« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/27

やりました!ありがとうございます!


アジア選手権U23個人タイムトライアル

優勝できました!




いままで大きな舞台での結果を持たなかった僕にとって、この勝利はとても大きいです。

今後の僕の選手としての人生に大きく影響する出来事でしょう。



昨夜はレース前のルーティンとしてアニメを何話か見て眠りについた。

最近気づいたことなのだが、僕はレース前日にアニメを見ると調子が良いらしい。




オッさんの歌を聞いて起床。
いつも通りお腹が空いているので朝食を食べる。

レース前2時間のタイミングで会場入り。
ゆっくり身支度をしてローラーでウォーミングアップ。

TTTの時と違って横に誰もいないのが少し緊張感を高めたが、自分と向き合い身体の暖気をする。

スタートが迫る。

メカニックやマッサーに頑張れよと見送られスタート台に上がった。

過去最高の舞台のスタート台は思いの外静かだった。

カウントが始まり、いよいよスタートが切られると、僕は静かに加速する。

一昨日とは違う、一人旅の始まりだ。

無線からは

「最初上げすぎるなよ」
「ペースを落ち着かせて」

と随時アドバイスが飛ぶ。

この無線がまた心強いもので、時々飛んでくる声が孤独な一人旅を支えてくれた。

「良い感じだ」

この言葉が一番嬉しかった。


1周目後半に差し掛かるとタイム差が明らかになる。

第1ヒートトップの中国には4秒負けていて、この第2ヒートの中ではトップだ。

「暫定2位だ」

この言葉が一番嫌だった。


しかし10秒も無いタイム差には焦らず、自分のリズムを坦々と刻み続けた。

上り区間でも

「刻んでいけよ」

と指示が飛び、僕は冷静さを保てていた。


1周目は中国とのタイム差は6秒ついたようだった。

暫定2位のまま折り返しの2周目へ。

ホームストレートを超えると少しばかりキツさが増してきた。
でも、楽しいと思えている自分がいた。


キツイけど、楽しくて、気持ちいい。


コース中盤でいよいよ暫定1位になる。


「中国に勝ってる!暫定1位!」

そう、それが聞きたかった。

後半になり、ペダリングにも力が入る。


サーキットコースに入り、いよいよラスト5kmを切る。

「ラストラスト!ここからが勝負だ」

イエッサァ!と声を出して残る力を振り絞っていく。


前には僕の前にスタートした選手が見えた。

バックストレートでそれを交わす。

短い上り区間はダンシングでクリアし、無理し過ぎず、確実なラインで。

ラスト3km

「中国とのタイム差4秒!」

イケる!!

そう思った。頭の中でチャンピオンジャージを思い描いた。

カーレースゲームで身につけたサーキットのライン取りを自転車仕様にアレンジしたラインで攻める。

ラスト1km

タイム差は変わらない。
最後のコーナーが見える。
緩い下り基調。気持ち向い風。

今出せる力を余すことなくペダルに込めた。

ラストの直線はめちゃめちゃキツかったけどめちゃめちゃ気持ちよくラインを駆け抜けた。

ぴったし使い切れた感じ。

無線からは何も聞こえない。


ヨロヨロ走り、ピットエリアに戻る。


まだ正式発表前で、浅田監督も

多分…勝ったかもな。

と言う。


ドキドキの時間。

個人タイムトライアルならではのこの感じ。


ラジオツールから英語で無線が入るのが聞こえる。

「Japan」

確かに聞こえた。一番最初に。


浅田監督が勝ったぞ!と。


歓喜の瞬間だった。

これまでに無い、嬉しい勝利の瞬間。

日本チームのスタッフの皆さんと握手を交わし、喜びを分かち合った。

現地スタッフの人たちも、チャンピオン!と言って写真を撮ろうと沢山来てくれた。

皆が祝福してくれる喜び。

勝たないとこんなこと味わえないですよ。


そして海外での初めてのドーピングコントロールを終えて表彰へ。



会場に君が代が流れました。

これには感動。

歌うべきか、目を閉じ手を胸に当てるべきか、とにかく初めてでよく分からなかった僕はただただ真ん中に上った風になびく日本国旗を見つめていました。



表彰台では3人で讃えあい、最後に近づいて写真を撮ろうと表彰台の真ん中に2人を誘った。


すると…



えぇー2人ともデカッ!

僕埋もれて見えないやん!笑

てな感じで記念撮影終了。


なんだ、僕ちっさ!!

自分の歴史上最大の1日はこうして幕を閉じた。





今日は自分史上過去最高の走りだった、と今日は自信を持って言える気がします。

その走りを支えてくれた日本チームのスタッフの皆さん、チームメイト、送り出してくれた宇都宮ブリッツェンに感謝。

さらには駆ったマシン、ファントム(MERIDA WARP)にも感謝。
最高のパフォーマンスで僕をサポートしてくれた。

そしてなにより、期間中応援してくださっている全ての皆様に感謝しています。

SNSやブログ等に沢山のコメントを頂き、その一つ一つが僕の励みになりました。



こうして勝った時に分かります。

誰も1人では勝てないということを。

その勝利には必ず沢山の人の支えがあるということ。



ありがとうございます



こうして日本のオノデライダーはアジアのオノデライダーにランクアップしました。





それでは、マアッサラーマ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017/02/26

割と落ち着いて



早いもので明日はU23個人タイムトライアル。

今回初めての挑戦。


初めてだし、アジア戦だし…
緊張もプレッシャーもあるけど、そこまでガチガチにならないでいる。

うん。悪くないんじゃないかな。


あとは成るように成る。


アジア強豪国相手に全力で悔いのない走りができれば、自然と結果も出るだろう。


んじゃ、頑張ってきます。



それでは、マアッサラーマ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

戦いは始まった


アジア選手権は今日から開幕。

初日の一番最初に行われたのが、チームタイムトライアル。

日本チームのメンバーは、幸也さん、増田さん、西薗さん、雨澤さん、岡本と僕の6人。

日が昇る前に起きて朝食。
ちょうど朝のオッさんの歌(アザーン)が流れる時間だった。

開会式前の朝8時からレースなもんで…



会場に着いて各自ローラーでアップを始める。

イヤホンをホテルに忘れてしまった!
と1人嘆いていると、それを見ていた幸也さんが自分のイヤホンを差し出してくれた。
優しさ!

アップもいよいよ終わり、いよいよスタート地点へ向かおうと準備を始める。
TTヘルメットのシールドが昨日の練習で汚れていたのに気づくと、自分のヘルメットを洗浄中の幸也さんが自前のクリーナーで僕のぶんまで洗浄してくれた。
優しさ!!



そしていよいよ8時からレースは始まる。
2分間隔で7チームが出走。

日本チームは5番目の出走だ。


いよいよスタート。

TTTの出走台に並ぶと気分は一気に高まる。
TTTでちゃんとした台からスタートするのは初めてだったかも。

番手は岡本→幸也さん→僕→増田さん→雨澤さん→西薗さんの順。


合図と共に良いスタートを切るとジワジワ加速していく。

今回のコースはサーキットコースとその周辺道路を使用したテクニカルなコース。



風向きや風速によっても攻略法が変わってくる難しいコースだ。

今日の風は昨日の練習時よりも弱く、向きはほぼ逆だった。


エリートの選手は速く長く引いて、アンダー選手はスピードを殺さず維持して無理なく引く。

この走りを徹底して1周目。

幸也さんの後ろの僕は幸也さんの加速に圧倒されていた。

先頭交代して幸也さんが前に出ると、そのトルクフルなペダリングでジワリジワリとスピードが上がっていく。
風も弱く後ろについているから付いていけるが、このパワーはそう簡単には真似できないなと痛感した。←レース中に。


全員でバランス良く引きながら、1周目を終える。
カザフスタンに10秒ほど負けているとの無線が飛ぶ。
香港とはリードを広げていた。

2周目に入るとコースも覚えて脚も揃ってくる。

危険は犯さず丁寧にコースを攻略していく。
僕は長くは引けないが、交代で幸也さんから渡されたスピードを殺さぬように維持して、次のコーナーを考えながら次の増田さんに渡すということをひたすらこなしていた。

緩やかな上り区間はエリートの選手達がペースを作りタイムロスを最小限におさえてくれている。
僕は引けるところで目一杯引く。

2周目はラップタイムで見ると1周目より10秒近く遅くなってしまっていた。
日本チームは仕事を終えた雨澤さんが隊列から離脱。

この時点でカザフスタンにはリードを広げられ、香港には若干詰められていた。

暫定2位のポジションが変わらぬまま最終ラップへ。

ジャパンチームは5人残っている。

エリート選手を中心にジリジリとペースを上げていく。
僕は上げることはできないが、上がったスピードを維持していく。

長い直線区間の後半の緩い上り区間で西薗さんと岡本が離脱。

ラスト5kmを残して日本チームは幸也さん、増田さん、僕の3人になった。

※今日のルールは最低ゴール人数は3人とされている。


てっきりエリート3人が残るものだと思っていた僕は少し焦ったが、ここはこのペースで耐え抜いてゴールするしかない!と腹をくくった。

短い間隔で交代を繰り返してゴールへ向かう。
幸也さんはゴリゴリ踏んで加速するし、増田さんはキレキレのコーナリングで攻めていく。

僕はそれに何とか同調して走る!

ラスト1km看板が見えた。
幸也さんは昨日、ラスト1キロは全開だと言っていたのを思い出し、出し切るつもりで踏む。

みんなで加速していく。

最後は幸也さんを先頭にゴールラインへ。

すぐに無線が入った。

「2位だ」

カザフスタンがトップ。3位が香港だ。


全員プロツアーチームのカザフスタンチームには最終的に1分近いタイム差をつけられてしまった。

強い…悔しい!


でもナショナルチームでTTTをするのは歴史上をたどってもかなり久々。
久々の挑戦で2位という形に残って安心しています。
そしてその一員になれたことを嬉しく思います。
普通じゃ絶対に組めないメンバーだったし。


アジア戦初戦を2位という形で終え、まずまず良いスタートを切った日本チーム。



レース後は開会式と表彰式。

音楽隊の演奏と落下傘部隊の派手な演出でアジア選手権は開幕。




音楽隊の演奏は見事に揃っていてカッコいい。




空を舞う落下傘部隊。



最後の1人は大きなバーレーン国旗なびかせながら着陸。


今まで経験したレースで最も手の込んだ演出だったと皆が言うほど見事だった!

僕は明後日の27日に個人TT、3月1日のロードレースに参戦します。


引き続き応援よろしくお願い致します!


それでは、マアッサラーマ。



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/02/24

始まりますよ。


アジア選手権

明日25日から始まります。


宿泊先のホテルにも大会のバナーが。


初日はチームタイムトライアル。

エリート選手3人、アンダー選手3人の6人編成のチームで戦います。


みんな強いから足引っ張らないように頑張らなきゃ!

コースは思った以上に起伏のあるコース。
さらにテクニカルときたから、攻略がなかなか難しい。

どんな結果になるか…走ってみなけりゃ分からないっ!!

精一杯楽しもう。


それでは、マアッサラーマ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/23

PPAPは凄い。


ミサーウルヘイル!


バーレーンに来て今日で2日。

ホテルにいると外から早朝と夕方に大音量で聞こえてくるオッさんの歌にはまだ慣れない小野寺玲です。


↑このオッさんの歌はどうやらイスラムのアザーンというものらしく、日に5回、そろそろお祈りの時間ですよと知らせるものらしいです。
しかもちゃんと地域ごとに担当のムアッジンという役職があるらしく、その歌声にファンがいる人もいるのだとか!

↑知恵袋で調べてしりました。
知恵袋の情報は凄い!

しかしそのアザーン、僕には先日必勝祈願の時に聞いたお経にしか聞こえないけどなぁ…。



そんなバーレーンでの日々。

昨日、日本チームのみんなとホテルの食堂で食事をしていると現地の人か分からないが何人かの若い女の子集団から声をかけられ、これはとうとう日本人男性の時代が来たか!と思っていると話の切り出しは何とPPAP!笑

日本人=PPAP

なのかよっ!!笑

よく分からんが、一緒に写真を撮ってくれと言われたので写真を撮りましたよ。ハハ。
僕は自転車選手。ハハ。

帰り際に日本語でありがとうございますと言ってきたから驚き。
ノリノリでアポーペーン!って歌いながら去って行きましたよ。


PPAPから始まるコミュニケーション。

凄い…。


いつかは、もしかしてオノデライダー?って感じで声かけられたいなぁ。



それでは、マアッサラーマ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/02/22

アジアって広い


初のバーレーン王国より、愛を込めて。


成田空港から12時間、カタール・ドーハに到着。


4時間のトランジットの後、1時間弱のフライトでバーレーンに到着。

ヨーロッパ便と同じくらいの時間を要しているではないか!

よくよく考えてみれば、平面の地図だと確かにヨーロッパより近いが、地球は丸い。

球面上に線を引くと距離はそれほど変わらない気がする。

アジア圏の広さを感じました。



バーレーンに着いてからは、ゆっくり昼食。



なんともご飯粒が細長すぎてとても不思議な味わいです。


その後は会場であるバーレーンインターナショナルサーキットに行き、1時間ほど脚を回してきました。
サーキット内に入ることはでき無かったので、その周辺の道路を行ったり来たり。

風も穏やかで走りやすかった♪

帰りは夜のバーレーンの街を見ながら。





ものすごい広大な土地と乾いた土地。

期間中、異国の地を楽しむとします。



しかし……

長い移動時間と、日本との6時間の時差のせいかとても眠い!!
今日は早めに休んで明日以降に備えます!


それでは、マアッサラーマ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/02/20

音速突破


昨日はシーズンスターティングパーティー。

今日は必勝祈願。


今シーズンもいよいよ始まるなって感じです。


昨日のパーティーはホテルニューイタヤ様にて会場を埋め尽くすほどの方にお越し頂いきました。

そして沢山の方に声をかけて頂き、改めてこれだけ期待してもらっていて、これだけ応援してくれているんだな、と実感しました。


小野寺玲、今シーズンもさらなる飛躍と音速目指して頑張ります! 今年も熱い応援をよろしくお願い致します!!



今回のパーティーはバレンタインが近かったということで、お菓子も沢山頂きました!!

お馴染みのカヌレも頂き、ご満悦な小野寺玲です。←
さらに今回は手作りカヌレなるものまで!





もう、幸せです。


写真に全て収めることができませんでしたが(既に美味しく食べてしまった為)、会場で手渡しして下さった方々、バレンタインに合わせて事務所にお菓子を届けて下さった方々、ありがとうございます!!


そして今回のパーティーで初めてのコーナーでは、選手全員の毛筆で書いた決意表明を発表させて頂きました。



選手それぞれの個性が出ていますよね。
僕はというと、


(ファンの方に写真提供して頂きました)

はい、「音速突破」です。

音速域で駆け抜けるように速く走り、そして勝つ!

そんな意味を込めました。



さて。

この意気込みで明日、アジア選手権のためバーレーン王国へ飛びます!

初のアジア選手権出場となります。

タイトル獲りに行くので、宇都宮から、日本から、ジャパンチームの応援をよろしくお願い致します!



それではまた!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/02/16

これにて終了。いよいよ。


今日はナショナルチーム合宿第2クール最終日。

そして宇都宮組(増田さんと僕)の最終日。

スターティングパーティーの為に明日の昼の便で宇都宮へ帰ります!


そんな今日の練習はロード班とTT班に分かれての練習。

僕は西薗さんとTT班でトラックへ。



昨日からトラックを使った練習を取り入れましたが、今日はTTのみに集中してトレーニング。



車や人を気にすることなく思いっきり走れる環境はTT練習には最高です。


バイクセッティングを煮詰めながら、より実践的な距離と強度での練習。

ずっとTTバイクに乗っていると、新たな改善点も見えてくる。
今日は思い切ってTTバイクにロード用のサドルを取り付けました。

これがGOOD。
物は試しとは言いますが、正にその通り。
形だけにこだわっていては新しい発見はありません。

セッティングを見直して、バンクをひたすらグルグルと。



パイオニアのGPSの記録は幼児の落書きのような痕跡が…笑




合宿前半に不調を抱えて苦戦しましたが、合宿後半になるにつれ徐々に復調し、第2クールはいい練習ができました。

今日バンクを使ってしたトレーニングでも、良い手応えを得ることができたので、いよいよ迎える本番に向けて順調な感触です。


そして今日の練習後は西薗さんに沖縄そばをご馳走になりました!



暑い中走って汗をかいたあとの沖縄そばは最高ですね!
コーレーグス?島とうがらしの味がまた好きなんですよ。



これにて合宿終了。
いよいよアジア選手権に向けての最終調整が始まります。




それでは、ゆくいみそーれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/13

春を待て!


ナショナルチーム合宿は1クール目を終えて、最初の回復日を迎えました。

初日から肌寒い日が続いて、寒波から逃げて来たつもりなのに沖縄も寒いっ!!

って感じでした。

それでも地元と比べれば暖かいので、この環境はとても良いですね。
昨日は久々に太陽の光も浴びれたし。




ただ、連日爆風が続き、それはもう風だけで消耗する毎日…
それに加えて、自身の身体的不調が重なり、1クール目のトレーニングは苦しい日々でした。

せっかくTTTの練習もできたというのに、不調のせいで思うように走れず…
毎日むしゃくしゃしていました。

この不調をナショナルチーム率いる浅田監督に相談すると、「春を待て!」と言われました。

そうですね。

予報では合宿期間中は徐々に暖かくなる予報ですし、どうやら沖縄の春はすぐそこまで来ているようです。
暖かくなれば脚も動くようになるだろうし…
色々な意味で、春が来ないかな〜と思う日々です。

今日の回復日でしっかり休めて、明日からは気持ちよくトレーニングがしたいところですね!



そんな今日の回復走は、1人でカフェ連。

と、思って出かけたはいいが、目的地に着くと営業していない……
年中無休と書いてあったのにな。

仕方なく折り返して帰路へ。
でも何もなしに帰るのもつまらなかったので、調べて名護にあるパン屋さんに立ち寄ることに。



パンチョリーナというお店。

名前が印象的なので行ってみたところ、こじんまりとした店内にぎっしりと美味しそうなパンが並んでいました。

お店に行ってから気がついたのだが、今日手持ちにあった所持金は400円あまり…

少しドキドキしながらパンを見ていると、小さいサイズのパンがかなりの種類置いてあり、しかもお値段は100円を下回っているときた!

おかげで三種類もパンを買えて、さらにホットコーヒーのサービスまでありました。

カフェ連できなかったけど、美味しいパンを食べれたので満足です♪



しかし…

400円でカフェ連に出かける僕も僕でした。
仮にカフェがやっていたら、会計で財布を見たときに愕然としたことでしょう。笑






あ、明日はバレンタインデーか。
そういえば最近お店にチョコ売り場コーナーが増えてると思ったよ。

バレンタインチョコならぬバレンタインカヌレなんて…

あ、別に欲しいとか言ってないですからね!
独り言ですよ独り言!
誰も欲しいからってこんなこと図々しく書いてないですから!
単純に、そんなのあってもいいかな〜なんて思っただけなので←



それでは、んじちゃーびら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/09

ハイサイ沖縄!アゲイン!!


やってきました!

今年2度目の沖縄でございます!



って書いた後に、やってきました!って感じの写真を撮っていないことに気づきました。

写真ありません。すみません。


毎度、那覇空港に着くと楽しみなのが、F-15イーグルのジェットサウンド。

テイクオフするイーグル達の攻撃的かつ美しいジェットサウンドが耳に心地よい。

いつか空港で暮らしたいとか思ったこともある。
いや、今でも思ってるか。



さて、2度目の沖縄合宿初日は曇り時々雨。
気温は14℃ほどで肌寒い。

那覇空港から名護の宿まで。

それはもう爆風の中を走ってきましたよ。
この風は相変わらずですね〜

途中雨に降られたりもしましたが、無事に宿に到着。
今回の宿はコンドミニアムなお宿。
スタッフと選手全員で共同生活を送ります。

また後日、様子などアップしていきます!



それでは、ゆくいみそーれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/08

あれ、また行くの。


今晩は。


昨日のラジオで、スタジオ前に見に来てくださった方から早めのバレンタインチョコ&カヌレを頂いて喜んでる小野寺玲です。



皆様ありがとうございます♪



さて、さてさて。

今日は待っていたアイテムが届いて喜んでます。



サングラスをサポートして頂いているスワンズ様からレンズとパーツと曇り止めが届きました!

この、STRIX-Iシリーズはフレームが二分割される構造で、上と下で色を変えて色々なアレンジをすることができます。



どの組み合わせでいくか、色々組み合わせてみるのが楽しくて♪

レースでどんな色のサングラスをかけているか、注目ですよ〜!!




そして今日は羽田空港近くのホテルに泊まっています。

そう。明日からナショナルチームの合宿で再び沖縄に行くからです!

なんか沖縄からついさっき帰って来たのにまた行くのか!って感じですよね。

今日の部屋は増田さんと2人。
そういえば増田さんと2人の部屋になるのは初めてかも。


明日から始まる合宿も気合い入れていきますよ!!


それではまた!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/03

今にも動き出しそうな……



今日は我ながら見事なスケジュールだった!

↑いきなりなんのことだと思いますよね。


簡単に今日の1日を振り返ると以下の通り。

am7:00、愛車を車検工場に預ける。



am7:20、積んできた自転車を組み立て練習へ出発。工場を後にする。



am10:20、練習の折り返し地点に到着。小休憩して引き返す。



pm1:15、工場から終了の電話が来る。この時点で丁度工場から30分くらいの地点まで戻ってきていた。



pm1:50、5時間のトレーニングを終え工場に到着。



pm2:00、車を引き取り帰宅!


どうです?我ながら完璧なスケジュールだったので紹介しました。笑




そして今日のトレーニングの目的地は、茨城県にある予科練平和記念館というところ。

きっかけはTwitter上で見つけた零式艦上戦闘機二一型の実物大模型。

今まで模型や映像はたくさん見てきたが、実物大を見たことがなかったので、これは行くしかない!と思ったため。

距離も程よく、片道75kmだったので即決。

行ってきましたよ。



敷地内に入ると、正面に存在感のある機体が格納されているのがすぐ目に入った。



ゼロのこの迫力!

模型だが、細部の作り込みもかなり忠実。



カウルから覗く栄エンジンや、車輪まで。
本物は見たことがないが、本物により近づけて作り込んでいるということが伝わってくる。

もう今にも動き出しそうなリアリティでした。




初めて見た実物大のゼロ戦。

当時、戦争の兵器であったことは事実だが、僕はこの機体の曲線美に、戦闘機としてでなく、一つの芸術品として惚れ込んでしまった。

兵器としてではなく、別の形で生まれて欲しかった…なんて。
でもそしたらきっとこの形は生まれなかったのだろう。


しかし当時の飛行機でここまで美しい形をした飛行機があっただろうか。

一番好きな戦闘機はF4ファントムに変わりないが、和製戦闘機のゼロ戦もまたイイ。



いつか自分の手で操縦してみたいが、その夢はもう叶いそうにない……


空を見上げて一人思うのでした…



それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »