« 明日、Départ! | トップページ | ツール・ド・ラヴニール えたっぱ2 »

2017/08/18

ツール・ド・ラヴニール えたっぱ1



ブルターニュ地方からスタートしました、ツール・ド・ラヴニール。





第1ステージは4級山岳を2つ含む、起伏の富んだステージ。

狭く曲がりくねっている上、アップダウンが無限に続く、普通に走ってもキツイコースです。




今日のスタート前、日本から応援に駆けつけてくれたサポーターの方から、日本の皆さんが書いて下さった応援メッセージの沢山入った日本国旗を頂きました!

中にはサポーターの他にも、両親、そしてチームメイトからのメッセージもあり、とても嬉しかったです!!🇯🇵


皆さんありがとうございます!!



今日のレースはスプリントできる選手が上位に食い込むことを目標としてスタート。

僕自身、逃げの展開に絡むことと、最後のスプリントでできる限り前に食い込むことを目標に走りました。






レースはスタートからハイスピード。

なかなか逃げも決まらず、僕も何度かトライしたがどれも不発でした。


山岳区間で10数名の逃げが決まると、集団は少し落ち着きを取り戻す。

しかし、逃げに総合有力選手がいたせいか、集団の有力チームのコントロールにより、ハイペースに変わりはなかった。


レースが更に激しくなるのは最後の周回コースに入ってから。

8km弱の周回を最後に3周回してゴールするのだが、曲がりくねった細道や連続するロータリーを含む、とてもテクニカルなコースだ。

一周、また一周と周回を重ねるうちにポジションアップをしていく。

しかしやはりここはトップクラスのレース。

そう簡単に前に出れる訳ではない。

ましてや日本人など、欧州の巨体の中にそう簡単に割り込ませてくれない。

何とかくぐり抜け、ラスト3kmの段階で集団先頭まで上がれたのだが、タイミング的にまだ早く牽制が入っていた為、再び埋もれ始める。

何とか前の見える位置をキープできたが、このレースは少しでも気を抜くと集団後方まで追いやられるので命取りだ。


連続する2つのロータリーでごっちゃごちゃになりつつ、最後のスプリントへ。

埋もれたせいで、スプリントを開始した位置は良いものではなかったが、それでも少しでも上位を目指してもがいた。




結果は19位。

去年のラヴニールの最高順位が20位だったので、それをを1つ更新。


改めて上位に食い込むことの難しさを痛感しました。










余談ですが……


去年のラヴニールでチーム紹介の際にウケた「ボナペティ」ネタを披露すると、同じ司会者だったのでこれまた良いようにいじってくれて。

紹介を終え、ステージを下りると子供達からボナペティと度々言われるハメに。笑

嬉しかったけどね。

レース後までボナペティと言いながらサインを求められる始末。



皆さん、ボナペティ。








さて。

明日も似たようなブルターニュのコース。

積極的に頑張ります!
引き続き応援よろしくお願い致します!




それではオルヴォワール

|

« 明日、Départ! | トップページ | ツール・ド・ラヴニール えたっぱ2 »

コメント

第1ステージ、去年よりも落ち着いて走れたみたいですね😊
まだまだ続くラブニールのステージを、楽しんで美味しく召し上がれ、玲君❗️
怪我もメカトラもない事を祈っています‼️

投稿: あばぁば | 2017/08/19 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/65681420

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・ラヴニール えたっぱ1:

« 明日、Départ! | トップページ | ツール・ド・ラヴニール えたっぱ2 »