2017/04/22

◯◯の誘惑



本日の小野寺シェフ



昨日、今日の食事当番で作るものを考えていたところ、参考にしていたサイト内にユニークな名前のレシピを見つけた。


スウェーデンの伝統料理らしく、クリスマスの料理なんかに出されることが多いのだとか。


岡本シェフと相談していて、魚を使いたが普通に買うと少し高くつく…ならばアンチョビを使おう!
という話になり、アンチョビを使う料理を調べていたところだった。

材料はシンプルで、じゃがいも、玉ねぎ、アンチョビがメインになる。

そこに自己流アレンジで細切りにしたベーコンも加えてみた。

正規の作り方だと手間も時間もかかるレシピだったので、あるものでシンプルに美味しく作れるように頑張りました。





こちらがその料理!

Jansson's temptation [ヤンソンさんの誘惑]でございます。

表面はチーズでカリッと、中はホクホク…
そんな料理です。


この名前の由来は、ベジタリアンだったヤンソンさんが、あまりにも美味しそうなこの料理を前に、思わず口にしてしまった…

という話が由来らしいです。



自己流アレンジを加えていたので食べるまで心配だったが、美味しくて一安心。

みんなからも好評頂きました!







とてもユニークな料理に出会えた今日。

自転車のトレーニングやレース以外にもこうした楽しみがあるのはとても楽しい。


自転車に関しては最近少し不調気味なのだが、ちょっとした趣味や楽しみが他にあるだけで気が落ち込まずにいられます。



さ、明日も頑張ろうか。





それでは、ボンニュイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっと…会えたね…



ちゃんとした休息日は久々だった今日。

午前中にユーダイと回復走に出かけ、パン屋に寄って帰ってきました。



そしてそこで、ようやく会えました。






やっと…会えたね…。




この日をどれほど待ち望んだか。

僕が初めて口にしたこの店のカヌレを。



美味しいよ。とってもね。


毎日沢山作ってくれるとありがたいのだが、またこの希少性というのも悪くないか。






久々のカヌレを楽しんだ今日はもうすぐ終わり。
そして明日の食事当番のレシピに悩んでいる今晩。


さて、何作ろう。




夢の中で考えてみようか。


それでは、ボンニュイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/21

今日もシェフは料理する



今日は食事当番の日でした。


20年ぶりにシェフが料理する日です!


今日もまた、2人のシェフは張り切って料理しました!



今日の料理もフレンチです!



「牛肉とトマトのポワレ」でございます。

簡単に安く、美味しいフレンチを作れないかとネット上を調べ周り、昨日小野寺シェフが見つけたレシピ。

低コストでも見栄え良くしようと頑張りました!


今日も岡本シェフと手際よく作業をして、時間ぴったしに皆んなにボナペティ。





今日も好評頂きました!



練習ですごく疲れていても、料理を始めると楽しくて疲れを忘れている自分がいるんです♪

トッピングを終えて料理が形になった瞬間の達成感は病みつきになりそう。
しかもそれが美味しくできてたらなおさら!

最近アニメに出てくる男性キャラは割と料理ができる奴が多い。
僕も負けてられないな。←




これは新たな趣味に「料理」項目追加か!?





ちなみに最終目標はオリジナルカヌレです。



それではボンニュイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/20

そろそろカヌレ焼いてよ…



3日連続だ。

3日連続だぞ。

パン屋に行ってもカヌレに会えてない。

僕の口はそろそろ寂しい。



明日も根気強く行きますよ。パン屋。

カヌレを食べる為に!!



……



オートリーヴに来てからというもの、天候にも恵まれ、充実した練習ができています。

しかし最近上りの練習がほぼ皆無なうえ、平地仕様の身体になってしまっている僕にとってはハードな毎日です。


ハードな練習をこなしていくには、やっぱり食べることも大切。



フランスではお米の代わりにパスタやパンがメインになります。

そしてフランスのスーパーには僕の好きなファルファッレも沢山置いてあります♪

今回はパスタの定番、バリラのファルファッレをチョイス。



やはりフランスの水で茹でるファルファッレはひと味違うっ!



今日は市販のボロネーゼソースで頂きました。

美味し。



なんだか最近のブログは食べログみたいな…


でもこれも、訪れた土地の食文化に触れる貴重な経験です。



しっかり食べて、しっかり練習!

明日も頑張ります!






それと…


そろそろ焼いてくれ。カヌレを



それでは、ボンニュイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/04/18

パリ5つ星シェフな日



オートリーヴでの共同生活には、食事当番が存在する。

宿舎にいるメンバーで2人1組に分かれて1日交代で分担する。

朝食は自由。

昼食は練習の時間によって浅田監督が補給食を作ってくれる。

なので食事当番は夕食のみ。



そして

今日の夕食を担当したのは、岡本シェフと小野寺シェフでございます。



……




20年前、2人はお互いパリの5つ星レストランの一流シェフだった。
料理評論家のプロも2人の料理には一切ケチを付けない。

当時パリでは「あの2人に敵うシェフはいない」と言われる腕前だった。

そしてその2人は良きライバルでもあった。



しかし2人は時を同じくして料理を辞めてしまう。

お互い別の道で歩むことを決めたのだそうだ…


そんな2人が、20年ぶりに奇跡の再会を果たした。

オートリーヴの小さな家でのことだ。

これを記念して久々に2人で料理をしよう!

ということになり、一般家庭にある、ごく普通のキッチンで20年ぶりの料理をすることになった。

……


という勝手な設定をして、岡本と2人で料理しました。笑




僕が好きなフランス料理で"ラタトゥイユ"というものがあり、それをぜひ作りたいと提案し、作ることになりました。

他には骨つきチキンのグリル(風)とペンネを茹でました。


レシピは昨日僕が調べてあったのでそれを参考に。

料理は岡本シェフと分担して効率よく。



開始から1時間と少し。

宿舎内に美味しい匂いが漂いはじめた。



今日のメインである、ラタトゥイユの完成だ!




初めてながらよく出来た気がした。

トマトペーストでは無く、トマトピューレを使ったため、少しサラッとした仕上がりになったが味はいい。


皆んなからも好評だった!


岡本シェフと小野寺シェフの夢のコラボの料理(という設定)は、

「ラタトゥイユ」

でした。



それでは、ボンニュイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/17

南フランスはいい天気



久々のオートリーヴ。

気持ち良く晴れました。



雪化粧をしたピレネーの山々が見えました。

今日は短くベース走。

この周辺には北部には無い丘陵地帯が広がり、豊富なアップダウンのコースが沢山あります。

春季遠征最後のレースは上りを含む周回コース。

最後のレースに向けて、この地で上りでの走りに磨きをかけていきます。




そしてオートリーヴへ来たら楽しみなのが、近所のパン屋さん。



僕が初めて食べたカヌレはこの店のものだ。


今日もカヌレを……



無い…。



今日はカヌレを焼かなかった日らしい。

残念。

カヌレはまた今度にして、今日はバゲットを買って帰りましたよ。



焼きたてで温かく、思わず噛り付いてしまった。

この店のバゲットは生地に胡麻が練りこんであるようで、食べるとほんのり胡麻の香りがする♪


春のヨーロッパ

気持ちのいいこの環境で、また頑張りますよ!




それでは、ボンニュイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

風に引きちぎられたレース


4月15日、オランダでの初めてのレース、ZLM TOURに参戦。


コース上には上りは一切無く、ど平坦なスピードコース。



海岸線の島をいくつも渡るようなコースレイアウトで、その一帯をぐるっと回る180kmだ。

この地域特有の強風が勝負を左右するレース。




レース当日の朝には雨が降り、風も強かった。

スタートの時間には雨も上がり、日差しもあったが肌寒く、風も強目に吹いていた。

前回参加した選手に聞いていた通り、パレード区間からカオスな集団内。

どの選手も少しでも前方のポジションでスタートしたいがために、集団の密集度はより高まり、コーナーや中央分離帯がある度に落車が発生している状況だった。

僕も無理はせず、けど少しでも前へ…と冷静に周りを見ながらパレード区間を走る。
何度か近くで落車に遭遇したが、自分自身の落車回避能力も向上したようで、巻き込まれても大きなロスは無く復帰できた。

レースがリアルスタートすると、ペースは一気に上がり、各強豪国によるふるい落としが始まる。

風も強いため、ペースがあると集団は道の端に棒状一列になり、いとも簡単に集団は分断する。

僕は集団前方に位置していられたので、スタート後の落車や分断には巻き込まれず、順調に走れていた。

しかしこの後、ほんの少しのロスでレースが終わってしまうことになる。




細い畑道に差し掛かったところ。

すぐ前を走っていた選手がコーナーで落車。
それに僕は巻き込まれ、派手に転びはしなかったものの、自転車に乗り復帰する頃には伸びた集団の最後尾だった。

向かい気味の横風の影響で、狭い道で伸びた集団の最後尾につくということ、それはこういったレースでは死亡フラグを立てる行為だ。

その後間も無く集団中腹あたりまで来たが、その頃には前方では集団がいくつにも分断していて、いくつものエシュロンが編成されていた。

道が狭いが故、エシュロンは少人数でしか組めず、エシュロンに入れない選手はどんどん後方へ落ちて行く。

僕は調子も良く踏めていたので、前に行く気のある選手と強調し、前方集団への合流を目指した。

だいぶキツかったが、良いペースを保って走れたので、最初の難所である海を渡る大きな直線の橋を前に大きな集団に合流できた。

しかしそこは既に第3集団。

先頭から数えて3つ目のエシュロンであり、人数が多いため強風の中のローテーションも綺麗に回らず、前方に見えている第2集団への合流がなかなかできない。

コースは右へ左へと方向転換を繰り返す。
その度に風向きは変わり、道幅によってはエシュロンも上手く形成できず、そのうち風を受けて走る時間が長くなっていった。


道幅、そしてエシュロン経験の未熟さが裏目に出て、僕はエシュロンの後方で棒状一列になった最後尾にしがみついている状態になってしまった。

そうなってしまうと最後。
あとは千切れるまでは時間の問題であり、横風のコースでエシュロンから千切れた場合、前方への合流はもう不可能に限りなく近くなる。


最悪の状況にしてしまった僕はそこからエシュロンのローテーションに混ざることは叶わず、やがてそのエシュロンから千切れてしまった。

もう一人、僕とほぼ同じタイミングで千切れた選手と協調してはみたが、前に追いつくことは無く、やがて後方から来た集団と合流してレースを進めることになった。


その15人ほどの集団では綺麗にエシュロンのローテーションが回っていてペースも安定していたのだが、先頭を行く強豪勢のペースは緩むことはなかったようで、前方集団へ追いつくことは無く、やがてそのタイム差は致命的な差となり、残り50km程の距離を残してレースを降ろされてしまった。



僕が千切れたエシュロンの1つ前のエシュロンには岡本がいて、2つのエシュロンは後に合流していた。
もし千切れずに合流できていれば、少なからず最後までアシストとして何かしらの走りはできたはずだった。

それだけに、あの時千切れたエシュロンに残れなかったのが悔やまれた。
日本では経験できない横風レースでの走りが未熟だったが上、とことん無駄に体力を浪費し、消耗したところで風に引きちぎられた。

そんなレースだった。


北の地域のネイションズカップの中で、最も僕に活躍のチャンスがあったこのレースを落としてしまったのは痛い。

調子も良くて力負けはしていなかったはずなのに、経験値や技術の差でここまで致命的な差をつけられることになるとは思わなかった。


でもこのレースで横風のレースを知ることができた。
もう次は無いが、この経験は後に活きてくるだろう…




北欧でのネイションズカップはこれでひと段落。

次はイタリアでの開催です。

その為今日はフランス南部コンピエーニュからパリを経由し、昨年の夏季遠征でお世話になったトゥールーズまで来ました。

パリでは今日をもって帰国するメンバーを空港で見送りました。



合計10時間ほどかかった車移動の途中では、SAでカヌレを発見し即購入。



この店のカヌレが美味しくてテンション上がりましたヨ…!


やはり同じフランスでも南部は暖かく感じますね…

5月1日のイタリアのレースまで、またしっかり準備して挑みます。





久々にユーダイとも会えたところで…

それでは、ボンニュイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/04/15

オランダに来たよ



初めてのオランダに来ましたよ。


オランダに入る時も、これまた看板が一つ立っているだけで特になにもなく、

あ…ここからオランダなんだ。

って感じでした。





周りを見渡しても高い山や建物が無く、ただただ平野が続いている感じ。

そして風力発電所の多さが、この土地の風の強さを物語っているようでした。


今日はお昼頃に現地に到着してから、コースの後半の重要ポイントの試走をしました。

とにかくアップダウンが無く、風が勝負を左右するレースになりそうな印象。



180km近い長丁場の平坦スピードレース。

やっぱり岡本がメインになってくるかな。

岡本の他にもジャパンチームのメンバーを少しでも最終局面に残せるよう頑張ります。

場合によっては僕もゴールを狙えるように準備しますよ。もちろん。





今日の宿はキャンプ場の一角の小さなコテージのような場所。





狭い共同スペースの中、チームメイト6人で楽しんでいます。



それでは、ファルベル。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/14

今日はカヌレを食べたよ



今日はみんなで回復走。

少し肌寒いけど良い天気。


カヌレが食べたくて、途中の城下町へ立ち寄った。



プチカヌレと、普通のカヌレ。

味は一緒だけど食感が少し違う。


フランスのカヌレはモチモチ感が強くて、ブランデーな風味も強い。



美味し。






春の晴れた空の下、ベンチに腰掛けカヌレを食べる幸せ。



それではボンソワーレ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/04/12

たくさん走れるようになったよ


今日は5時間のトレーニング。

気がつけば調子もだいぶ上がってきているようでした。
いつの間にか長時間も普通に乗れるようになってるし、高強度に対しての耐性も上がっていた。


落車で落としたコンディションも、元に戻った感じです。

踏み心地は良くて、練習中は落車前以上のパフォーマンスが出ているように感じることもありました。



明日一度休息を挟み、明後日の朝には次戦 ZLM TOUR の為、オランダへ向けて移動を開始します。

また新たな土地へ。

今回の遠征ではベルギーとオランダが初めて訪れる土地。


でもまぁ

ヨーロッパの国境越えは僕の想像以上にあっけなく、気づかぬうちに国境を越えてたりする。

ヨーロッパに来る前は、厳重な門みたいなものがあり、そこでパスポートを提示して通過する…

みたいなイメージだったのだが、昨年イタリアやスペインに行った際にも、ただ看板が立っているだけで、車で移動しているとそれはもうあっけない。


今回もまた、ベルギーとの国境も看板一つ立っているだけで何もなく、時々ポリスメンが国境の地点で行き交う車に睨みをきかせているくらいだった。


初めてのオランダはどんなところかな。


明日はカヌレでも食べて身体を休ませよう。




それではボンソワーレ。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

«フランスの春