« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016/09/26

群馬2連戦

初開催のまえばしクリテリウムと赤城山ヒルクライム。

土曜日のクリテリウムは逃げた2人が予想以上に強くて、全開で追走したけど追いつけず、、、

日曜日のヒルクライムはスタート時間が7時とかなり早かったため調子が悪く、思っていたより走れず撃沈、、、

思うような走りが出来なかったのが残念でしたが、これから重要なレースが続くので、さらに調子を上げて準備をしなければ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/09/20

Tour de l'avenir 2

憂鬱な天気が続きますね、、、

お陰で朝起きられなくて時差ぼけが治る気がしません笑

さて、前回の続きを。

第2ステージ
この日は前日のステージで予想以上に体力を消耗したので、集団で大人しくいる事にしました。レースがスタートするといつも通りアタック合戦。そしてこの日もペースが速く、最初の1時間の平均時速が50キロオーバーでした。アタック合戦の末、4名ほどの逃げができてペースが落ち着きました。その後、道幅が狭い短い急坂を含む20キロほどの周回を4周してゴール。逃げを捕まえようとメイン集団がペースを上げましたが、結局捕まえる事はできず2日連続の逃げ切りでした。自分は終始メイン集団にいたので、あまり力を使わずトラブルもなく無事にメイン集団でゴールしました。

この後、いつも通り夕飯を食べて、23時くらいに寝ようと横になったら腹痛に襲われトイレに直行。それからずっと横になって腹痛に襲われてはトイレに行くのを繰り返くことに、、、結局この日は寝る事ができず、朝食も食べる事も出来ませんでした。とりあえず病院に行ってドーピングに引っかからない程度に点滴を打ち第3ステージに臨む事になりました。

第3ステージ
この日も平坦ステージなのでメイン集団で大人しくしていれば、何も問題なくクリアできるステージでした。しかし、胃腸炎で体調を崩した自分はただ付いて行くだけで精一杯。ちょっとした登りでも遅れそうになったり、踏ん張ろうとしても力が入らず、吐き気もあったりとかなりキツかったです。結局100キロ地点あたりで力無く集団から遅れ、そのままリタイアしました。

リタイアした時はとにかく悔しかったです。特に勝負所となる登りステージが始まる前にリタイアして、自分の得意なところで力を発揮できなかった事が。

リタイアした後はレースに同行するしかなく、スタート地点でチームメイトを見送り。この時も自分が走れないもどかしさで悔しかった、、、


今回のラヴニールは何もする事なく終わり非常に悔しい思いをしましたが、来年も出場して絶対にリベンジしてやる!と強く思いました。そして、今年よりもさらにレベルアップして総合上位を目指したいと思います。


余談ですが、今年のラヴニールで総合優勝したフランスのGAUDU Davidは来年からFDJで走り、同2位のイタリアのRAVASI Edwardは今年からランプレ・メリダで走っていて、同3位のアメリカのCOSTA Adrienは来年からエティックスで走ります。ラヴニールの総合上位はワールドツアーチームに直結ですね。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/09/18

Tour de l'avenir 1

今週末レースが無かったので、出来ていなかった遠征中のレースの振り返りを。

まず、Tour de l'avenirから。

ラヴニールは今回の遠征の最大の目標としていたレース。過去の優勝者を見てみると今年のブエルタ優勝のナイロ・キンタナ、同3位のエステバン・チャベス、ツールや昨年のジャパンカップで優勝したバウク・モレマといったワールドツアーで活躍している選手ばかりで、ラヴニールで活躍した選手はワールドツアーで即戦力にもなっています。故に若手のプロ登竜門とも呼ばれ、ワールドツアーチームも注目するレースです。その中で選手は少しでも活躍してプロチームに目を付けてもらおうと必死です。自分も優勝は無理でも、少しでも総合で上位に入ってアピールできたらと思っていました。

第1ステージ
この日は肌寒い雨が降り、また第1ステージなので荒れたレースになると思いました。レースがスタートするとアタック合戦が始まり、そして落車も多発して集団が分断する事もありました。自分は落車にはあまり巻き込まれませんでしたが、途中段差でサドルが下がるトラブルがあり、アタック合戦が終わるまではサドルが下がったままで走りました。レースが落ち着いた時(逃げが決まった時)にチームカーに下がり、ある程度サドルの高さを戻してもらいました。レース終盤になると逃げを捕まえようと集団のペースが上がり、自分は危険回避のため集団前方にいようとしますが、残り30キロ地点あたりでパンク。集団は50キロオーバーで走っているので、カーペーサーで集団に戻るのも大変でした。集団に戻ってからも落車で分断が起こり、後ろの集団に取り残された自分は前の集団を追いかけるのに必死。前の集団に追いつく頃には残り5キロを切っていました。そしてそのままメイン集団でゴール。パンクしてからゴールまであっという間でした。因みにレースはアタック合戦で抜け出した8名の逃げ切りでした。


続く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/09/16

お久しぶりです

だいぶ、というよりかなりブログをサボってしまいました。

というのも、フランスで携帯を無くしてしまいブログをアップしたくても出来なかったのです笑

14日に海外遠征から帰国しましてすぐに新しい携帯に変えて、このブログを書いています。

さて、ブログを書いていない間に何をしてたかザックリ言いますと、皆さんもご存知かと思いますが、U23のナショナル遠征でフランスとスペインに行っておりました。

出場したレースとその結果もザックリ言いますと
・Tour de l'avenir 胃腸炎になり、第3ステージでリタイア
・Volta Cyclista Valencia 総合3位
・Vuelta a Cantabria 第2ステージでリタイア

詳しいレースの内容等は、また後ほど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »