« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/31

チェコ共和国にやってきました。


成田〜アムステルダム

アムステルダム〜プラハ

そしてプラハの空港から約4時間の車移動の末、今回のレース期間中の宿に到着しました。






チェコですか。

空港から出ると、やはり漂う雰囲気というか空気というのは日本とは違うものを感じます。

感覚的には夏の終わり頃の夕暮れ時の感覚。


そんなことを感じていたら雷鳴が。



それはまあ凄い雨でした。

ゲリラ豪雨かそれ以上のものを思わせる雨がひたすら降り続けました。


宿に着いた頃には夜も更け、しかしながら時差や車移動中の睡眠により、よく分からないタイミングと感覚で寝ることになりそうです…


朝食が8時からと聞いてガッカリしてますが…

明日からのチェコ生活を楽しもうと思います。


それでは、ドブロウノッツ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/05/25

辿り着けなかった


悔しさと、申し訳ない気持ちで一杯です。



不調と闘い続けたTOJ。

初日から思うように動かない身体に腰痛と闘い続け、今日まで何とか生き長らえた。
昨日は平坦コースで不調もある程度は誤魔化せたし、割と得意なコースだったので勝負に絡めたのだが。

今日のコースでは誤魔化しきれなかった。



朝から雨が降り続け、寒さの中パレードスタート。

コースに入ってリアルスタートした途端ペースが上がり、頂上までハイペースは続いた。
僕は割と前方で上り区間には入れたので、ズルズル後退しながらも大きな遅れを取らずに上りをクリア。

下りきる頃にはメイン集団に復帰できた。

しかし脚はもう一杯。
身体もかなり重かった。

2回目の上りはペースが落ち着いていて、集団のままクリアできた。
だが、次の上りで少しペースが上がった途端に僕は集団の最後尾で今にも千切れそうになりながら走る状態に。

頂上に着く頃には集団は見えなくなっていた。

懸命に前を追ってみるも、集団の姿は見えて来ない。
追っているつもりでも、全然進んでいなかったのだろう。

コントロールラインを通過すると、すでに先頭から3分以上の差が。

次に通過したら7分…

次は11分…

差はみるみる広がり、ここまできたら足切りを待つのみとなってしまった。


いよいよ僕のすぐ後ろを走っていた車が僕に並び、「終わりです。降りてください。」と告げられた。




僕のTOJが終わった。




東京ステージでスプリントしたかった。
アフターパーティー会場からの夜景が見たかった。
残念だがそれは叶わない。

応援してくださっていた方々には申し訳ないです。
これから東京に近づくにつれサポーターの方々も沢山来てくれるというのに、そこで僕は走れません。

ごめんなさい。

気を取り直してまずは不調を回復させようと思います。


残り期間も、宇都宮ブリッツェンの応援をよろしくお願い致します。



それではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/05/24

やっと前が見えた


4日目は美濃ステージ。

TOJでは数少ない平坦系コース。



僕がTOJで目立てるチャンスがあるとしたら、初日の大阪と今日の美濃、そして最終日の東京くらい。


これまでまともに走れていない僕は、今日こそはしっかり走りたいと挑んだ。


昨日まで僕と縁のなかったトップグループでは激しい争いが繰り広げられ、リーダーチームを始め強豪勢にとっては今日のステージは中休みのような位置づけだったのだろう。

スタートしてすぐに2名のアタックが決まって以降は、リーダーチームのコントロールで集団は落ち着き、一時はサイクリングペースでレースが進んだ。


チームのプランとしては、狙えるようなら篤志と僕でゴールスプリントをする予定だったので、終盤に向けチームで固まり位置取りを始めた。


残り一周。
集団内は位置取り争いが激化して密集度が増して行く。

チームもバラバラになりかけていたが、僕はアベタカさんとくっつき集団をかき分けて行く。

アベタカさんから

「調子どうよ?」

と聞かれ

「最後残れれば勝負できます」

と伝えると

「よし、じゃあ俺の後ろで待機しててくれ」

とアベタカさん。
これにはカッコよさを感じた。


集団をかき分け前へ進んで行く。
途中チームメイトと合流しながら割と前方に位置取れた。


最後の上りの手前でアベタカさんの強烈な牽引で一気に集団先頭へ。

そのおかげで前から5番手くらいで上りへ進入。
強豪勢の猛烈なペースに食らいつけず、ズルズルと後退しながら登って行く。

前に篤志を含む15人ほどの先行を許し、少し遅れて上り終えた僕は、下り区間で必死に前を追い、下りきる前に先頭と合流。

篤志に声をかけ、後ろにつけて最後の連続直角コーナーへと進入して行く。

ここまではポジションも良く、狙える位置を2人で保てていた。

しかしこのコースの難しいところは、最終コーナーからゴールまでの直線が1km以上あること。

最終コーナー立ち上がりまでは良かったが、ここから篤志を引き連れて1kmもがき切る自信も無かったので周りの様子を見ながら備えた。

しかし、この直線で先頭はゴッチャゴチャに。

いよいよ残り500mとなった辺りで後ろを見たら、篤志が別の方向へはぐれてしまっていて、これはどうすべきか迷っている間にもスプリントは始まっていて、慌てて単騎でスプリントを始めたが届かず9位でフィニッシュ。

篤志が8位だった。

勝負できる位置に2人いながら、最後の最後で上手く連携できなかったのが悔やまれる。


しかし僕にとって久々に先頭が見える位置でのゴールだったので少し気持ちが晴れた気がした。

レースは難しい。




明日はいよいよ山場となる南信州ステージ。

僕は生き残りを最重要課題として、少しでも長く集団に残れるよう頑張ってきます。




それではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/05/23

ただただ辛かった



去年はこんなにキツくなかったはず…


レース中にこんなことを思うのはショックなことだ。

成長してないのか?
強くなってないのか?


進歩や成長を感じれないとモチベーションを高く保つのが難しくなる。

今日のステージは気持ちの面でも肉体的な面でもとにかくキツかった。



激坂を含む上りが1つ。あとは長い下りと緩やかな上りのみのシンプルながら厳しいコース。

去年は集団の前を引くなど仕事をしていたコースなのだが、今年は後半になると集団にしがみつくのが精一杯になってしまっていた。

去年と比べると展開もプランも違いますが、このキツさは想定外。

思うように動かない身体を引きずり何とか完走したはいいが、このままでは先が思いやられる…


早く復調しないだろうか…


レースはまだ続く。気を落とさず頑張ろうか。



それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/05/22

腰ブレイカーなコース



去年もここで腰をやられた。

京都ステージ。



ハイスピードな上りとテクニカルな下りで構成されるこのコース。

去年同様腰をブレイクされました。

加えて今年は謎の不調状態からの脱出にも時間がかかっており、それはまぁ耐えるだけの厳しいレースだった。

しかし、前半から後半まで集団前方に常に位置取れていたのは良かったのかなと。

今日は何もできなかったと落ち込んでいたが、アベタカさんに今日の位置取り良かったよと言われ救われました。










そんなアベタカさんがトイレに閉じ込められた話でもしましょうか。


夕食後、部屋に戻り各々のんびり過ごしていた最中。

ガタガタッガタガタッガタガタガタガタッ!

と激しい音が聞こえてくる。

近くにいた譲さんと何の音だろう?と目を合わせていたら、

「誰か助けて〜」

トイレから悲痛な叫び声が。

トイレの中にいたのはアベタカさん。
閉めたロックが開かなくなってしまい、閉じ込められてしまったようで。



譲さんと僕とで色々と策を考え、最終的に包丁でこじ開けることにより救出成功!

脱出成功したアベタカさんと譲さんとで思わずハイタッチしました。笑



こんなこともあるんですね。


明日からも何があるか分かりません。




それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/21

あえて触れないスタイル



TOJが幕開け。

雨の去年とは違って猛暑日並みの暑さの中でスタート。



2.65kmのコースを一周する個人タイムトライアル。


正直、この極端に短いTTは苦手としていまして。

結果も平凡なもので。

上位に食い込むことはできませんでした。



しかしTOJは明日からが本格的なロードレース。

気合い入れて挑みます。


明日は京都。
去年ここで見事に腰をブレイクされ苦いた思い出があるが、できることを精一杯してみようか!





そういえば、今日のプレゼンテーションで1人だけ違うキャップを被って行ったのですが…

プレゼン中は特に触れられることはなく。
まぁ、触れられるつもりで行ったわけではないので良いのですが…

気づいた人はどれくらいいたのかな〜?笑

まぁ、飯野さんがポディウムキャップを忘れてしまったので、僕のポディウムキャップを貸してあげて、僕は代わりにもう1つ持っていたオリジナルキャップを被ったわけでして。

ちゃんと理由があったんですよ。笑





それではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/05/20

いよいよアツい8日間の幕開けだ



1年ぶりに帰って来た。

TOJスタート地点の大阪。

暑い。




いよいよ明日からワクワクドキドキの8日間が始まります。

去年は完走するだけって感じだったが、今年はもっと見せ場を作りたいと思う。

不調から脱出しきれたかは定かではないが、この期間中に調子は戻ると思うのでポジティブに挑みたい。





よし、まず明日のクリテとTTは楽しもう!



それではまた!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/19

パンにカヌレ…補給はバッチリ!


明日はTOJに向けて移動日。

久々の国内遠征なので少し楽しみ。


今日は軽く乗って調整。

ふと思い立って、フランス菓子屋さんに行ってみた。



差し入れでは頂いたことはあったのだが、自分で行ったことが無く気になっていたお店。

ル・コフレ

店に入った瞬間、カヌレが目に飛び込んで来たよ。

日本でもこうしてカヌレが並べられている……

しかもフランスでも日本でも、カヌレが置かれるポジションは、ショーケースの上か最上段。

ここはカヌレのワールドスタンダードな指定席なのかもしれない…



レース前のカヌレ補給はバッチリ。





午後は機材の積み込みの為事務所へ。

帰り道にパンデパルクさんにお邪魔しました。



実は来たのはこれが初めて。

やはりパン屋っていいよなぁ〜
お店に入った瞬間のあの香りといい、並べられた美味しそうなパンの数々。



個人的ツボなパンはコレ!

「太陽の神様」

夏野菜を豪快に乗せたこのパンは、使っている材料がラタトゥイユと共通してるものも多く、みた瞬間フランスかぶれな僕の食欲を誘った。
ラタトゥイユと味こそ違うが、季節の味とチーズがいい具合に絡み合って、夏野菜を美味しく楽しめるパンだった♪


他にも魅力的なパンが沢山!

また日を改めて食べに行くとしよう♪




さ、TOJ!

いっちょ頑張りますか!


それではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/05/16

ラジオは楽しい



今日はレディオベリーの生放送。
ロードスピリッツに出演してきましたよ。


スタジオに向かう途中の車中、この後出演する番組を聴いていて、この後自分が登場しますと紹介されているのを自分で聞くと何だか少し小恥ずかしい気にもなったりして。


でもラジオを聴いていて思うのは、パーソナリティの方は凄いなぁと。

声だけで様々な物事を分かりやすく聞き手に伝えられる術だったり、ゲストから上手く話を引き出せる話術だったり。

きっと色々な言葉を知っていて、表現の幅が広いんだろうなぁ〜って思います。


今日も生放送中にそんなことを思いながら話をさせて頂きました。
やはり上手な話術を持っている人と話すと面白いんです。
どんどん話を引き出してもらえるので、自然と話せる楽しさがあります。

自分も一度はラジオパーソナリティみたいに喋って、聞き手を楽しませられるようなラジオ放送をしてみたかったりします。笑

いつか来るかもしれないその時のために、今はトークの練習ですね♪



そんなレディオベリーの生放送の際は、いつもスタジオ前に沢山の方が駆けつけてくれます。
スタジオ前まで来て聴いてくれるなんて嬉しいことです♪

そして放送後にご挨拶に行くと、差し入れを下さったりもします。

今日はカヌレとストロープワッフルを頂きました!




おかげさまで、食後のコーヒーはとても充実してました♪♪


皆様いつもありがとうございます!






さーて。

僕もカヌレを上手く焼けるようにならねばな!!



それではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/05/14

我が家の母の日は


年に一度のイベント、母の日。


そういえばここ最近はこれといって何もしてあげられていなかった。

高校卒業後は那須にいたし、実家生活が復活した去年も、ロングトレーニングに出かけてたし…(ちなみにその練習先は那須)




幼い頃は小遣い握りしめて近くの花屋に行き、自分なりに選んで小さなくまのカーネーションをプレゼントしていたなぁ。

なんて思い出して。

今年は何かしようと欧州遠征中から考えていた。



で、まずはプレゼントの用意から。

何がいいか悩んだ挙句、思いついたのがオリジナルTシャツ。

花なり、化粧品なり…
沢山思いつくものは沢山あったのだが、他には無い独特なことをしたいこの僕の性格上、それは許されなかった。

で、自分が考案したデザインで世界にたった一枚のTシャツをプレゼントすれば、それは他には無い特別な母の日のプレゼントになると考えた。


ひとまずプレゼントは決まった。

これはフランス滞在中にデザインを考案し、オーダーを済ませた。


しかしプレゼントだけでは物足りないので、せっかく習得した料理スキルで、ディナーを作ろうと考えた。


ここまで考えればあとは実行。


料理に関しては、父と相談した上でサプライズとかは特になしにして、朝のうちに今日のスケジュールを伝えた。

僕は練習が終わった後、食材の買い出しに出かける。

メニューは、「ヤンソンさんの誘惑」にお得意の「ラタトゥイユ」もプラス。

スウェーデン料理とフランス料理のミックスだが、味には自信があるので一度食べてみてもらいたかった。




ラタトゥイユは各野菜を細かく切り、これまではピューレも使っていたのを、今回はトマトペーストのみを使って調理する。

野菜のサイズの統一感と、ペーストで仕上げた適度なトロトロ感でいい感じに仕上がった。




ヤンソンさんの誘惑は、これで作るのは2回目だ。
日本ではフランスで手に入る食材と少し誤差が生じる。

買い出しに出かけたスーパーではアンチョビなるものが見つからず、イワシの缶詰で代用。

それはまぁ沢山食べる我が家の弟達のためにも量は多めの設定だ。




こんな感じにできました。

うむ。悪く無い。



家族の反応は良く、大食らいの慶も満足げだった。
母も美味しいと喜んでくれたので何より。


その後は、買ってきてあったケーキを皆んなで紅茶とともに食べる。




と、そこで僕のサプライズプレゼントの登場だ〜!!


とても嬉しそうに受け取った母であったが、手に取った瞬間中身を察したらしく、開けて爆笑。





我が家の母らしい独特のデザインに仕上がりましたよ。
ちなみにデザインにもあるように、我が家の母の呼び方は「かっか」なのである。



今年の我が家の母の日はこんな感じでした。




かっかよ、いつもありがとう。


それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/10

さらば。ヒゲ。



1ヶ月くらいだろうか。

フランス滞在中に伸ばし始めたヒゲ。

ちょっと変わった自分の容姿に新鮮さを感じつつも、自転車乗ってると風になびいて気になるなぁ…なんて思ってたりしてたヒゲ。


周りからの意見も様々で、

家族からは怪しいマフィアだとか言われるし、かと思えば人気俳優だったり、30年前のシンガーみたいだったり、苔が生えてると言われてみたり…


とりあえず見慣れない僕のヒゲルックスに皆さん敏感でした。笑




結論から言うと、似合わない。




僕にヒゲは合わないようですね。

チーム内でも既にヒゲキャラは確立していますし、僕はヒゲキャラではないですからね!

それに、あのマーベリックだってヒゲは生やしてなかったし。





と、いうわけで。

数ヶ月放ったらかしで伸び放題だった髪の毛をお馴染み「クアリータ」様でカットして頂き、同時にヒゲともグッバイしました。


久々のツルツルな鼻下が新鮮です♪



小野寺玲ヒゲver.を楽しみにしていた方には申し訳ないですが、不評の為しばらくはノーマルルックのままでいかせて頂きます!



内容的に写真があっても良いんじゃないかって思うかもしれませんが、すみません。写真ありません。



それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/09

オフショット公開



いやいや、まぁまずはお仕事中の風景でも。



昨日出演させていただいた、CRT栃木放送のイナズマRadioでの一コマ。

そういえばスタジオに入って収録するのは久々だったなぁ。
今年入って初めてだったと思います。

久々の防音室の雰囲気を楽しみながら喋らせて頂きました♪


ちなみに今月は他にもラジオ出演盛りだくさん!
皆さんお楽しみに♪









さて、タイトルの通りオフショットを一部公開しようかなと。

欧州遠征中の写真を見返していたら、ブログにでもアップしないとそのまま役目も与えられず忘れられそうな写真がちらほらとあるので、せっかくなんでアップしようと思います。






まずはコチラ。




ロード選手にはお馴染みのマッサージシーンですね。
現地のニコラマッサーに施術してもらっているところです。

あるレース前日の昼時。
ユーダイに盗撮されてました←






続いてコチラ。




最後に出たレースの出走前の一コマ。
これもユーダイ撮影。


その日の朝は冷えていて、皆脚にホットクリームを塗ってもらっていました。

僕も同様に脚に塗ってもらいましたが、お腹が冷えるのが嫌だったのでお腹にも塗ってくれとニコラマッサーにお願いしたのでした。



ところがこの話には続きがあり…

実はこのクリーム、極寒時に使うようなかなりアツめのホットクリームだったのです。


そうとも知らず、お腹にたっぷりと塗りたくってもらった僕。

レース後半、猛烈にお腹が痛くなりました。
内臓的な痛みではなく、とにかくお腹周りの皮膚がヒリヒリする。


脚ですら軽くヒリヒリするのに、それを皮膚の弱い腹周りに塗りたくるとは……

僕もまぁ馬鹿なことをしたものです。


レース後はしばらくお腹を洗ってましたよ。



とまぁこんな感じで。
何枚もあるのを期待した方には申し訳ないですが、これで全てです。


もっと写真があれば楽しいブログにできるんだけどなぁ〜


ネタ探し頑張ります。←




それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/06

今日は食事当番



未だ時差ボケに悩まされ続けたいる小野寺です。こんばんは。


そんな僕、今日は急遽食事当番になりました。





まぁ僕も料理したかったし、こちらに来ていて明日帰る祖母もぜひ食べてみたいとのことだったので、小野寺シェフ復活です。


メニューは

ラタトゥイユとサーモンのムニエル


すっかりフランスでそのレシピをマスターしたラタトゥイユと、フランスで作ることのなかった魚料理を組み合わせてみました。





こんな感じ!

ボナペティ♪


祖母も弟達も美味しいと食べてくれたし、良かった良かった。

またいつでも、機会があれば料理しようではないか。

個人的にオーブンを使った料理が食べたいので、次はオーブンで何か作ろうかな。



次回の小野寺シェフに乞うご期待!







しかし…日本は食材が高いですね!
久々に日本のスーパーで買い物をしたが、ラタトゥイユの具材を揃えるのにも、フランスで同じ量を買うのに比べて倍はしました…


これも土地と環境の差なのか…





それではまた。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/05

高度10000mでカヌレをボナペティ



帰国して一夜明け、見事に時差ボケにやられている僕です。


昨日はいつ寝たか分からないまま寝に落ちて、活動量計アプリで確認したら10時間近く寝ていたようで。

朝もすっきりしない状態が続いて、練習に行っても身体が重くて……



しばらくは我慢して頑張ります…







さて。帰りのフライトの話でもしようか…


現地時刻13時35分発の便でした。

荷物預けに時間を要し、自由な行動が可能になったのはボーディングゲートオープンの45分前。


出国審査や手荷物検査もあり、今回はゆっくりお店を見ることはできなそうなので、お土産を買うのは諦めて…。


搭乗券には座席が〇〇Bとなっており、

あぁ、端3列シートの真ん中か…

と少しガッカリしていたのだが。


乗ってみると、トイレ前最後列の2列シートの通路側!

隣は雨澤さんだ。


これはなかなかいい席。
座席のリクライニング量は多少制限されてしまうが、後ろを気にする必要がないのがいい。

そして通路側だしトイレは目の前。

長距離便では最高の環境だ。



とまぁ、そんなわけで座席には満足。

12時間弱のフライトの始まりだ。


実は空港で最後のカヌレを買っており、飛行機に持ち込んでいた僕。

2つ買って、
1つは高度10000m(32808feet)以上の高度でのカヌレを味わうためのものと、
もう1つは日本に持ち帰って風味はどう変化するかの実験用だ。



さて、機内では初めてカヌレを食べます。

お腹も空いていて、我慢できずに高度10000m手前で食べ始めてしまったのはさておき。

そのお味は…







うん。あまり変わらないね!

買ってからカバンに入れ時間が経っていたせいもあり、しなしなになってしまっていたし…

そして思わずもう一個←


勢いあまって2つそこで食べてしまった。

なので日本に持ち帰って食べる検証はできなくなりました。笑


夕食までの間、ドリンクサービスがあったので、ちょっと大人なチョイスをしてみましたよ。



赤ワイン!
機内でアルコール飲料を飲むのは始めて!

いやぁ〜美味し♪

ずっと頼んでみたかったんだ〜♪




カヌレを食べて1時間ほどすると夕食が出てきた。



エコノミークラスの食事は割と普通。

でもアジア戦の帰りに乗った飛行機の方が同じエコノミーでも美味しかった。


食事を済ませたら時差ボケ対策の為にも寝よう!!

と決めていたが、思うように眠れず…

どうも落ち着かないので映画を一本見てから寝ようと思い、しばし映画観賞。




だが眠れん。


しばらく音楽を聞いて目を閉じてみたが。


眠れん。


文字を読めば眠くなるかなと、持って来ていたラノベを読んでみたが。


眠れん。


いつの間にか一冊読み終えてしまい、もう朝食の時間まであと2時間くらいしかなかった。

2時間でも寝たい!とは思ったがやっぱり眠れず、結局着陸2時間前の朝食まで起きていた。



朝食に、今回の遠征期間で好きになったフロマージュブランク(ヨーグルトとチーズの中間のようなモノ)と通称リンゴのスリスリと呼んでいるリンゴのすり身のようなものが出て嬉しかった。


食べ終わったらもう日本が見えて来て、飛行機は高度を下げていく。



あ、マップの中に宇都宮市と鹿沼市が見えたよ!



同時に時差ボケを覚悟した瞬間だった…






日本に帰国!

ナショナルチームのメンバーとはここで解散。


田村メカに空港まで迎えにきてもらっていたので、そこから自宅までは楽に帰れました。





というわけで、現在時差ボケ真っ只中でございます。


仕方がないので我慢して元に戻していくことにしますね。




しかし日本は暖かい!むしろ暑い!
季節はすっかり変わっていました!




それではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/05/03

パリより愛を込めて



人生2度目のフランスは少し苦い思い出になりましたが。

普通じゃできない経験ができていることをさせてもらっている環境に感謝しています。

もっと強くならねばな。







さて。





空港のボーディングゲートでは日本語の会話が聞こえて来ます。


間も無くフランスを発ちます。

しばし長いフライトを楽しむことにします。




今回は時差ボケ大丈夫かな。

自分なりに対策はしてみます。









突然ですが。









この遠征期間、ヒゲキャラを目指してみたのですが…



あまりしっくりこないので帰ったら剃ることにします。笑




それでは、オルヴォワール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日、出国です



日本ではGWが始まっている頃でしょうか。



今日はフランスでの最後の1日。

4時間弱の練習をみんなでこなしました。

最後のコンピエーニュはいい天気で、気持ちよく練習できました。





さて、

早いもので明日の昼にはフランスを発ちます。

今回の春季欧州遠征は3月21日から始まり1ヶ月と少し。

色々ありましたが充実した遠征でした。

多くの困難があり、また多くの課題を突きつけられました。

これもまた成長の糧にして頑張ることにします!



遠征期間中の日本からのメッセージや毎日更新するブログへのコメントも読ませていただき、とても励みになりました。

皆様、いつもありがとうございます!


明後日からはまた日本での活動を再開するので、よろしくお願い致します!

GWのイベントに参加できなかったのは残念……




今日は無事にカヌレも食べれたことだし、寝ることにします。





それでは、ボンニュイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/05/01

少し自信をつけたレース



今日は

PARIS-MANTES EN YVELINES

UCI1.2のレースでした。




絶えることなく繰り返すアップダウンとクネクネ道。

さらには強めの風までもがそろったなかなかの消耗戦でした。


僕は、現在調子のいい雨澤さんと岡本の2人を上位に送り込むというチームオーダーに従い、序盤からの激しいアタック合戦や、その後のブリッジなどへの対応を主に走ろうと決めスタートした。


スタートから全開のスピードで、おそらく開始2時間ほどまでは平均時速は45km/hは超えていたと思われる程…

上りも急勾配ではなくパワーで上るような、前回走ったレースの上りによく似ているような上りだった。

その為僕にとっては割と相性がいいコースで、序盤から動き回ってはみたが、それにもかかわらず割と余裕を持って先頭集団で走れていた。


先頭集団でアタックの反応、更には自らもアタックをしてみたりと、今季で一番動けていた気がして、レースを走っていてとても面白かった。


しかし


後半に差し掛かり、想定外のキツさの上りが度々出現し、流石に消耗してた脚ではどうしても先頭集団のスピードに喰らいつけず、前線を離脱。

その後は遅れたメンバーで形成されたグルペットで残り距離を消化することとなった。


今回は与えられていた役目もあったので最後の着には絡まなかったが、これが最後まで残る走りをすれば全然残れたと思えることから、調子は良かったと思う。


自分の理想は仕事で散々動き回ってかつ、最後まで残って着にも絡む走り。



これが出来なかった以上、まだまだ力不足なのだが、今までのレースで自信が無くて出来なかった前方での動きがより出来るようになってきたので、最後のレースをいい感触で終えられて良かった。





これにて春季欧州遠征のレースは全て終了。

振り返れば、今回の遠征では結果を残すことは出来なかった。

初戦の落車を言い訳にしたくはないが、全体を通して厳しい遠征となった印象だ。

でもただ辛いだけの遠征では無く、収穫もあったので、それは大切にしたい。






さて。


いよいよ5月3日にフランスを発ちます。

久々の日本に帰国するのは4日の午前。


もうすっかり季節の変わってしまったであろう日本に帰ります。



帰る前にカヌレ食べれるかな……




それでは、ボンニュイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »