« ツール・ド・ラヴニール | トップページ | 明日は世界選 »

2017/09/15

スペイン遠征を終えて

遅くなりましたが、先日のスペイン遠征を振り返りたいと思います。

ラヴニールから1週間ほどでブエルタ・ア・カンタブリア、中1日でボルタ・シクリスタ・バレンシアとステージレースを2つこなして来ました。

ラヴニールで完全燃焼した自分は正直レースに対するモチベーションが全くわかず、まともにレースを走れるのか不安なところでした。

浅田さんからは世界選手権に向けての調整レースと思っても良いという事だったので、成績を意識せず、自由気ままに走って気分転換して、それからモチベーションを上げていく感じで臨みました。

カンタブリアはレースをするというよりもトレーニング感覚で走りました。なのでレース展開はほとんど無視して、もがきたい時にもがきました。そしたら何故かエレガント賞を獲得。エレガント要素は全くない走りだったのに。

バレンシアはレースの事を意識しつつも、どちらかと言うとしっかり追い込むことを考えて走りました。特に第2ステージはどこかで必ず独走する事を決めていて、1番攻撃的に走りました。その結果、山岳賞が獲得できました。その後のステージも攻めるところは攻めて、アシスト出来そうなところはアシストする走りをしました。結果的には山岳賞を守って、さり気なく総合8位で終えました。

昨年も同じレースに出場しましたが、内容としては昨年よりもだいぶ成長できていると実感でしました。

しかし、ふとラヴニールの事を思い出すと「これでは全然ダメだな。」と思ってしまいます。

あまりラヴニールばかりとらわれてはいけないとは思いますが、あのレースを忘れてしまったら目指すものが無くなりそうです。


自分は一体何を目指しているのか。何になりたいのか。そのためには何をしなければならないのか。果たしてそれは現実的に可能なものなのか。

これは、自分の中でしっかり納得できる答えを出さないと前に進める気がしない。


、、、ずっと考えてますが、なかなか答えが出ないものです。いや、答えはある程度出ているけど、納得出来ていないです。


ここが今自分が超えなければならない壁なんだろうな。


|

« ツール・ド・ラヴニール | トップページ | 明日は世界選 »

コメント

スペインの大会も決してレベルの低い大会ではない、と浅田監督が仰ってました。
そんな中、自由にやりたいように走って素晴らしい結果を出している事は、雨ちゃんの
行く道筋が間違っていない証拠です。
ラブニールでは力の差に茫然としたと言ってましたが、万全の体調ならもっと食いついて行けました。才能も努力する姿勢も決してラブニールの覇者達に負けてない事を私は知っています😤⁉️
自らせっかちだと言う雨ちゃん。選手人生はこれからです。結果を急ぎ過ぎないで下さいまし👵

投稿: あばぁば | 2017/09/15 22:40

スペインでのレース、お疲れ様でした。
色々と葛藤を抱えながら、大変だったと思いますが、確実に一段と力が付いてきていることは事実だと思います。
周りの状況がよく見えて、分かっているからこその葛藤だと思います。
非常に高いレベルで悩み考えておられ、自分で解決しなければならないことだとは思いますので、何もお力にはなれないですが、どうあれ、応援だけはさせて戴きます。
次は世界戦ですね。
思いっきり、走ってください!
応援しています!

投稿: Tsukasa Ikeda | 2017/09/15 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552844/65791984

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン遠征を終えて:

« ツール・ド・ラヴニール | トップページ | 明日は世界選 »