« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/26

群馬

遅くなりましたが、群馬のレポートを。

帰国して間もないという事で、群馬2日目だけの出走になりました。

因みにこれが、自分にとって今シーズン初めてのJPTのレースであり、ブリッツェンとして初めての公式戦になりました。

ちょっと時差ぼけでレースが始まっても、ぼーっとしたりして集中が乱れそうになりましたが、そこは深呼吸したりして集中を保ちました。

2周目にアタックをしましたが決まらず、3周目のアタックで逃げを決めることができました。しかもチームのオーダー通りに陣さんも含んだ逃げということで監督からもゴーサイン。しばらくした後、追走で堀さんも合流し、ブリッツェン3人を含んだ逃げに。しかも愛三、マトリックス、ブラーゼンといったチームも勝負ができるメンバーが入って、協調して逃げることができました。
しかし、メイン集団とのタイム差が縮まり、逃げ集団もペースを上げるとローテーションに入れない選手もいて、協調がくずれ始める。集団に吸収されたら不利になると思い、逃げ集団のペースを上げようとしますが、上手くいかず、自分の体力を削ることに。これが後を引くことになり、ラスト3周目の登りで遅れてしまいました。

この前の遠征で成長できた部分もあって、以前よりもだいぶ楽にレースを展開する事ができたように感じました。しかし、まだ実力不足な部分もあるので、またしっかりトレーニングして、さらに成長していきたいと思います。


そして、今回もたくさんの応援ありがとうございました。とても嬉しく、誇らしかったです。その応援に応えるべく結果を求めていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016/04/19

これから帰ります

今回の遠征でのレースを全て終えて、これから日本に帰ります。

その前にZLMツアーのレポートがまだでしたね。

結果から言うと第2ステージでリタイアする事になりました。

完全に平坦で風が強く吹くコースでは、集団内の位置どりが非常に重要になります。それをミスすると集団後方で中切れによって遅れてしまいます。今回のレースではまさにそれでした。横風で集団が分断されるであろうと予測された区間で、位置どりをミスし、遅れてしまいそのままリタイアとなりました。
実力が足りてないという事もありますが、位置どりの下手さがまたしても露呈しました。なかなか改善できませんが、こればかりは経験を積んで上手くなるしかないですね。


ZLMツアーで全く良い走りができなかったので、日曜日にアルデンヌチャレンジという、その名の通りベルギーのアップダウンの激しいアルデンヌ地方で行われるレースに出ました。4日間連続で行われるワンデーレースですが、合計の総合順位も争われるレースです。自分は4日目だけの出場でした。
レースのレベルはネイションズカップより低いですが、地元のコンチネンタルチームも出場しており、十分キツイレースになりました。また、今まで出場していたレースと違ってアップダウンが厳しかったので、レース展開も異なったりしました。
自分はアタックしたり、逃げを試みたりしましたが、いずれも失敗して、集団ゴールで終わりました。ですが、良いイメージでレースを終えることができたので良かったと思っています。


今回の遠征を終えて様々な経験をし、ヨーロッパのレースの厳しさを知りました。苦しい事もありましたが、これからも頑張っていきたいと思います。

帰ったら週末は群馬ですね。

自分としては今年最初のJPTのレースになります。

チームの期待に応えなければ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/04/14

オランダへ

今日、といっても日本時間だと昨日になりますが、金曜、土曜日に行われるネイションズカップ第3戦のZLMツアーに出場するためオランダ入りしました。

フランスでも何もない広大な風景が広がっていましたが、オランダはそれ以上に広大でした笑

とにかくど平坦。

丘すら無く、堤防が1番高いです。

そして、なんと言っても風が強い。

風速5メートル以上の風が常に吹いてる感じです。

今回のレースは風の影響が大きくあるので、集団の位置どりが今までよりも重要になってきます。

苦手な分野ですが、出来る限りの事をしていきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/04/13

世界との差


この前の日曜日に石畳のレースとして有名なパリ〜ルーベが行われましたね。そのパリ〜ルーベのスタート地点が、自分が今滞在しているコンピエーニュだったのです。スタート地点まで歩いて20分ほどで行けて、ヨーロッパでプロツアーのレースを観ることはなかなか無いので観に行きました。



スタートゲート


めっちゃデカイチームバス



チームカー(1チームに少なくても3台、多くて5台くらいありました。)



サイン台には先日亡くなった2人の選手のボードが。



スタート



世界チャンピオンのサガン選手


普通にファンの人となって写真をパシャパシャ撮ってきました笑

スタートしか観ることは出来ませんでしたが、ここが世界のトップか、、、と圧倒されました。

それと同時にとてつもなく遠い存在のように感じました。

今ナショナルチームで参加しているネイションズカップといったレースで優勝したりして活躍した選手がパリ〜ルーベに出ているのだから。

そのような選手が出たレースを走ってみて、以前よりも世界との差を痛感しました。


この差を出来るだけ埋めたい。


自分ができる最大限のトレーニングをして、さらに強くなっていかなければ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016/04/10

Tour des Frandres

ネイションズカップ第2戦Tour des Frandresが4月9日、ベルギーのオーデナールデで行われました。

コースとしては120キロのアップダウンのあるコースを周り、石畳や激坂を含んだ1周20キロほどの小周回を2周半する、167キロのコースです。第1戦のヘントより風の影響が少ないですが、石畳や短い急斜面の登りは厳しくなってる印象でした。

レース前の個人的な目標としては20位以内を目指しました。高すぎる目標かな〜?と思いましたが、レース展開や自分の集団内の位置どりが完璧だったらいける自信もあったので、折角だから目標は高く20位以内にしました。

レース当日の天候は晴れ。気温もアームウォーマーをすれば十分なほど暖かく、風もやや吹いてはいるものの、まだ穏やかな方でした。


そして、レースは12時半にスタートし、8キロほどで逃げが決まり、その後は比較的穏やかに進みました。(もちろん細かいペースアップや落車といったトラブルもありましたが、、) その時の走りとしては、先週のケルメス2戦で練習した集団の位置どりを行い、なるべく力を温存して走りました。
しかし、小周回に入る石畳区間の前の段階での位置どりミスをしてしまい、集団後方で石畳区間に入ってしまいました。そのため、石畳区間での集団の中切れにあい、メイン集団に復帰するのに余計な力を使ってしまいました。その後、激坂区間で再び位置どりが上手くいかず、中切れにあい、登りの頂上付近ではメイン集団の後方が見えていたのですが、追いつく事はできずにメイン集団から1つ遅れた集団内でゴールしました。

結果は62位。

目標とは程遠い順位となってしまいました。しかし、位置どりミスをせず、メイン集団に残っていたら達成できた目標ではあったので、レース前の目標はそこまで間違ってはいなかったのかな?と思いました。(でも、集団内の位置どりがめっちゃ難しいのですが、、)
今回、目標が達成できなかった原因は、またしても位置どりミス。レース後は、またやってしまった〜、と後悔。こちらのレースに出てから自分の位置どりといった技術の無さが露呈してしまい、勝負に絡めないもどかしさが、、 力負けする以前の問題ですね。

課題は明確なものなので、そこをキッチリ修正しつつ、自身の実力も高めていけば、今回のようなレースでも上位を狙えると信じて、これからも諦めずに頑張っていきたいと思います!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/04/03

近況報告

チャレンジロードで堀さんが優勝しましたね!

これでウィンターロードからブリッツェン3連勝ですね。チームがかなり良い流れで来ているみたいなので、自分も乗り遅れないようにフランスでしっかり頑張りたいと思います。


さて、先週のレースを終えてから再びパリ近郊のコンピエーニュという町に滞在しています。そこではナショナルチームのメンバーと自炊生活をしています。主にパスタとパン、ハム、チーズを食しています。

練習環境としては長い上り坂はないですが、信号が無いほぼ平坦の道がたくさんあります。



広大な平原があったり。(風が吹いていたらめっちゃキツイです。)

そして、今週はベルギーのケルメスに2つ出ました。ケルメスというのは、これからプロを目指すU23の選手や元プロの選手が出場したりするアマチュアレースです。アマチュアレースと言ってもレベルは非常に高く、レーススピードはJPTよりも速く感じます。

1つ目のケルメスは一周6.1キロの平坦のコースを18周のレースでした。このレースでは自分からアタックを仕掛けたりして、とにかく勝負に絡んでいくぞ!と思いレースを展開していきました。しかし、いくらアタックしたり反応したりしても逃げが決まらず、集団の中程に位置を下げたところで、勝ち逃げが決まり乗り遅れてしまいました。
集団の空気を読んで動いていかなければ勝ち逃げに乗れない、力では逃げが決まらない事を痛感しました。また集団内の位置取りの下手さも露呈し、課題が山積みで終わりました。

2つ目のケルメスは一周8.7キロの少しアップダウンのあるコースを13周のレースでした。このレースでは、集団の位置取り練習を目的とし、その中で逃げに乗っていく事を考えて走りました。結果としてはまたも勝ち逃げに乗れずに終わってしまいましたが、集団内の位置取りのコツを掴むことが出来ました。

もっと強くなることも必要ですが、集団内の位置取りといった技術を磨く事も必要。この両方をしっかり高めて、日本に帰ってもそれを活かせるように頑張っていきたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »