« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016/05/27

次戦に向けて

LE RONDE L'ISARDから数日が経ちました。

レース後の三日間はカフェに行ったりして休養日にしていました。おかげで体も回復し、再びトレーニングに励んでいます。

昨日、日本時間だと一昨日は日本ではできないバイクペーサーを3時間半ほどしました。バイクペーサーなので平均時速も40キロを超えるくらい速いペースで走り続けました。

そして今日はピレネーの方に行き、15キロほど登って帰ってきました。



登りの頂上では、遠くに3000m級の山々が。

春先のネイションズカップ遠征ではパリ近郊のコンピエーニュを拠点に練習をしていましたが、今回はトゥールーズ近郊のオートリーヴを拠点にしているので長い登りの練習ができます。(長い登り求めて片道2時間以上かかりましたが…) また、2、3時間止まらずに走り続けることが出来ますし、日没も21時以降なので集中してたくさん乗れます。

ただ、日本みたいにコンビニがある訳ではないので、練習でも


補給食を作っていきます。

こんな感じで日々トレーニングを積んで、今回の遠征の目的であるチェコのネイションズカップに備えたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/05/23

LA RONDE L'ISARD Stage4

最終日の今日は峠を二つ越える山岳ステージ。天候は雨で最高気温も10度以下になり、昨日とは打って変わって寒さで厳しいレースになりました。

今日は自分の総合順位を下げることなく、チャンスがあれば順位を上げることを目的として走りました。

レーススタート時には雨が降り始め、徐々に本降りの雨に変わっていきました。とにかく今日は寒く、防寒対策をしっかりとしたので本降り程度の雨であれば耐えられ、体の調子も悪い感じではなかったです。しかし、スタートして50キロ地点辺りでスコールのような土砂降りの雨で、レインジャケットの中まで濡れてしまい、さらに序盤から続いてたアタック合戦が落ち着いてペースが落ちたことによって、急激に体が冷えてしまいました。そして、体が動かなくなり、一つ目の峠の登り始めのペースアップについて行けず、そのまま一つ目の峠の頂上でリタイアしました。

雨が降らなければ、今まで通り総合リーダーグループについていける感覚がありましたが、急激な環境の変化に対応するのもロードレースには必要な要素なので、その能力が足りてなかったと思います。

3日間積み上げてきたものが最終日に崩れてしまった喪失感がありますが、気持ちを切り替えてチェコのネイションズカップに備えたいと思います。

とりあえず、回復しなければ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/05/22

LA RONDE L'ISARD Stage3

第3ステージはアップダウンの連続のコース。さらに気温も30度近くまで上がるということで、消耗戦が予想されました。

このステージでは総合を落とさないように総合リーダーがいるメイン集団でゴールする事を考えて走りました。

レースがスタートすると最初の登りで総合15位の選手を含む14名の逃げ集団が形成され、しばらくメイン集団が逃げを吸収しようとハイペースの展開が続きましたが、結局吸収することはできず一旦ペースを落とすことになりました。
その後、タイム差が6分ほどまで広がったところで総合リーダーチームを中心に集団コントロールを開始。しかし、逃げ集団は人数を減らしながらも大きくタイム差を縮小されることなく、結果的にゴールまで逃げ切ることになりました。
一方、メイン集団は残り10キロ地点の登りでコロンビアのチームがペースアップ。その動きでメイン集団は30人ほどに絞られ、ハイペースで牽き続けたコロンビアチームのアシストがいなくなると、フランスナショナルチームを中心にアタック合戦が始まりました。自分も残り2キロ地点でアタックをしてみましたが決めることができず、逆に残り1キロからのペースアップについていくことができず、メイン集団から14秒遅れてのゴールでした。

結果はステージはトップと3分51秒差の36位。総合は3分9秒差の18位になりました。

昨日よりも少し差をつけられてしまいましたが、このステージで楽に走り切った選手はいないので、最終ステージの展開次第では総合が大きく変動する可能性もあると思っています。なので、最終ステージは悔いのないように全力でチャレンジして、総合10位以内を目指したいと思います。

よっしゃ、やったるぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/05/21

LA RONDE L'ISARD Stage2

前日の第1ステージに引き続き、第2ステージも山頂ゴール。しかし、山頂ゴールの手前にもう1つの山岳もあるので前日よりも厳しいコースです。コースプロフィールです。

このステージでは、自分の総合順位を上げることを第一の目的としてチームが動きました。

レースがスタートすると前日よりも激しいアタック合戦が40キロほど続き、秋田さんや雄大がその動きに乗って逃げを試みましたが、決めることはできず、最終的に11人の逃げができて、レースは進みました。
そして、本格的な山岳が始まる残り55キロ地点に向けて、チームでまとまりながら位置取りをしました。チームでまとまって位置取りしたおかげで余計な体力を使うことなく、良い位置で登りに入りました。登りに入ってからは1人で有力チームの動きを見ながら位置取りをし、1回目の登りを余裕を持って20番手ほどでクリアしました。しかし、その後の下りで有力チームがアタックを仕掛け、その動きで10秒ほどのタイム差をつけられた状態で最後の登りに入ってしまいました。タイム差をつけられたので、それを詰めるためにハイペースで登ることになり、非常に厳しい展開になりました。その後、逃げを吸収したり、アタックがかかる展開の中で、自分は残り5キロ地点でメイン集団から遅れ、ゴールまで限界ギリギリで踏み続けました。

そして、結果はステージ17位。総合ではトップと2分55秒差の16位になりました。因みに、目標としている総合10位までは2分差に広がりました。

この後のステージを考えると、この第2ステージで総合がほぼ決まると思ったので、総合10位まで順位を上げたかったです。しかし、自分としても最大限の力を出してこの結果だったので、単純な実力不足であると素直に受け止めたいと思います。

まだあと2ステージ残っているので、諦めずに総合を少しでもあげられるように頑張っていきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/05/20

LA RONDE L'ISARD Stage1

19日より4日間のステージレースであるLA RONDE L'ISARDに出場しています。今回は第1ステージのレポートを。

今回のレースは、春先の遠征の時とは異なり山岳がメインのコースが特徴になります。今回のレースのコースプロフィールです。単純な登り勝負というのが、スタート前から想像がつきました。なので、登りの手前までいかに体力を温存して走ることが重要になりました。

レースがスタートすると、まず4人ほどの逃げが決まり、その後は要所で若干のペースアップがあるも特に目立った動きはなく、登りの麓まで逃げ集団とメイン集団の構図が続きました。
自分の動きとしては、なるべく無駄足を使わないように集団の前の方に位置取りを心掛けました。このレースでは、春先のネイションズカップ遠征に比べると位置取りが楽に感じられました。勝負どころがはっきりしているからかな?
レース終盤になると、逃げ集団とのタイム差が縮小し、それと同時に登りに入る前に皆が良い位置を取ろうと、位置取りが激しくなり始め、落車も頻繁に起こるような殺伐とした雰囲気になりました。
そして、登りが始まるとLOTTO SOUDAL U23といった有力チームがペースを作り、メイン集団の人数が少なくなってきました。残り5キロ地点辺りからアタック合戦が始まり、さらに人数が絞られる状況になります。
自分は残り3キロ地点辺りから徐々に遅れ始め、その後は自分のペースで淡々と登って、ゴールしました。

結果は1分8秒差の21位でした。
総合だとボーナスタイムがあるので、1分18秒差になります。

とりあえず悪い順位とタイム差ではないので、明日の第2ステージでuciポイント圏内である総合10位以内を目指して、明日に臨みたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/05/17

カフェ練

フランスに着いてから早3日経ちました。

今回はフランス南部の都市トゥールーズに程近いオートリーブに拠点を置いています。19日から始まるLa Ronde L'Isardは拠点からすぐ近くで開催されます。こっちに着いて2日はそのレースの試走に行き、今日は、回復走としてミュレまでカフェしに行きました。



シマノレーシングの秋田さんと元チームメイトであるエカーズの雄大

こっちで回復走というと、決まってカフェに行く気がします。カフェ以外目的地がないからかな?笑

あと日本より練習以外の時間が暇になります。やる事(というより出来ること?)が少ないので。

ですが、今はテレビでジロ・デ・イタリアを見られるので幾分、有意義な時間を過ごせてます。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/05/14

再びフランスへ

今日から再びナショナルチームのヨーロッパ遠征に行ってきます。

今回はフランスとチェコでのレースで、前回の遠征の平地系のレースではなく、山岳がメインのレースになります。

自分としては得意なレースになると思うので、前回よりも成績を意識して遠征に臨みたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »