« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017/08/31

カヌレ健康法



最近のオートリーヴはいい天気が続いていて、毎日充実した練習ができています。




昨日は定番のマスダジル方面への練習。



近くのお店でスムージーを飲んでから帰りました。

この日は久々に3時間以上しっかり乗れたので、少なからず疲れを覚えたが、乗れることに喜びを感じて練習できた。



この日もしっかりアフターカヌレ。

プロテインよりもまず先にカヌレ!
なんちって。



昨晩は久々にシェフの日。



夏野菜が美味しい時期にこそ、ラタトゥイユ!

美味しくできましたよ♪







今日は朝方は空模様が心配だったが、日中はしっかり晴れ。

適度に涼しくて練習には最高の環境。

昨夜合流したUDも加わり、カラフルなジャージ軍団で走りました。


ラヴニールからもそれほど時間が経ってないし、スペインのレースまでも時間が無いため、各選手ごとに時間や強度は調整している。

僕はラヴニールを半分程しか走っておらず、怪我以外はフレッシュなので最近は毎日しっかり乗っています。

今日もメニューを混ぜながら走りましたが、感触は悪くなく、春ほど苦労せずにポテンシャルを復活させられそうです。




それもこれも、毎日カヌレを食べれる環境だから!


1日1個のカヌレは最高の健康法!

時に1日あたり複数摂取することもありますが、多量摂取による副作用は今の所確認されていないのでご安心を!






明日は雨かな…

今晩は雨が降っています。



それではオルヴォワール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/08/29

クモリ 後 ハレ 時々 カヌレ



僕の人生最後のツール・ド・ラヴニールが終わり、今はオートリーヴの活動拠点に来ています。

この町もすっかり馴染みの深い地になったなぁ。

去年はもう少しスッキリした気持ちでここに帰ってきたはずなのだが。







前回と同様、少しでも目から入る液晶の刺激を避けるためにブログ更新の頻度を落としていましたが、ほぼ回復したのでエブリデイ更新を再開します。



僕だっていつまでも凹んでいるわけにはいかないので、今は気持ちを新たに、朝晩が肌寒いくらいに涼しいフランスの夏を楽しんでおります。




昨日はドクターストップの最低期間を終えた?ので、久々に外で自転車に乗りました。

ラヴニールを終えた皆んなとのんびりサイクリング。

隣町まで行ってカフェを楽しみました。



正直なところ、ドクターに言われたことに若干の恐怖心を覚えて気持ち良くは走れなかったのですが…。
(この短期間で再び同じように頭を打つと、廃人になるか死ぬかだ、と。)


それでもひたすらローラーで練習するよりかは気が楽です。

ラヴニール期間中はスタッフや選手の迷惑にならないタイミングと場所を選んでコソコソとローラーに乗ってましたからね。

それすらもドクターにいい顔はされませんでしたが、今春に1週間安静にした後、散々に苦労した経緯があるので、このシーズン真っ盛りの時期に身体を鈍らせたくなかったんですよ。





そんな僕の特効薬がこの町にはあります。



カヌレ。

安定の味。


今回の遠征ではカヌレをあまり食べれていないし、またすぐにスペイン遠征になるので、この食べれるチャンスを逃す訳にはいきません。


この調子でカヌレを食べ続ければ僕のコンディションも早期回復することでしょう!






それではオルヴォワール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/24

元気にしています。



ブログ更新をお休みさせていただいておりましたが、ラヴニール中の落車のことで皆様に心配をおかけしてしまっていましたので、このブログで報告させて頂きます。



8月21日、ツール・ド・ラヴニール第4ステージ。

前日までのブルターニュ地方でのレースとは少しコースの性質が変わったレースになりました。



スタートして1時間も経たない頃。

アタック合戦の最中、町を通過する区間。

欧州のレースでは当たり前ですが、特に町を通過する際は、速度制限用のバンプやロータリーなどの中央分離帯が突然現れたりします。

当然ながら、安全確保のため主要な危険ポイントには立哨員が立っているのですが、狭い区間などでは誰もいなかったりします。

僕らもそれを分かって注意して走っているのですが、前を走っていた選手が障害物を避けるため突然進路を変えたりします。

大きい選手の後ろにいれば前の状況は分かりません。

高い速度域の中でそれをやられると避けることができないこともあります。


今回の僕はまさにそのパターンでした。

町を抜ける道の小さなロータリーを過ぎた直後。
縁石程度の高さの中央分離帯がありました。

前の選手がそれを避けたと分かった瞬間にはもう遅く、だけど何とかそれを避けようとしたはずでした。

でも次の瞬間には頭に激しい衝撃を感じて、転倒していました。


落車の原因はわかりますが、どうやって転んだかは自分でもよく分かりません。

ただ、擦過傷は肩と肘の僅かな面積で、ヘルメットの右後方が大きく潰れていた事から、右後頭部から落ちたのだと、後で分かりました。



落車直後は股間部と頭に激しい痛みを感じていました。

車から降りてきた浅田監督に

「大丈夫か?辞めとくか?」

と聞かれましたが、ここはラヴニール。

そう簡単に降りるわけにはいきません。


新しいヘルメットと、スペアバイクを下ろしてもらい、飛んでいったサングラスを拾ってきてもらって再スタートを切りました。

近くの沿道にいた観客も声援で後押ししてくれる。



集団とはだいぶ離れてしまっていましたが、ちょうどアタックも決まり、ペースが落ちていたので、復帰まではそれほど時間はかかりませんでした。


集団復帰してからチームメイトに声をかけ、今日のプランの変更などを話しました。


ペースは落ちていて、集団内はリラックスモードでしたが、ペース以上に僕はキツイ感覚でした。

左目の視界が波打つように見えたり、それが治ったと思ったら今度は右の側頭部が痛んできたり…

肘も打っていてダンシングは痛いし。


でもこのペースなら終盤で遅れてもリタイアは回避できそうだと、このステージを乗り切る事を自分に言い聞かせて走っていました。



視界が変だったこともあって、集団の内側に入るのは少し怖くて、常に後方の端で走るようにしていました。

しかし時間が経つにつれ頭痛は治る気配が無く、むしろ痛みが増してきてしまい、ただ走っているだけでもキツイ状況になりました。


補給地点を通過する辺り、ちょうど上りの区間でしたが、もうキツすぎてジワジワと遅れだしてしまいます。

チームカーに痛み止めがあればそれを貰って復帰しようと思い、遅れながらチームカーに追いつかれるのを待っていました。


チームカーが隣に来たので
頭が痛いので痛み止めか何かはありますか?

と聞きましたが浅田監督はこれを聞いて、

もうやめておけ

と、そう言いました。




Photo:JCF


浅田監督がコミッセールに僕のリタイアを伝える。

ちょうど補給所にはチームドクターがいたので、先生に容態の確認をしてもらう。

大会の救急隊とも話をして、その段階では搬送はせず、とりあえずチームの車に乗ってゴール地点まで向かうことに。


車に乗って横になった瞬間から激しく頭が痛んだ。

痛み止めの薬ももらい、冷たいタオルで冷やしていたが治らず。

ゴール地点について、また先生と話をしていると、痛みの箇所が出血のリスクの高い場所だったらしく、その場で救急車に乗り換えて近くの病院に搬送されることに。




そこからは苦痛だった。


首を固定され、搬送の為に全身を硬いボードに張り付けられ、身動きも取れない状況に。

現地救急隊からは動かないようにと念を押される。
そもそも動ける状態ではないのたが。


初のフランス救急車に揺られ、病院に着いてからは、よく分からないフランス語訛りの英語を必死で聞き取りながら自分の痛みを説明。


説明したはいいが、先生はその後どこかへ行ってしまい、それから2時間は処置室のような場所にベッドに張り付けられられたまま放置され、身動きの取れないまま待つことしかできなかった。

付き添ってくれていたチームドクターもどうすることもできなくて、でも僕が退屈しないように話をしてくれていた。


2時間かあるいはそれ以上経った後、ようやく背中の硬いボードから解放され、部屋を出ることができた。

でも未だに首は固定されているし、ベッドに仰向けに寝ている状況に変わりはない。

まだ動いてはいけないようだ。

部屋を出れたと思いきや、ただ廊下に出されただけでそこでもまた放置され、そこからまた2時間近く待たされる。

CTスキャンをするだけなのにこんなに待たされるとは…


救急車に乗ってから今に至るまで空と天井しか見えていない。

自分がどんな場所にいるのかもよく分からない状況が、レースよりもはるかに長い時間続いたのは苦痛だった。


ようやくCTスキャンの撮影を終え、医師による診断が始まる。

病院に来てくれていた浅田監督と少し話をしながら待っていると、医師が来て、撮影されたものからは異常は見られなかったと告げられる。

僕の首の固定も解除され、すっかり夕食時を過ぎていたことに気を利かせてくれた看護師が軽食を持って来てくれた。


大事にならず、入院にもならずに済んで良かった。

その日は暗くなってから、大会の宿泊先に帰ることができました。



帰ってから久しぶりにトイレに行くと、血尿と共に激痛が。


そういえば転けた時に股間部が痛かったのを思い出す。

しかしこればかりはどうすることもできないので我慢するしかない。


外傷が少ない変わり、見えないところへのダメージは大きかったようだ。







長く書いてしまいましたが、このような経緯で今に至ります。

チームドクターによると、脳を強く打った場合、特に僕の場合は今年の春にも一度打っていることもあり、セカンドインパクトのリスクが高かったという。

今回はそれにはならなかったにしろ、またすぐにレースを走って万が一落車でもして頭を打ってしまったら、それこそ大変なことになってしまうから前線復帰はよく考えた方がいいとのこと。


なのでこのラヴニール期間中はチームと行動を共にしながら、チームドクターに経過を診てもらっています。

今はむち打ちの首の痛みと、頭の鈍痛程度で落ち着いているので、今後すぐに軽い練習から再開しようと思っています。





最後のラヴニールをこのような形で去ることになったのはとても悔しいです。

このレースに限っては、もう次のチャンスなどありません。

去年あれほど再挑戦に燃えていたのにな。

去年は唯一の完走者で、今年は唯一の脱落者かな…



起きてしまったことをいつまでも引きずっても仕方ないので、まずはこの先にあるチャンスをこぼさないようにしっかり治してトレーニングすることにします。


沢山の応援ありがとうございました!


日本チームの戦いはまだ終わっていないので、引き続き応援よろしくお願い致します!






メルスィ オルヴォワール

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017/08/20

ツール・ド・ラヴニール えたっぱ3



今日のレースは今まで経験した中で最も速かった気がする…

平均速度が47km/hを上回るスピードで140kmを走破。

こりゃ参った……





今日もまた、ゴールの町まで行ったら周回コースを回ってゴールするレイアウト。

当初1周の予定が、2周に変更。



スタート直後からのハイスピードアタック合戦。

昨日に脚を消耗していたため、出だしから脚が重く、アタック合戦に参加する余裕はありませんでした。


逃げが決まるのに時間を要しましたが、決まってからもペースが落ちることはなく、逃げとの差は開かないまま展開されました。


あっという間に周回コースへ。

今日も僕を中心としたメンバーでゴールスプリントに臨むプラン。

周回コース手前では岡本が集団内でポジションアップを助けてくれて、周回コースに入る頃には前の見える良い位置で入れました。

前に逃げているメンバーが見えている状況で、集団から追走にかかる動きがあり、もしかしたら勝ち逃げに繋がる展開になるかもしれないと、これをチェック。

10名程での飛び出しだったが、集団との差はあまりつかず、間も無く吸収。

逃げも間も無く吸収というところ。

なぜか焦ってオランダチームと共に吸収する為に集団を牽引することに。

逃げと牽引で想定以上に脚を消耗してしまう。

日本チームで集団前方に上がれていたのは篤志と僕の2人。

篤志に声をかけ、篤志が最後のスプリントに臨むプランに変更。

僕は篤志を後ろにつけ、極力いい位置を目指して走った。


ネイションズカップ特有…の荒れ狂う集団内で、幾多もの接触を繰り返し、危うく転倒しかけたりしながら走ると、ポジションを死守することだけで精一杯。

前に出るにはそれ相応の脚とセンスが必要だ。


ラスト5kmを切ったあたりでは篤志を後ろにつけた状態でだいぶいい位置には上がってこれていた。

が、ラスト3kmは複数のロータリーが連続するコーナー。



ここに差し掛かる集団は、幅の広い道路から急に狭くなる為、バチバチの突っ込み勝負だ。


ここで篤志とはぐれてしまう。


ここから再び合流するのは厳しかったので、ここからは単騎で勝負してもらうしかない。


僕はというと、もうここまでで脚が精一杯で、まともにスプリントできる余力など残されていなかった。


結果今日もまた、微妙なリザルトに。

一桁リザルトを目指しているのだが、やはりそれもここでは至難の領域。

明日以降チャンスが残されている限り、何としてでも食い込みたいところだ。





三分の一を消化した時点でだいぶ疲れてきています…

気合い入れていこう。




それではオルヴォワール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ツール・ド・ラヴニール えたっぱ2



昨日はハードな1日でした。

ブログ更新を忘れてしまうほど疲れてしまっていました…


レース自体はスタート直後から決まった逃げを容認してイージーペースで進む。

コースは昨日と似ているものの、昨日よりかは簡単なコース。



僕は昨日同様、最後のゴールスプリントに参加するというチームオーダーだ。
僕もそのつもりでスタートする。


位置が悪く、アタック合戦には参加せず。
集団内で落車によるストップに幾度も巻き込まれながら最後の周回コースへ。


集団は一気に勢いを増し、集団内は荒れ狂う波のような状態に。

チームメイトには連携は難しそうだし、コース的にも単騎で滑り込んだ方が上位リザルトが狙えそうだったので、僕のための連携はしなくていいから各自で前を目指してほしいと伝える。


そんな2周目。


ハイペースで展開する最中に僕の後輪がパンク。

すぐに集団は見えなくなり、後ろの方にいたチームカーにホイール交換してもらうまでに時間を要した。

チームカーを上手く使いながら集団復帰を目指し、今日一番の力を使い果たして最終周の中腹あたりでようやく合流。

集団の後ろにつけたは良いが、脚はもういっぱいいっぱいだったし、この荒れ狂う集団の中に今の体力で入っていく自信もあまりなかった。

それでも少しでも上位をと、無理のない程度で集団をくぐり抜け、最後のコーナー手前ではそこそこ前に出れていた。


しかし最終コーナーで前方で落車発生。

見事に足止めをくらい、そこで今日のレースは終わった。






イージーな展開だったはずなのに、僕だけやたらに脚を消耗するだけになってしまったレース。

今日のスタートはキツイだろうな…

めげずに頑張りますよ!!





それではオルヴォワール

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/18

ツール・ド・ラヴニール えたっぱ1



ブルターニュ地方からスタートしました、ツール・ド・ラヴニール。





第1ステージは4級山岳を2つ含む、起伏の富んだステージ。

狭く曲がりくねっている上、アップダウンが無限に続く、普通に走ってもキツイコースです。




今日のスタート前、日本から応援に駆けつけてくれたサポーターの方から、日本の皆さんが書いて下さった応援メッセージの沢山入った日本国旗を頂きました!

中にはサポーターの他にも、両親、そしてチームメイトからのメッセージもあり、とても嬉しかったです!!🇯🇵


皆さんありがとうございます!!



今日のレースはスプリントできる選手が上位に食い込むことを目標としてスタート。

僕自身、逃げの展開に絡むことと、最後のスプリントでできる限り前に食い込むことを目標に走りました。






レースはスタートからハイスピード。

なかなか逃げも決まらず、僕も何度かトライしたがどれも不発でした。


山岳区間で10数名の逃げが決まると、集団は少し落ち着きを取り戻す。

しかし、逃げに総合有力選手がいたせいか、集団の有力チームのコントロールにより、ハイペースに変わりはなかった。


レースが更に激しくなるのは最後の周回コースに入ってから。

8km弱の周回を最後に3周回してゴールするのだが、曲がりくねった細道や連続するロータリーを含む、とてもテクニカルなコースだ。

一周、また一周と周回を重ねるうちにポジションアップをしていく。

しかしやはりここはトップクラスのレース。

そう簡単に前に出れる訳ではない。

ましてや日本人など、欧州の巨体の中にそう簡単に割り込ませてくれない。

何とかくぐり抜け、ラスト3kmの段階で集団先頭まで上がれたのだが、タイミング的にまだ早く牽制が入っていた為、再び埋もれ始める。

何とか前の見える位置をキープできたが、このレースは少しでも気を抜くと集団後方まで追いやられるので命取りだ。


連続する2つのロータリーでごっちゃごちゃになりつつ、最後のスプリントへ。

埋もれたせいで、スプリントを開始した位置は良いものではなかったが、それでも少しでも上位を目指してもがいた。




結果は19位。

去年のラヴニールの最高順位が20位だったので、それをを1つ更新。


改めて上位に食い込むことの難しさを痛感しました。










余談ですが……


去年のラヴニールでチーム紹介の際にウケた「ボナペティ」ネタを披露すると、同じ司会者だったのでこれまた良いようにいじってくれて。

紹介を終え、ステージを下りると子供達からボナペティと度々言われるハメに。笑

嬉しかったけどね。

レース後までボナペティと言いながらサインを求められる始末。



皆さん、ボナペティ。








さて。

明日も似たようなブルターニュのコース。

積極的に頑張ります!
引き続き応援よろしくお願い致します!




それではオルヴォワール

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/17

明日、Départ!



気がつけば明日です。

全9ステージ。10日間の長旅。


TOUR DE L'AVENIRが開幕します。




去年初出場したこのレース。

あれからもう1年経つんですね…


楽しみです!


明日、第1ステージは現地時刻で12時40分スタートです。


どうやら現地ではテレビ中継もあるので、もしかしたら日本からも見れるかもしれません!


チームジャパンの応援よろしくお願いします!











今日はお昼に本場のガレットを食べれました♪


カヌレは食べれていませんが…


ご褒美カヌレ目指して頑張ります!







それではオルヴォワール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センタクキ!




コンピエーニュから車で6時間ほど。
プロムールという町までやってきました。

フランスの左上の出っ張ってる部分の辺りです。



明後日からレースだと思うとソワソワします…





さて。

こちらフランスではホテルにランドリーがあるという環境はごく稀。

去年もレース後はジャージ類を手洗いしてはとても古い脱水機にかけて…
と、原始的なことを繰り返していたわけですが。





この度ナショナルチーム初の洗濯機が投入されました!

アウトドア用?らしく、2人分の洗濯物が精一杯ではあるが、手洗いの手間が省けるのはステージレースにおいてはありがたい話だ。


しかし、室内でこれを動かそうとすると慣れてないせいもあるのか、手洗いより手間がかかるような……


チームで工夫して有効活用したいところだ。









ホテルの夕食で食べたクレームブリュレが美味で幸せでした。




それではオルヴォワール

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/16

ポキッ……(2回目)


激しい雷雨で起きた今日。



毎朝一番で入るホテルのレストランからはしばらくの間激しい雨の音が聞こえていました…




昨日今日とハードなトレーニング。

やっと調整には入れます。

あーキツかった。


明日、いよいよスタート地点の宿まで移動します。



ブルターニュ地方での前半戦。
聞くところかなり荒れたレースになりそうな…


脚の状態は悪くないと思うので、後は頑張るだけ!

今年は何かできるレースがしたい!


その為に今は身体を休め、決戦の日に備えることにします。







さて、

話は遡り、昨日の出来事。

ハードなトレーニングを終え、シャワーを済ませてメガネをかけようとしたその時だった。




ポキッ………




えっ?



それはもう、見事にポキッと音を立ててパーツが吹っ飛んだものだから、周りにいた人も

えっ?


となった。






この部分が見事に折れて吹っ飛んだのだ。



僕の人生初めてのメガネ、ここで仕事を終えました。
思い返せば6年くらいの付き合いになるのかな。


いままでサンクス…

いや、

メルシーボークー…

か。


そして、アデュー。





実はこのメガネは持って来るつもりではありませんでした。

今年の全日本の時に既に壊れていて、応急処置で直して使っていたので、今回は新調したメガネだけを持ってきたつもりだったのですが。

フランスに渡った日、宿に到着してスーツケースを開けると、そこにポツンとこのメガネが収まっていたのだ。


何らかの拍子で入ってしまったのか。



もしかしたらこのメガネ…

自分はもう長くないと分かって、僕と最後の想い出を作りたくて、スーツケースに混入してまでフランスに来たのかな。



最後まで僕のクリアな視界を支えてくれてありがとう。



着け心地、良かったよ…






それではオルヴォワール


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/13

やっと会えたよ






やっと会えたよ


美味しいカヌレに!


コンピエーニュの春にも行った店に今夏も行ってきました!

今日は日曜だし、お店やって無かったらどうしよう…

とか思ってましたが、ちゃんとやってました。
ちゃんと置いてました、カヌレ!!





嬉しくて自撮りしちゃうよね。


この店の甘めのカヌレも僕は好き♪

これで久々のカヌレチャージ完了!



モチベーションがググッとアップしましたよ!!





明日の練習は追い込み気味に強度を上げて、いよいよ始まるラヴニールに備えます!



それではオルヴォワール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/12

ひとまず…



長旅を経てコンピエーニュに着いたのは現地時刻の19時頃。

出発したのが9時半だから…

だいたい10時間弱ってとこですかね。



今は夕食を済ませ、部屋でのんびりしているところです。

春遠征と同じで、雨澤さんがルームメイトになりました。



今日は特にネタらしいネタは無く…
途中カヌレに出会うことなく…


明日からコンピエーニュで探すことにしますよ……










さて。

今日は…厳密に言えば日本時間で昨日か。


中間報告会でしたね!


サプライズでビデオメッセージという形で出演させていただきました!


楽しんで頂けたでしょうか?


2年連続で参加が叶わなかった報告会ですが、今回はこうしてビデオメッセージ出演ができて良かったです♪


僕らはこれからラヴニール、世界戦と、アンダートップクラスのレースを走ってきます。

結果を出して、強くなって、日本に帰りますので、応援よろしくお願い致します!!




それでは今日はこの辺で。

オルヴォワール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/11

ポキッ……



ここ最近雨模様ばかりで寒いレ・セジーからお届けしています。

今日は日本ではチームのボウリング大会だったようで…
楽しそうだなぁ。

結局2年連続で参加できませんでした…






さて。

気がつけば、レ・セジーで書くブログも今日が最後となりました。

明日は1日かけてアルプスから春遠征で滞在したコンピエーニュへ移動します。


長い長い車旅です…













そんなアルプス最終日。

雨だった為、下界は晴れているだろうとわずかな希望を持って車で下山。

しかし…

雨は降っていて、むしろ強くなっているほど。

カフェして少し待ってみよう。止むかもしれない。

という浅田監督の提案で町のパン屋へ。




僕はアップルパイとカフェラテを注文♪

久々の甘い物で嬉しかった♪♪

カヌレが無かったのは残念だったが…


他のみんなはほとんどフランを注文。
確かに美味いのはわかるけども。日本人が店のフランの在庫を買い占める形になった。笑

美味しく頂いてる最中、向かいの席でポキッと折れる音。

柔らかいはずのフランを食べていた山本がプラスチックスプーンを折ってしまったようだ。

これにはみんなで笑った。



その後少しして。



僕も美味しくアップルパイを食べていたのだが。





ポキッ……









人のこと笑えないやんか…笑





結局、雨は止まなかったので宿に戻ってローラートレーニング。


次にここに来るのは第7ステージの時だな。








調子は?





うん。きっと良いはずさ。



ラヴニールまで1週間を切っている。

引き締めていこう!





それではオルヴォワール



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/10

フランスで食べる納豆の味


ボンソワール。

日本は連日暑いと聞いています。

いかがお過ごしでしょうか。


こちらは今日の最高気温は9℃と、季節が変わったんじゃないかと思えるほどです。

ちなみに明日の予報は7℃…



今日は車で下山し、雨の中ヒルクライムをしてきました。

雨こそ本降りにはなりませんでしたが、濃霧と跳ね上げでしっとり濡れて。

フル装備で走ったものの、指先つま先が見事に凍えました。

でも、僕はこれくらい寒い中で山を上る方が調子が良いらしく、こっちにきて以来最もいい数値になりましたとさ。














今回の遠征のお供は盛りだくさん!

どれもこれもサポーターの皆様から頂きました!

納豆や味噌などといった、「日本の味」がたっぷりです♪

遠い異国の地にいながら、これだけの種類と量があれば、日本の味が恋しくなっても問題ありません!

納豆も、工夫次第で様々な味わい方が楽しめるのでとても嬉しいです♪


差し入れをくださった皆様、ありがとうございます!

まだ1ヶ月以上続くので、納豆食べてコンディショニングに努めます!












さてさて。

今日は僕の母の誕生日です。

2年連続、フランスからのお祝いになってしまいましたが。



これからもインパクト満点の母であってほしいと願っています。

お誕生日おめでとう!

Joyeux anniversaire!





それではオルヴォワール。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/08/09

平坦は僕の味方



今朝からとても冷えた今日。




この写真は昨日の夕暮れ時。
幻想的な景色が広がっていました。
ケータイのカメラでは限界がありますが…






昨日の悪天候の影響か、今日の最高気温は宿のある町で12℃といったところだ。





これは夏ではない。






今日の練習は車で山を下りた後、平坦基調のコースを2時間まとまって走りました。


なんだかもうすぐ自分の中に眠るクライマーの本能が覚醒しそうな気がする僕は練習前、浅田監督に同じ2時間を使って山を上っていいかと聞くと、

「最近は山ばかりだったし、平坦も走った方がいいぞ」

とのこと。

確かにその通りだと、指示に従い平坦を走った。


走っていると確かに僕は平坦での走りの方が気持ちがいい。

日本でのレース以降、ちゃんと平坦でもがいてなかったので一本スプリントしてみた。

スプリントの仕方を忘れた訳ではないが、ベストの出力と比べると低い値だった。


でもスピード出る平坦の方が楽しいな。


練習後、上る組みと別れて車に乗ると浅田監督が、

「どうだ、平坦の方が良かったろ?」


はい。その通りでした。



僕はクライマーではない。



上れる事に越したことは無いが、自分の得意分野を活かした走りをしなければな。










その浅田監督から、先日マドレーヌで撮った写真を頂いたのでここで。



同世代の強い選手との練習は毎日刺激的だ。


刺激し合い、強くなっていくことにしよう!

どうやら近くの国で走ってる弟も成績を出しているようなので、こちらとて負けてられませんね。









しかし、明日も荒れる天気予報…

予想最高気温がとても夏とは思えない…


さて。どんな一日になるかな。




それではオルヴォワール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/08/08

とても寒いオフの日



アルプス3ステージの試走練習を終え、今日はオフの日。


明け方、嵐のような暴風雨と雷の音で目覚め、それからというものシトシトと雨が降り続けています。



晴れ間が見えたりするんだけど…

スッキリしません。



今日はまた、アジアチャンプジャージでローラー練習を1時間程して終了。

Wi-Fi環境もない事から、部屋でする事に悩む1日です。

まぁ…身体を休ませるにはいい機会だし、しっかり休もう。






ブログ更新だけでも、とWi-Fiを求め外へ出ると、これはもう寒いのなんの。

寒さで手がかじかむほどの冷気。

今回持ってきている精一杯の暖かい格好をしてでも寒い…

冬用の装備でもいいくらいだ。


山の上をナメたらいけないな……





暑いのは苦手だけど、こうやって急に寒くなられるのも調子が狂ってしまう。


明日はいい感じに涼しく晴れてくれることを願うしかない。





美味しいカヌレ食べたいな。



それではオルヴォワール。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/07

超級とはよく言ったものだな



今日はツール・ド・ラヴニールの最終ステージの試走。

兼トレーニング。



全長25kmの超級山岳を上り、最後は12kmの1級山岳の頂上でゴールする106km。

第8ステージ同様、とても106kmの感覚では走れないボリュームだ。


一発目の超級山岳。カテゴリHC。

25kmもあるんかいな。

しかも頂上は標高2000m。





この峠の名前はマドレーヌ。

美味しいお菓子と同じ名前にしては容赦ない山だよ。

頂上行ったらマドレーヌあるわけじゃないしさ。


そんなマドレーヌ峠を今日もまた、ヒーヒー言いながら上りましたよ。

でもやっぱり、頂上にたどり着いた時の達成感って気持ちがいいよ。



とっても辛いのだけど。


しかし、こんな辛い毎日だが、上りの感触は日に日に良くなっている気がする。

気がしている、だけかもしれないのだけれど。



ハッ!

僕の身体の奥底に眠るクライマーの本能が目覚めようとしているっ!!?




だが僕はクライマーではない。




そろそろ高地トレーニングも後半戦。

仕上げていこうか!





それではオルヴォワール




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/08/06

着る機会が少ないもので



今日は回復日。


天気は曇り…というか霧。時々雨。





流石は山の上とだけあって、霧になれば辺りは真っ白。

おまけに寒い。

久々に長袖で1日を過ごしました。



雨が降っていたので、今日の練習はローラーです。

脚もくたびれていたのでシャカシャカと小一時間回して終了です。

そんな今日のローラー練習で使った練習着は…






ここに来て初めて着ました、アジアチャンプジャージです。笑

篤志が気を使って撮ってくたので。


残念ですが、こんな機会でしか着れないものですから…






さて。


また明日は最終ステージの試走。

過酷なアルプスの山々を上ってきます。



しっかり休んで備えよう…!!





それではオルヴォワール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/05

思い出す、あの時の過酷さ



今日は第8ステージの試走でした。

コース自体は120kmのコースなのだが、とても120kmの感覚では走りきれないコースだ。



スタートしてすぐに全長20kmの1級山岳を上る。
下って今度はカテゴライズされていない5kmほどの山を超え、2度目の1級山岳13kmを上る。
下った先はアップダウンを経て6.5kmの2級山岳の頂上ゴール。

メーターが記録した獲得標高は4240mにもなっていた。


いやこれはキツイ。


スプリンターではないものの、平地マンな僕にとってはイジメとしか思えないようなコースである。

本番はトップクラスのクライマー達が熾烈な争いを繰り広げるのだろう。






今日の最初の山岳、Cormet de Roselendはツールでもお馴染みの山岳。





そして昨年のラヴニールの第7ステージでも走った山岳だ。

昨年もそういえばスタートしてすぐに上るところにあったなぁ。

上りで集団から遅れた僕は下り区間からしばらくひとり旅をしたのだった。

過酷なステージだった。





今日は見覚えのある周りの風景を見て、そんなことを思い出しながら上ったわけです。

一発目の上りは割と調子が良く、頂上の1968m地点まで快調に上ることができた。



いよいよ上りだらけの高地トレーニングの効果が出てきたか!?

…と期待したが、それもつかの間。

次の山岳を登り終える頃にはもうヘトヘト。

トドメのラスト2級山岳では完全に脚が売り切れ。

とても苦しい1日になった。



ラヴニールでは6日間を戦った後にアルプス3連戦を走らなければならない。


大会当日までにできる限りの努力をして本番に備えよう。





夕方のレ・セジーの町には、来てから初めて雨が降りました。



虹と横山君です。




それではオルヴォワール



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/04

モンブランが撮れない



今日は回復日。

昨日がハードだったので身体もバッキバキ。

皆んなと2時間ほど軽く脚を回して帰ってきました。


帰ってからはレ・セジーの街をぶらり。






みんなでジェラート屋さんに行きましたよ♪

デリッシュ!

洋梨味はアタリでした♪


また練習後に食べに来ようかな。





そして僕はカヌレを求めてパン屋へ。



あった!!


やっと見つけたカヌレ!!



我慢できずパン屋の前で頂きました!

が!

このカヌレ、粘土が高いというか、味は確かにカヌレなのだが、理想のカヌレの食感ではなかった……

せっかく出会えたカヌレが少し残念でしたが、とりあえずカヌレ食べれたので回復です!


美味しいカヌレ焼いてるパン屋ないかな〜











そういえば今日の練習の帰り道、車に自転車を積んで帰ってきたのでモンブランを撮るチャンスが!!








ところがモンブラン、厚い雲に囲まれ、麓のあたりしか見えませんでした…



明日はラヴニール第8ステージの試走です。

またハードな1日になりそうだ…




それではオルヴォワール。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/08/03

モンブランを撮りたい


本日も憩いの間よりお届けします。

現在宿泊中の宿からは、静かな朝にはアルプスの景色のどこかからカウベルの音が聞こえてくるという、ヨーロッパらしいのどかな朝を堪能できます。

そんな涼しい朝に景色を見ながらコーヒーブレイクとは贅沢なものですよ。

これでカヌレもあったらなぁ…









今日はツール・ド・ラヴニールの第7ステージの試走を兼ねたトレーニング。


コース自体は全長120kmに満たない距離だが、モンブランの麓のスタート地点までも走って行ったので総走行距離は140kmを超えるトレーニングとなりました。


そんな今日、スタート地点まで下る最中に自分のうっかりミスで落車。

イン側の溝にタイヤを取られてしまいました…

怪我は大事には至らず、すぐに今日の練習にも復帰できました。

はぁ…早速フランスの道と馴れ馴れしく触れ合ってしまったよ。



しかし、転けてからの獲得標高2800m超えの試走兼トレーニングはとてもキツかった。


二級山岳を2つ超え、最後に一級山岳の頂上でゴール。

そのゴール地点が今の宿。


他のメンバーはみんなイケイケでとにかくキツかった。

落車の影響もあったが、上りに対しての耐性はまだ未熟なもので、しばらくしんどい日々が続きそうです。

去年もスロースタートだったけどレースまでにはコンディションは上がっていたので、焦らずコツコツトレーニングします。






そうそう、ヨーロッパ最高峰「モンブラン」の写真をずっと撮りたいと思っているのに、見えるタイミングがちょうど自転車に乗っているタイミングなもので撮れないんですよね…

今日も大迫力の景色を堪能してきました!とだけご報告。

言っておきながら写真を載せないとかブーイングものですね…

すみません!もう少しお待ちください!!





それではオルヴォワール。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/08/02

カヌレスィルブプレから始めるフランス生活



フランスに来ています。



昨日の深夜、リヨンの空港から2時間と少し車を走らせ、アルプス山脈の一角にあるレ・セジーという町の宿に到着。

昨夜は眠いし暗いし何があるか分からなかったが、今朝起きて窓から見えた景色は間違いなくアルプスだ。






近くにはでっかいモンブランもあります。

あ、もちろんスイーツではなくヨーロッパ最高峰の山のことですよ。



そんな標高1650mの町で、今夏の欧州生活が幕を開けました。



残念ながら今回のホテルの部屋にWi-Fi環境がありません。

なのでこのブログをアップするために通称「憩いの間」と呼ばれる場所まで来ています。

なので部屋では携帯を見ず、広大なアルプスの景色を堪能することにします。
日によっては更新できないかもしれませんが、できる限り頑張ります!









さて、今日から早速トレーニングが始まったわけですが。



今日は軽く3時間弱のトレーニング。

明日からツールドラヴニールのコース試走を兼ねたキツいトレーニングになるので、それに向けて脚を整えました。


久々のヨーロッパの夏。


どんな出来事が待っているのか…







そういえば…


残念ながら今日は近くのパン屋さんに行ってもカヌレは置いて無くてですね…

早くもカヌレ不足の危機に立たされているカヌレボーイです。

昨日空港で食べたカヌレ↓を最後に、しばらく食べれないのでは無いのかと不安です…



しかしフランスのカヌレはラム酒の香りが濃い気がします。

日本のものと比べ、より大人風味になっています。

それも作る店で微妙に味が違うから楽しみなのだけれど♪



次はいつ食べれるかな……





それではオルヴォワール。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/01

行ってきます。






間も無く搭乗です。


2ヶ月のヨーロッパの旅。


ブリッツェンアンダー3人組の珍道中が始まります!


今回はどんなカヌレに出会えるかな♪




それではみなさん、オルヴォワール。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »