうぞよろしくお願い致します。




それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/28

最近ついてないけど、カヌレ食べて元気出そう。



皆さんの励ましもあり、しっかりとレースできるモチベーションまで上げて挑んだJPT最終戦。

群馬CSCの6kmコースを22周回、132kmのレースでした。


スタート時間は8時半。
10度未満であろう寒い気温の中スタート。

今日のプランは、勝負できるメンバーでの逃げ切りでの勝負か、集団になった場合の僕でのスプリント。


序盤からのアタック合戦でアベタカさんと篤志が逃げる展開へ。
篤志なら逃げ集団での最後の勝負が可能であると判断し、集団では最高スプリントになった時に備えて僕は温存する走りを心がけていた。

しかし中盤、監督から「メカトラで篤志が遅れた」と知らされ少しざわつく。

しかしながら、しばらくしてすれ違う区間で逃げ集団を確認すると篤志は復帰しており一安心。

しかし前が万全ではないということを想定してか譲さんから、残り半分切っても追走ができない場合はチームでメイン集団を引くという指示が。

そして追走が決まらず、ブリッツェンとマトリックスで協調してメイン集団をけん引。
譲さんがマトリックスと相談していたが詳細は不明…

僕はローテの後ろにつき温存しておくようにと指示された。


徐々にペースを上げていこうとした?のだがなかなか思うようにタイム差は縮まらず。

集団をいいペースで引いて無駄な動きを抑えているようにも思えた。

いよいよ3周を切っても差はまだある。
そして今まで集団を引いてくれていたチームメイトが出し切って遅れていく。


残り2周。

集団前方では譲さんと2人になり、どうしたら良いか聞くと、最後に備えて温存だと言う。

なので前に出て引くことをやめ、前から4〜5番手あたりにつける。

マトリックス勢によるペースアップで結構キツくなってはいたが、ついていけてはいた。
最後のスプリントは気持ちなので、後はその自分の気持ちに任せようとその時に備えていた。


その時、妙にバイクがフワフワし始めた。



後輪がパンク。

仕方なく手を上げて後退すると、残っていた飯野さんが「交換するか?」と聞いてくれたのですが、ペースアップしているここで交換できたところで追いつく保証は無いし、人数を減らすことにもなると瞬時にお互いが意思疎通して、「無理か!」と飯野さんが言うので、「はい、(前にいる)譲さんに伝えて下さい!」と僕は叫んだ。


後から聞いた話だと、飯野さんはこの時点で相当キツかったらしく、それにもかかわらずなんとか前まで上がり、譲さんに伝えて下さったそうだ。

僕のために散々引いてくれていたのに当の本人がパンクで遅れて申し訳無い気持ちだった。




飯野さんとのコンタクトの後、サポートカーに交換していただき、まだ可能性があるかもと全力で前を追った。

しかし、もうラスト一周。
ペースの上がった集団に1人で追いつくのは厳しそうだった。


その時、追い打ちをかけるように前輪もパンク。

サポートカーはすでに前に行ってしまっていたのでもう交換はしてもらえない。


僕はなすすべなくスローダウンし、ベコベコのタイヤで転ばないように慎重にコーナーを抜け、なんとかゴールまでたどり着いた。



ピットに着くと、逃げ集団で勝負していたであろう篤志は、どうやら最後の下りで転倒したようで痛々しい姿でそこにいた…



最終戦、チーム全体でついてなかった。

本当に。


でもこれで厄払いできたかな。
もう来年はきっと大丈夫でしょう!!



今日は朝早くから寒い中、沢山の応援ありがとうございました!


レース後には沢山の方からお菓子などの差し入れを頂き嬉しかったです♪
オフにはいる選手もいるからか、いつもよりもボリュームがあったような…?笑

レース後に沢山食べれて元気回復しました♪
ありがとうございました!



素敵なカヌレも頂き嬉しい限りです!

寒い中での観戦でしたので、皆様体調にはお気をつけください!

僕もだけどー!!←


レースの帰りにはCSCの近所のコンビニに寄ってから出発。



レース後には欠かせない飲むヨーグルトが充実してて嬉し♪






























さて。


予告していたカヌレ作り。
家に帰って早速、下ごしらえに取り掛かりましたよ♪


カヌレ作って元気出すぞー!!




お楽しみに!





それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/10/27

そうだ、帰ったらカヌレを焼こう



久々の群馬入りです。


今日は高崎で一泊。



僕の部屋がツインなもので、1人で止まるには広すぎて少し落ち着かない気分です。





いよいよJPT最終戦!

レース前だしテンション上げていきたい!



のだが…

こんなに上がりにくいレース前日はなかなか無いですね…

あと少しで治りそうな怪我と微妙な体調不良。


ん〜これは無いぜ…泣


それに明日のスタート時間は早いし、さらに天候も怪しくて、かなり寒い。


ちゃんと走れるかな〜

いや、弱気にならず頑張ろう。



そうだ。

帰ったら久々にカヌレを焼こう。

気分転換にもなりそうだし。

フランスから持ち帰った素もあるし。

試したい味付けもあるし。




こんな時こそ楽しみを用意しておこう。


それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/26

あと少しだ…。



こんばんは


涼しく、時々寒い日もあり、いよいよ秋本番…というより冬に近づいてきているなぁと感じる今日この頃。

ジャパンカップの熱も冷めぬまま、次のレースですよ。



怪我のこともあって上手くモチベーションを上げることのできない状態で、なんとか身体を叩き起こしてここ数日練習してきました。


群馬CSCでの開催となったJPT最終戦。

最近のJPTでは珍しくなったワンデイです。


重症にはならずに済んだものの、怪我はまだ完治しておらず、今回は少しばかり痛みを伴いながらのレースになりそうです。

ですが走るからには精一杯、やるべきことをやってきますよ!







今年(日本)の長い長いシーズンもやっと終わりが見えてきた…。

しかし11月12日の沖縄までとは…長すぎやしませんか…(;ω;)

せめて10月中に沖縄やってほしいな。

なんて。








そろそろオフの上手な過ごし方の計画を立てておこうかな。

あっという間にシーズンインになってしまうから、早いうちにやりたいことをやって、来季の準備にとりかからなければ。




あと少しっ!

がんばるぞい!




それではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/10/23

悔しくて、痛くて、嬉しかったジャパンカップ



今年のジャパンカップが終わりました。


クリテリウムでの落車ではご心配をおかけしました。
擦過傷も雨のおかげでそれほどひどくなく、打撲の痛みはありますが時期に治ることでしょう。







さて、今年のジャパンカップ。
両日とも悪天候にもかかわらず、沢山の方が観戦に駆けつけてくださいました。


流石はジャパンカップ。
これぞジャパンカップ。


僕の今年のジャパンカップの目標は、ヒーローになること、でした。

ジャパンカップクリテリウムでの勝利を第1に練習してきました。

未だあの舞台での勝利が無いブリッツェン。
そしてあの観衆の中で一番のゴールをキメたらどれほど気持ちいいか、それを考えたらゾクゾクしました。


雨の降る中で寒さに震えながらパレードへ。

寒くて笑顔が引きつっていた?ような気がしてました…

しかし雨の中にもかかわらず沢山の方が声援を送ってくれて、寒さも吹っ飛びました、と言っては嘘になりますが、僕のモチベーションは上がってきたわけです。


トレック軍団の後ろの列でスタートを待つ。

そういえばコンタドールさんどこだ?

あぁ、いたいた、あの隅っこにいるのがコンタドールさんだ。←

当たり前の様にそこにいて、自分が貴重な機会に恵まれていることに気づきませんでした。
昨年もカンチェラーラさんと同じレースを走れて、映像でしか見れなかったカンチェラーラ走りを間近で見れたことに喜んだわけですが、今年はコンタドールさんのあの"ダンシング"を見れたらいいなぁ〜なんて思ってました。

しかし、今年は今までで一番チャンスだと思ってたし、調子も良かったし、狙えると思ってたレースだったから、あまり他を見る事はしませんでした。

雨の中スタートしたレースは今までで一番スピードが遅い展開。

しかしながらプロツアーチームのポジションニングが強力なので、いつものようにそう簡単にはいい位置に固まれません。
そんな中でもチームメイトは近くで走ってくれていて、とても心強い気持ちで走れました。

雨の中でのスピードレースは常に混戦。
効かないブレーキや滑る路面、体格差のある選手との位置取り争い…

あの短距離、短時間の中に沢山の要素が詰まっています。


そんな中、チラッと見えたのはコンタドールさんの"ダンシング"。

あ、ホンモノだ!

多分見にきていた人誰もがそう思ったはず。

グランツールの映像で度々目にしてきたあのダンシングだ。

それを僕は同じレースを走りながら見れたのだから、お客さんより少しだけレアなことですね♪笑


レースはいよいよ終盤。

真理さんのブリッツェン最後となるレースで、スプリント賞を取りに行くと言っていたが、残すスプリント賞もあと一回。

久々のレースにもかかわらず集団前方で走る真理さんを見て流石だなと感じてはいたが、スプリント賞を取りに行けるか少し心配だった。


でも真理さんにそんな心配は要りません。

最終ターン手前で一気に前へ出ると、コントロールしていたトレックに並び、ゴールライン前には勢いよくスプリントを開始して飛び出していた。

そんなカッコいい真理さんの背中を見守り、そして取れたことに安心すると、今度は僕の番だと気合を入れ直した。

近くには常にチームメイトがいたので、すぐにプラン通りの動きに移行できる準備はできていた。

あっという間に最終周。

篤志、アベタカさん、僕の並びで固まれた。

バックストレートで篤志が牽引して集団前方まで一緒に上がってこれた。
最終ターンはアベタカさんと共にクリア。

少しはぐれたけど間も無く合流。

後ろにいると声をかけ、埋もれていた状況が無くなりいよいよ加速!と踏み込み始めた次の瞬間、僕の前を走る選手が、その前の選手が斜行した際にその後輪に接触し落車。

そして僕の進路にはその選手のバイクが。

僕の近くには他の選手もいて、下手に避ければ巻き込んで被害を拡大しかねないし、この天候でこの距離で止まるのは不可能。

なんとか回避を試みたが、それは叶わず。

転倒した自転車に絡まって僕は落車。

幸いにもそれ以上の人を巻き込む事は無かった。


雨で濡れた路面に打ち付けられ滑る体。

当然もう勝負に絡めない。

悔しさと苛立ちと情けなさと悲しさ、いろいろな感情が交差して、すぐには動けずにいました。


チームメイトが戻ってきて僕を慰めてくれた。
悔しくて、申し訳なくて、僕は相当落ち込んでいた。

足早にその場を去り、ホテルに帰る。

僕はこういう時に極端に落ち込むのが悪いところなのだろう。

今回ばかりはいい展開だったし、なんせ地元の大観衆の中だっただけに、その悔しさは今まで無いものでした。


明日へのモチベーションを持てずにいた僕だが、チームメイトや監督の励ましと言葉に後押しされ、僕は明日の準備を進めることができた。

「今日は玲のためにみんな走ってくれた。あの落車は玲の責任ではない。レースをしていればこんな事は時々あるものだ。明日は玲が雨澤のために走る時だ。」

監督のその言葉に、このままではいけないと切り替えて、明日に繋げることができました。



迎えたロードレース。

落車で負傷した箇所が痛んで、ペダリングが思い通りにできないのだが、痛み止めをもらってだましだまし走ることにした。


スタートするとアタックが始まりペースが上がる。

増田さんが逃げに乗るプランだったが、なかなか決まらず古賀志林道へ。

速いペースで上る。

打撲した箇所が上りでは痛みが増した。

我慢しながらなんとか先頭付近で上りをクリア。
しかしこの時点でかなりキツかった。


スリッピーな下り区間を抜け、県道に入った段階で異変に気付く。

妙に自転車がフワフワする。

落車の影響で感覚が狂ったか?と最初は自分の体を疑ったが、気付くとフロントタイヤがパンクしていた。

手を上げニュートラルサービスを呼ぶ。

チームカーが後ろの方だったので、先にニュートラルに変えてもらった。

せっかくいた先頭集団から遅れてしまったのだが、監督から無線で雨澤さんが遅れていることを知らされ、それがちょうど僕が復帰した小集団の少し前だった。

どうやら下り区間で中切れが発生していたようで、それに巻き込まれていたらしい。

これはマズイと雨澤さんを追いかけ、「雨澤さん引きます」と告げ前に出る。

正直キツくてこの日は長持ちする気がしなかった。

でもせめてこの状況はなんとかしたい。

必死の思いで脚を回し、古賀志林道の入り口で集団が見える位置まで上がれた。

もう上りになったら僕が引く意味は無くなる。

上りの入り口で雨澤さんを見送り、僕はそのまま遅れた。

自分自身もなんとか集団復帰を目指したが、動かない体に思うように走れず、4周した段階でレースを降りることになった。

遅れてからも、僕に沢山の声援が飛んできた。

勝負できない僕にもこんなに応援してくれる人がいるのは幸せだった。

それだけで今日を走って良かったと思えた。


それからは降りたメンバーと共にネット上でレースを見守った。


最終局面に雨澤さんが残っていることに湧き上がり、そして3位に入ったという情報に喜び、安堵した。


この状況で雨澤さんが結果を残してくれて嬉しかった。

僕は昨日何も残せなかったし、今日まで何も無かったら、それはとても辛い。

けど、雨澤さんが形に残してくれて、僕たちは救われた。


本当に良いチームでレースしてるんだなと実感しました。


色々な感情が交差した今年のジャパンカップ。

また来年、いいレースができるように頑張ろう。






アフターパーティーではファンの方々のおかげで励まされ、とても楽しい時間を過ごすことができ、リフレッシュできました!



期間中、沢山の応援ありがとうございました!

また、すぐに復活して頑張ります!




それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/10/20

始まった!ジャパンカップ!



古賀志林道も少しずつジャパンカップ色に染まっています。



僕もちゃんといました♪





そして今日はチームプレゼンテーション。

今年も雨の中でしたが沢山の方で盛り上がっていましたね!!

ステージに出た瞬間、沢山の歓声に包まれて嬉しくなりました!


登場と同時にサービスのグッズを投げさせてもらいましたが、僕はものを投げるのが下手らしく、上手く投げられなくてすみませんでした…



明日、いよいよ宇都宮駅前大通りにてクリテリウムです!

天候はよくなさそうですが、ご褒美カヌレを味わうべく、勝利を目指して全力で挑みます!

応援よろしくお願い致します!






それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/19

ジャパンカップか〜


いよいよ始まりますね!

年に一度のビッグイベント!

ジャパンカップ!!


宇都宮がより赤く染まる時!




レースを見る側からいつの間にか走る側に。

自転車選手としての僕の起源とも言える舞台です。
あの時ロードレースのスピードに魅了されてから、すでに8年経っていると思うと、時の流れというのは早く感じます。

今年で3度目の出場。

またあの興奮がやってくる。





僕が魅了されたように、今度は僕が、次世代の選手になる可能性を秘めた子供達を魅了できるような走りをしなければ!!





さて。

まずは明日、オリオン通り内オリオンスクエアで開催されるチームプレゼンテーションでお会いしましょう!!

今年も気合入れて挑みますよ!



それではまた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/15

雨の日のデジャヴ?



おおいたロードレース。

強く雨が降り続ける中でのレースとなりました。


今年から大きくコースが変更され、来年からのUCIルールに則った一周10kmのサーキットコース。
これを12周する120kmだ。


しかし、やはり日本…というところか、コースを作る上で交通規制の都合もあるのか分からないが、半分は一般公道を閉鎖して作っているのだが、もう半分は公園内の遊歩道や駐車場を使用する設定。

そのため砂利の浮いている路面や、公園に入る区間でのグレーチングなどに気を使って走らなければならない。

加えて今日は雨。

逆バンクかつグレーチングのあるコーナーもあるので、より慎重になる必要がある。






雨の降る寒い中、スタート。

今日のレースでは、最初から全員で積極的に攻撃をして、前方や逃げに多く人数を送り込み、かつその中で譲さん、雨澤さん、篤志の誰かで最後の勝負に臨もうというプラン。

プラン通り、一発目の攻撃からブリッツェン勢は攻めていった。

僕も1周目から積極的に前へ動き、一時的に4名ほどで逃げる場面もあった。


しかしながら平均してペースが速く、それでいて落ち着くことがなかったので、ハイスピードの中で前へ残った人だけがレースを展開して行く。

中盤に差し掛かる頃に、アベタカさん、譲さん、篤志を含む逃げが形成される。

しかし僕のいたその後ろの集団も逃げが決まってもなお落ち着くことがなく、常にブリッジの動きが絶えなかった。

そのためタイム差は30秒から1分の差しか開かないまま、メイン集団は人数を減らしながらレースが進んでいく。

僕は前半に飛ばしすぎたのと、雨による予想以上の消耗に苦戦し、中盤以降はメイン集団で走っているだけになってしまう。

足が落ち着いて来た頃には何度かチェックにも回ったが、それも吸収され、いよいよ僕はキツくなって来た。


ラスト4周回に入り、僕は上り区間で遅れをとってしまった。
少し違うが、ノルウェーで遅れた時と似たような身体の感触だった。

身体は冷え、脚は動かなくなり。

なんとか遅れた選手達と先の集団を目指したが、その選手らも消耗しており、結局単独になってしまい、そこから1人で走るもタイム差は広がる一方で、残り1周半を残してレースを去ることになった。



結果は篤志の7位が最高。

厳しい結果ではあるが、ブリッツェンは最初から攻撃を続け、ヨーロッパで走ったレースの展開に近いものを再現していた感じだった。

積極的に動いた上で勝負できる脚を作っていかねばと思ったレースでした。








そして昨日の、サイクルフォトグラファーの高木秀彰さんの突然の訃報。

このことが知らされて以降、昨日からSNS内では沢山の関係者、選手が追悼の思いを込めた投稿をしているのを見て、本当に沢山の人に愛されていた人なのだなと感じました。

僕もデビュー以降、国内レースでは沢山の写真を撮って頂き、その走りを評価して頂いていました。

レース前日に自分でコースを走りに行っていたり、選手達に笑顔で接する姿は忘れません。

今までありがとうございました。

御冥福をお祈りします。











さて。
これより飛行機で宇都宮へ帰ります。

空港で一足早い夕食でりゅうきゅう丼を。



少しくらい名物だったり、郷土料理だったり食べたいですよね!




大分では沢山の応援ありがとうございました!


そして来週はいよいよジャパンカップ。

クリテではかっ飛ばしますよ!!




それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/10/14

最高スプリント!



久々のJPT!

久々の国内戦!

久々の優勝!


最高のチームメイトと共に最高の勝利ができました!








そんな今日、 久々に日本で走るレースはワクワクでした。


久々の国内レースは大分いこいの道クリテリウム。

去年は譲さんが勝った、チームとしてはいいイメージのあるレース。

僕個人としてはいい結果を残したことが無いレース。
今回はいい印象を残したいところだった。




予選は1組目。
スタートから想像より速いペースで展開したが常に前方を位置取り、安全圏でレースを進める。

最後はペースが上がってきたが、余裕を持って軽くスプリント。

ちゃっかり予選1番通過だった。
そういえば去年も1番通過したような…






そして迎えた決勝。

1.1kmのコースを30周する、それはもう目が回るようなレースだ。

総合首位のマトリックスがスタート直後から集団前方を固めるように動く。
アタックの動きも見られたが、どれもマトリックスのコントロールですぐに吸収される。

ブリッツェンはその後ろに人数を固めていった。他チームとの位置取り争いもあったが、中盤になって隊列が安定してくると、集団の人数も減ったのか、落ち着いて走れるようになった。

再び集団内で動きが見え始めたのはいよいよ残り10周を迎える頃。

シマノを始め、残っている各チームが前に出ようと動き出してきた。
マトリックスの後ろを死守するブリッツェンはそのような動きに対してしっかりとポジションをキープする。

そして僕らが決めた動き出すタイミング、すなわち残り5周。

雨澤さん、譲さんがマトリックストレインを抜きにかかる。
しかし残り周回はまだあるので、出切らずに間に割り込んでいく形。

ミーティングのプラン通りの並びだと、譲さん→アベタカさん→僕→篤志の順に並ぶ予定だが、これだとちゃんと列として連なっていないから、このまま最後まで行ってしまうのはマズイと少し焦った。


が、それは無用な心配だった。
最終周に入ると、譲さんがアベタカさんと僕、そしてその後ろに篤志を引き連れ先頭に出切った。

そのままの勢いでアベタカさんが先頭に出る。
チラッと後方を確認したアベタカさんはそこからさらに加速を始める。
最終ターンまで横に誰かが被せてくることなく、ラスト200m手前まで。

アベタカさんの完璧なリードアウトを受け、そこからあとは僕がスプリントするだけ。

気持ちのいいスプリントだった。



ゴールまで一直線。
久々の1番だ。

そして最後まで僕の後ろを守ってくれた篤志とワンツー!




前回のレース同様、アンダー欧州遠征組が存在感を見せつけることができたレースでした。


でも、こういったレースはやはりチームメイトの協力があってこその勝利。

特に僕みたいにクリテリウムでスプリントを任される場合、絶対に僕1人では勝つことは出来ない。

最高のチームメイトに恵まれて幸せです。

チームメイト、そして応援して下さった皆様、ありがとうございました!






レース後、表彰式で食べていたのは大好きなカヌレ!

今日差し入れで頂いていたので、ご褒美で食べてたら表彰に呼ばれてしまったもので…笑


去り際にさりげなくポーズもね。













そして表彰では副賞にゆふいんのホテルのペア宿泊券頂きました!!

使い道は……





さーて。

明日は僕も仕事するぞ〜!





それではまた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/10/13

あ、お久しぶりです


あ、どうもお久しぶりです。

国内ツアーは長いこと不在にしてました、小野寺です〜。




久々の国内レース!
久々の個室ビジネスホテル!
久々のチームメイトとの遠征!

そして久々にJプロツアーの黄色いゼッケンを付けてワクワクしています。



ブリッツェンのジャージを着てレースを走るのも久々だなぁ。


ここはみっともない走りをしないように頑張らないとな〜!


大分クリテは個人的には今までいい印象はないけれど、明日のレースはいい印象を残せるといいな。



久々の国内レース、応援よろしくお願い致します!



がんばるぞいっ!








それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/12

もう次か



気がつけばもう次の遠征。

次は大分です!また飛行機です!

今年は何回飛行機に乗ったことやら…



出入国審査や手荷物検査などはもうお手の物です♪
ドヤ顔でゲートをくぐれるようになりましたよ!

って、明日は国内線だ。



そういえば香港に入る時の入国審査官はあまりにも無愛想すぎたなぁ。

どの国も審査官は無表情で愛想がない気がするけど…



さてさて。

明日は短い空の旅を経て大分へ。

僕にとって久々の国内戦になります。
シーズンもいよいよ終盤戦だし、ここはいっちょ頑張りますか!




大分行くなら、去年の大分土産のこのTシャツはマストかな…?笑





それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/10/10

いいところたくさん



香港から帰って一夜明け、今日はマイペースで練習。

脚はいい感触をキープできている感じ。

このままシーズン最後まで駆け抜けたいところ。



今日の練習の帰り道、初めて訪れるパン屋さんへ寄ってきました♪



「カンタービレ」さんです。

先日両親が訪れたらしく、とても美味しかったと言うので是非行ってみようと思っていました。

店内には僕の好きそうな創作菓子パンがたくさん並んでいました。



その中から今回は、「ちょっとリッチなクリームパン」と「クロワッサン」をチョイス!

クリームパンはフワフワの生地でできたブリオッシュのような形。
フランスでもブリオッシュは食べたので懐かしさを覚えました♪

でも食べてびっくり!こんなクリームパンは初めて食べました!
フワフワでしっとりした生地に濃厚な甘さのクリームがとってもデリッシュ!


クロワッサンも優しいバターの味がグッド!
今度はチョコ入りも食べてみたいな♪

気にしなくて済むオフの時期に思う存分食べに行こう!







宇都宮もそうですが、僕の地元の鹿沼にもたくさんいいお店がありますね!

きっと知らないだけで、まだまだあるんじゃないかな〜♪

オフには美味しい食べ物目当てでお店探しサイクリングもいいかも!






オフの楽しみが増えるばかりですが、シーズンはまだ終わりません…!


がんばるぞい。




それではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/10/09

表彰台で肩を外しちゃう僕。


先ほど香港より帰国しました!

時差1時間の海外遠征は時差10時間を超えるヨーロッパ遠征よりはずっと楽です。



香港チャレンジ(UCI1.1)にナショナルチームとして参戦して来ました。


今回のレースにはナショナルチームの他にもウキョウやアイサンも参戦しており、スタートリストを見ると、日本人が最も多いエントリー数でした。


ナショナルチームのオーダーは幸也さんを勝たせること。
はっきりと決まったエース選手をチーム全体でアシストして走る。





当日は日差しギラギラではないが、相変わらず蒸し暑く、久々の暑さの中でのレースになりました。

スタートラインに並ぶのはどうやらスタートリスト順らしく、ジャパンナショナルチームは後ろから2番目、つまりはほぼ最後尾からのスタートになった。

ニュートラル区間もなく、ヨーイどんでスタート。

コースは平坦基調ではあるが、緩やかな上りとヘアピンカーブが連続する一周5kmの脚にくるコースで、これを20周する。





スタート直後からアタック合戦が始まり、ハイスピードのストップ&ゴーの繰り返しでかなり脚がキツかった。

その中で、割とすぐ前に上がれた僕はチームメイトと共に何度もアタックに反応していた。

そして幸也さんやプロツアーチームを含む逃げが決まり、一旦アタック合戦は落ち着く。

差は確実に広がり始めていたが、チームとしては幸也さん1人で序盤からの逃げに乗せるのは不利な状況だった。


そんな中、追走の動きができた。
僕はその動きに警戒していたのですぐに反応することができ、10数名の追走グループとなり逃げ集団を追う。

僕の乗った追走グループは2周ほどで前に合流し、20人程の逃げ集団となる。


その後は一定でのローテーションが続く。
幸也さんの指示を受け、逃げながら脚を残し、最後の動きに備えて走っていた。

しかし僕の走り方は脚を無駄に消耗させる走りだった。

ローテーションで前を引く時間が長すぎたり、踏みすぎたり。

幸也さんは、この20人のメンバーなら確実に逃げ切れるから、無駄に頑張ることはない。
むしろ後半からが勝負どころだからそれに備えて脚を溜めておくべきだと言っていた。



その通りだった。

集団とのタイム差はある程度広がってから一定で推移した。

逃げ集団は落ち着いたペースで周回を消化して行き、いよいよ残り40kmを切ってからは有力チームによるさらなるアタック合戦が始まり、繰り返されるアタックの中で、幸也さんは飛び出した10人弱の集団に乗り、僕は後ろに残った。


これでいいのだろうとも思ったが、前の集団には有力チームは複数人入っていたが、それに対してナショナルチームは幸也さん1人。

あまりいいとも言えない状況だった。

僕が残った集団にはまだプロツアーの2チームの選手が数名残っており、ブリッジの動きがあるかもしれないと思ったので、それに備える事にした。


UAEとオリカの選手はやがてブリッジの動きを始める。
僕は反応する選手をこの2チームの選手に絞っていたのでついていくことはできた。


しかし、集団から3人で飛び出してもUAEは引くけどオリカは引かないと言っている状況。
もちろん僕はつきいちだ。


最初のブリッジの動きはUAEの選手しか引かないものだから、やがて集団に吸収され振り出しに戻る。

これが数回繰り返され、僕は有力そうなブリッジの動きには必ずチェックを入れて展開していた。


しかし前に追いつくことは無く、一定のタイム差で残り周回が減って行く。

僕のいた集団の選手たちにも疲れの色が見え始め、僕自身も結構いっぱいいっぱいだった。

そしてまたUAEとオリカの2人がアタックをして、それに反応したのは僕だけだった。


その3人の追走グループはその後ゴールまで走ることになる。

UAEはベン・スイフト、オリカはルーク・ダーブリッジと、2人とも名だたるトップ選手だ。
飛び出して最初の方はキツかったのでつきいちで2人に任せきりにしていたが、後半になり脚が落ち着いてからはローテーションに加わった。

3人でのローテーションは一定ペースを保ち安定していたが、結局最後まで前を捉えられず。

ラスト一周になると、コースの外から指示を出していた柿木コーチから「頭取れよ!!」と声が飛ぶ。

今回のレースは1クラスなので、20位まで賞金とUCIポイントが付く。

しかし、1位から13位あたりまでは一つの順位の差で配点されるポイントの差が大きい。

だから、ポイント圏内にいる今の状況で、少しでも前でゴールした方が沢山ポイントを稼げるということだ。


プロツアーの2人もゴール前になると少し牽制をし始めた。

ローテーションしながら互いに様子を見合っていた。

少しペースを上げながら最後のコーナーへ進入していく。

本当は先頭でコーナーをクリアしたかったが、プロツアー選手2人相手にビビってしまい、僕は3番手で最後のコーナーを立ち上がる。

直線は300m無いくらいで、先頭で立ち上がったベン・スイフトがそのままスプリントして先着した。

その後ろ、僕はスプリントで1人交わして2番目にゴール。

全体で12位という結果だった。



単騎で先頭で戦った幸也さんは3位。
単騎でありながら流石の走りだった。


しかし、前に僕もいて、最後までアシストできていたら勝ちもあったのでは無いかと思うと悔しいものだった。



ピットに戻りチームのみんなと話していると、大会スタッフが表彰対象者だと言ってきた。

最初はなんのことだ?と思ったが、どうやらU23選手では僕がトップだったそうだ。

思いがけない出来事だったが、頑張った副産物として賞を頂けるのは嬉しいものです。



Photo:JCF




ガラス製の立派なトロフィー?と、花束、シャンパン!



そしてまたしても白のジャージ!






そしてこれらを受け取った表彰式で悲劇が。

シャンパンファイトも終え、2人が表彰台を降り始める。

僕も後に続き、あわよくば1人でポーズを決めようと思っていたそんな時、観客に向かって手を上げたその瞬間、僕の左肩がガクッと外れた…。

上げた左手にはずっしり重いガラス製のトロフィーを持っていたせいか、変に力が入ったのか肩が外れてしまい、肩を抱えながらイテテ、イテテと言いながらステージを降りることになった。

ステージを降りて浅田監督に、「浅田さん!肩外れました!肩が外れましたぁ!!」と、とりあえずドクターでも呼んでもらおうと現状を伝える。
近くにいた幸也さんもドクターに声をかけてくれた。

そんな時、自分で肩を押し込んでみたらゴリッと元どおりになった。

大丈夫!オーケーオーケー!!ハハハハハ…

とドクターに告げ、なんとかなった。笑


まったく、表彰台で肩外しちゃう人なんて他にいただろうか…


そんなわけで帰国した今も肩が痛みます…。




今回のレースでは勝てこそしなかっなが、チームの最低限の目標はクリアできて、自分自身もいい形で終えることができた。

キツかったが、ベテラン選手や強い選手達と走って、沢山得るものがあった。


今回はいい経験ができました。

遠征を共にした皆さん、ありがとうございました!







レースが終わった夜は少し街に繰り出し、香港のクラフトビールを頂きました!

蒸し暑い香港の夜に冷えたビールを飲める幸せ!


少しは香港らしさを満喫できたかな♪

もっと綺麗な夜景が見たかったなぁ。




それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/10/07

この蒸し暑さは久々だ



初めての香港にやってきました!


行きの飛行機内では機内食が出たのですが、今回初めてANAの国際線に乗ったもので、ANAの機内食自体初めてでした。



海鮮ちらし寿司ときた! 美味し!

飛行機は直前の機材変更で最新機種のB787だったし、空の旅はとても楽しめました。







香港に降り立つと、曇った景色の先にぼんやりと見える高層ビルたち。

それになんといっても蒸し暑い!

今年も真夏の日本にいなかったせいか、こういった蒸し暑さがとても久々に感じました。




まるでシムシティのような街模様で、色形様々な高層ビルが沢山並んでいるのが印象的。



どの建物もまだ建設中なのかな?と思わせるようなものばかり。
実際、工事している場所は多かった。





空港からホテルまでは大型バスで。

日本チームを迎えに来るための装飾なのか、浮世絵や、「めでたい」と書かれたのれんのようなものがフロントガラスなどに飾られていた。



今回の大会指定の宿は、なんと5つ星ホテル!



ロビーには今回の大会の歓迎パネルが飾られていました。



そして驚いたのは、部屋に入ると大型液晶が勝手に起動し、宿泊者の名前が入った画面で歓迎!
今回はシマノレーシングの入部さんと同部屋です。


その他、ホテルのボーイさんが各部屋にフルーツを配って回っていたり、エレベーターは6機フル稼働してたり、ブュッフェ形式の食事は種類豊富な上美味しかったり。

短い滞在ではありますが、とても快適に過ごせそうです。





しかしながら、レース会場になっている香港の繁華街は自転車のトレーニングには向かないですね。

というのも、今日ホテルに着いてから軽く練習に出かけたのですが、街中は沢山の車がかき混ざるように走り回り、まともに自転車を走らせることが難しい交通事情。

日本の東京都心でトレーニングしにくいのと同じ感じですね。

繁華街から離れれば、練習できる環境はあるのだろうけれど、この香港にどんな練習コースがあるのだろうか…






空気はどこか濁っていて、場所によっては息苦しかったり。
発展途上のアジアな雰囲気が漂っています。


でも街を見ていると、左側走行&右ハンドルで、圧倒的に日本車が多いため、混み合う道路の風景は日本の都会に似ています。


こういった異国の文化を楽しめるのも貴重な経験。

そんな貴重な経験をさせてもらえてる環境に感謝して頑張らないと!!


明日のレースは現地時刻で14時20分スタート。

ちゃっかり時差1時間あるんですね!






それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/06

明日から香港へ行ってきます



香港チャレンジ出場の為、今日は都内に前泊し、明日の朝の便で出国します。


出場チームを見るとワールドツアーチームも含む濃いめのメンツ。

どんなレースになるかハラハラです。





今日の午前中は身体の調子を整えてもらうためにお世話になっている整体へ行き、その後軽くトレーニングしてきました。

最近は練習へのモチベーションを保つのに一苦労しています…

モチベーションを保つ手段として、練習の途中に行きたい目的地を設定するようにしています。

今日は前から気になっていた、「ポム・ド・パン」へ行ってきました。



古峰原街道沿いにあるこのお店。

練習でよく通るから看板はいつも見ていたのですが、営業しているのが金、土、日限定ということもあり、なかなか行けないでいました。

今日はそこに立ち寄る言い訳を作って軽めのトレーニング。



美味しいスコーンセットを頂いてきました。

手作りのジャムが美味しい!


またゆっくり時間があるときに立ち寄りたい。




そうだ、今日は最近使い始めたニューアイテムを紹介しましょう!



パナレーサーの携帯ポンプ!
新発売されているのを見て、コンパクトでデザインもイケてる!と思い、お願いして提供して頂きました。



今まで使っていたのもパナレーサー様の携帯ポンプ。
空気圧ゲージ付きで、空気の入れ方を切り替えられる優れものでした。

今回のものはそういった機能は無くシンプルな構造。



このポンプの魅力は米、仏式に対応するワンタッチ構造。
押し込むだけで簡単にロックされ、空気を入れることができます。

そしてシンプルな構造なおかげでかなり軽量&コンパクト!

背中のポケットに入れても気になりません!

オススメです♪















さてさて、場所を変えて今は都内のホテル。

監督が明日の朝が早いにもかかわらず車で送ってくださいました。



香港は初めてなので楽しみです。

レースはかなりキツそうですが、ジャパンチームで勝ちを目指して頑張ってきます!

そしてほんの少しでも香港らしさを楽しめたらいいな〜





それではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/10/05

オノデライダー参上



行ってきましたRED ZONE!!

今年は僕が特大パネルで主役を務めさせて頂いているようだったので、サイン入れに行ってきたわけです。



偶然居合わせた篤志くんと赤いかりまんです。




今年はシンプルに選手それぞれの目線でレースや機材についてのコメントがこれまでのレースの写真と共に展示されています。

それぞれの機材に対する考えや、レース中の思惑など、読んでいると面白い内容ですよ!




アジア戦、世界戦を走った僕のファントムも展示されてます!
このかっこよさを間近で堪能してください!




インパクト◎の等身大?それ以上?のメンバー全員のパネルにも選手それぞれのサインが入ってます。

ぜひ、同じポーズで記念撮影を!!



ここでは展示以外にも、今まで限定販売していたアイテムが安くなって再販されていたり、ブリッツェン公式グッズが沢山並んでいますので、ぜひお越しください!






それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/04

ラジオでヒャッハー




今日は久々のラジオ出演。



意気揚々とレディオベリーに行ってきました!

毎度、ラジオ出演には何かしらネタを持って行くようにするのですが、今日はインパクトが強かったようで…





胸にデッカく「ヒャッハー」と書かれたTシャツで出演させて頂きました。

側からみたら、変なヤツ扱いされそうですが…

それでもちゃんと突っ込んでくれるアトムさんは流石です。




公開スタジオ前にはいつもに増して沢山の方にお越し頂き、久々に日本のサポーターの方々の暖かさを直に感じました♪


そして沢山の差し入れまで!

先日のブログを読んでくれた方はわざわざ和菓子まで用意してくれて!

僕はこんなにも幸せで良いのでしょうか……



太らないように少しずつ頂きます♪





そして真理さんの退団発表。

このチームに入ってから、いろいろと教えてくれた大先輩です。
去年のレースでも助けられたりする場面もありました。
そして車の話で盛り上がれるのも楽しいものです。
チームメイトとしてレース走る機会があと一回しかないのはとても寂しいですが、また陽気にレースに復活する姿が想像できます。

復活して来た時にスプリントで負けないように練習しとかないと!!




それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/02

久々だらけの日常



2ヶ月も母国を離れると、慣れ親しんだ何もかもが久々に思えて、帰国してからというもの、なんとも無い日常が「久々」に満ち溢れています。


街の風景や鳥や虫の鳴き声、自分の車や走る道、缶コーヒーにペットボトル飲料。


当たり前で日常だった日本のあらゆるものたちが、帰国直後のほんの少しの間だけ、特別に感じるのです。






このところ、練習中の補給などに何を食べようか考えていると、高い確率で和菓子が食べたくなります。

そもそも補給に和菓子は適しているのですが、純粋に和菓子が食べたいのです。


ヨーロッパでは豆大福なるものや、まんじゅう、串団子、草餅などなど、まずお目にかかれません。

いくらカヌレが大好きで、どれだけ食べても飽きない僕でも、たまには和菓子の優しく豊かな味が恋しくなります。

最近だと久々に食べた「おはぎ」に感動しましたね〜。

こんなにに美味しかったかな〜。




そんな今日は久々に「あかつきや」さんに行って、久々の焼きそばを食べてきました♪




焼きそばもヨーロッパでは名前を聞くことすらない料理。

アジアンフードでも「スシ」や「ラーメン」はよく見かけるけど、「ヤキソバ」は見たことないですね。


これも日本の味だな〜

久々に食べた焼きそばはとても美味しかったです♪





食べ物には何もかも久々を感じる日々。

母の作ってくれる料理もまた、久々を感じます。


1ヶ月もすれば、それはもう何の変哲もない日常になっていくのだろうけど、今はその「久々」を存分に楽しもうと思います。





そうそう、明日は久々のラジオ出演がありましたね!


それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/10/01

やっぱり楽しい


なんと言うか…
時差ボケのせいなのか、身体の芯の疲れのようなものが抜けない日々が続いている小野寺です。こんばんは。

練習でもメニュー1発の数値は出せても、1本で疲れてしまい、それを同じ値で繰り返しすることが難しい状況です…







昨日は那須時代にお世話になっていた「那須山」へ行き、久々の温泉でリラックスしてきました♪



好きでよく食べていた定食も久々に頂き、変わらぬ味を満喫してきたところです。







そして今日は久々に選手全員集結での食事でした!



今シーズン前半の分の恒例の祝勝会。

雨澤さんの石川ロードと、僕の大田原クリテの分。

今回も「おかえり」にお世話になりました!
いつもありがとうございます!




アンダー組は長いこと欧州遠征で不在だったし、こうして選手が全員で揃う機会も今年はなかなかありませんでした。

やっぱり楽しいメンバー。

話していてとても楽しい。

たまにはこうして集まって食事するのもいいものですね♪










日本に帰ってきてからというもの、充実した日々を過ごしています。

やりたい事ややらなきゃいけない事が沢山あったりして少し忙しいです…


そんなことをしてたらもう次のレースが迫ってました。




僕のネクストレースはまたしても国外。

ナショナルチームで香港のワンデイレースを走ってきます。



今年は本当に地元にいる時間が短いなぁ……


がんばるぞい!




それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »