« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/25

ツールドとちぎ 3

ツールドとちぎ。3日間たくさんの応援ありがとうございました。

結果はチームのレポートでご存知でしょう。



、、、うーむ。悔しいですね。

昨日今日とチームで攻撃しましたが、結果は実らず。

篤志が最後逃げて頑張ってくれましたが、あそこに自分も入らなければならなかったと反省中。

登りのペースアップも自分にもっと力があれば、もっと破壊力があって総合逆転のチャンスが広がったのに、とも思います。

そしてあまり自分向きでないコースだったとしても、勝負に絡む走りが出来なかったのはダメだったなと。

このレベルのレースで結果を出せなかったら、自分が目指してるところでは話にならない。

レースがない1ヶ月でさらにレベルアップをしなければ。

そんなに時間はない。

日々精進。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/03/24

ツールドとちぎ 2

第2ステージが終わりました。

今日のレースは失敗してしまったなぁ、という感じです。

こういう時は頭の中でタラレバがたくさん浮かんできて、すごく悶々とします。

しかし、終わってしまったことは変えられないので、明日に向けて気持ちを切り替えます。

レースは最後まで何が起きるか分かりませんからね。

最後まで諦めずに優勝を目指します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/03/23

ツールドとちぎ 1

初日のTTが終わりました。

増田さんが2位、好調の篤志が4位となかなか良い出だし。

自分は23位。

チーム内でビリでございます。

その方が気持ち的にも楽な部分もあるので、明日からはのびのびと楽しく攻撃していきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/03/16

ツールド台湾 5

ツールド台湾の最終日は192キロの平坦ステージ。

総合リーダーを守るべく、この期間で1番集中していました。

レースが始まると総合に関係のない選手を逃がすため、逃げの選別をステムに貼ってあるナンバーを確認しながらしました。

ここが1番緊張しました。

逃げのメンバー次第では、自分たちの仕事量が増えて、最悪チームが崩壊するかもしれない。そうなったら総合も守れない。

そして、総合に関係のない選手の逃げが決まり、とりあえず1つ目の仕事は完了。

次にメイン集団のコントロール。

これには龍さんと玲が他チームと協力してやってくれたので、自分は集団内の位置どり。距離も長く風も強かったので、常に緊張感を持っていました。しかしゴールが近づくにつれて、総合優勝も近づいていく感覚は何とも不思議なものでした。まだゴールしてないのに徐々に喜びが湧き上がってくる感じ。

レース終盤はゴールスプリントに向けて気持ちを切り替えて、最後まで何かあるか分からない、と最後まで集中しました。

そして幸也さんは無事に集団内ゴール。

総合優勝が決まった時は安堵感と疲労感がどっと押し寄せてきました。



Photo by IIJIMA WIWAさん

今回、ナショナルチームで総合優勝ができて本当に良かったです。そして、やはり幸也さんの存在が大きかったというのは言うまでもありません。勝負所を外さないあたり、流石10年以上トップチームで走ってる選手だと思いました。

自分もそれぐらいの選手にならなければと強く思いました。

もっと精進しなければ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/03/14

ツールド台湾 4

今日は最後の山岳ステージ。

昨日の感触から最後の登りで幸也さんのフォローに徹することに。

レース序盤はアタック合戦。途中の中間スプリントで幸也さんがボーナスタイムを狙うも失敗。その後、逃げが形成され、リーダーチームの牽引に龍さんが加わる。そして、そのまま最後の登りへ。登りに入ると思っていたより体が重く、ただ集団について行くのが精一杯。何とか集団に残り、ラスト15キロのアップダウンでのアタック合戦に対応していく。その中で3人抜け出し、その内1人はコースミス?で集団に吸収される。これで集団の頭を取ればボーナスタイムで幸也さんが総合首位に立つ。ラスト1キロから幸也さんの指示を受けながら位置どり&リードアウト。しっかりと集団の頭を取ってくれました。

これで最終日は総合リーダーを守るべく、とてもヘビーな仕事をこなさなければなりません。しかし、チーム一丸となれば守れるはずだし、何しろ守りたい。

最終日も全力です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/03/13

ツールド台湾 3

今日の第3ステージは中盤に1級山岳を越えて、その後50キロほど平坦と2級山岳を走るステージ。

レース序盤は主に龍さん、玲、岡本の3人がアタックに反応してもらい、自分と幸也さんは体力を温存していました。淳哉さんは明らかに体調が悪そうで、後にリタイアとなりました。逃げが決まった後は1級山岳に備え、登りの麓では幸也さんを中心に位置どりをして、良いポジションで登りに突入しました。登りに入るとアタックがかかりましたが、意外と余裕を持って対処でき、山岳を越えた後の下りがテクニカルだったのでアタックしました。数人と逃げ集団に合流できて、そのままメイン集団から逃げたかったですが、総合リーダーが付いて来てしまったこともあり、牽制でペースが落ちてメイン集団に吸収されました。その後の平坦でアタック合戦が始まり、自分も抜け出しを狙って動きましたが上手くいかず。最終的に13人ほど抜け出し、その中には単独でブリッジした幸也さんもいました。こうなると自分はただ抑えに入るだけになってしまい、どこか不完全燃焼でレースを終えました。

自分は総合ジャンプアップを目指して、積極的にいきましたが失敗に終わりました。しかし、2日連続勝ち逃げに幸也さんは乗りました。まだまだ実力もレースを読む力も足りない。

ひとまず、今日のステージで幸也さんがステージ&総合2位になったので、総合逆転を目指してあと2日頑張ります。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/03/12

ツールド台湾 2

今日の第2ステージは終盤に山岳を3回登ってゴール。

前日にリーダーチームになりましたが、それを守る走りではなく、攻める走りをすることになりました。

レース序盤は危険な逃げをチェックして、その中で龍さんが逃げに乗る。その後、集団は落ち着くが、プロコンチネンタルがコントロールするのではなくアタックで追走をつくる。その中には幸也さんが入る。チームとしては完全にGOサイン。やがて追走は先頭に追いつき、メイン集団は乗り遅れたチームが牽き始める。途中コースミスが起きたり、ニュートラルストップがあったり、、、結局、逃げ切りが決まり、幸也さんが7位。自分はメイン集団でゴール。

総合順位は幸也さんが7位に入りましたが、チームとしての目標としては総合トップ10に2人を送り込むこと。自分の総合は同タイムで40人ほどいるので、その中から飛び出して総合10位以内に入るためにも明日からのステージも攻めます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/03/11

ツールド台湾 1

ナショナルチームでツールド台湾に出場しています。

今日の第1ステージは台北市内でのクリテリウム。

レースは単純に3人が逃げて、最後に捕まえて集団スプリント。

チームは終始まとまって走って、最後は淳哉さんと幸也さんが牽引して岡本がスプリントで勝ちました!

玲は4位で、龍さんは9位と幸先の良いスタートが切れたと思います。

明日は総合が動くであろう山岳ステージなので、しっかりと自分の役割を果たして来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/03/02

あっという間の沖縄合宿

10日間の沖縄合宿を終えて栃木に帰ってきました。

今回はJPT2連戦があった事で、いつもよりあっという間に合宿が終わった気がします。

レースは無事に2連勝でしたが、マトリックスやキナンがいなかった事を考えるとまだまだ強いチームだと言い切れません。

やはり強い選手が揃った中で勝ち続けたいですね。

トレーニングの方はレース前2日間以外でたくさん追い込みました。

レース翌日もガッツリトレーニングしてそのまま最終日まで休みなしでいったのでかなりキツかったですが、怪我や風邪をひく事なく栃木に帰れました。

この後しっかり休んで、また次のレースに備えます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »